水質基準を知りたい人は必見!水道の水質基準を詳しく解説します!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

水質基準について、詳しく知ることは大切です。特に、仕事でかかわる人にとっては水道基準の知識が必要不可欠なことも多いでしょう。今回は、水質基準について詳しい知識や取得しておきたい資格などを詳しく解説します。

  1. 水質基準とは
  2. 水道水の水質基準の項目を学ぼう
  3. 水道水の水質基準を学ぼう
  4. 水質基準検査について
  5. 水道水以外の水質基準も学ぼう
  6. 水質基準についてよくある質問に回答

水質基準について知りたい人は、ぜひ読んでください。水質基準の内容を深く理解できると同時に、仕事にも役に立つことは間違いありませんよ。


1.水質基準とは

まずは、水質基準についての定義など、基本を確認しましょう。準拠する法律や必要性についても、学んでください。

1-1.水質基準の定義を確認しよう

水質基準とは、水道水などの水質が水道法の規定を満たしているかどうかの判断となる基準のことです。水質基準があることで、安全な水を使うことができていると考えましょう。なお、水質基準は水の使用目的ごとに異なっています。飲用水には適さなくても、工業用水には問題が無い場合もあるので注意してください。

1-2.水質基準を規定する法律

水質基準を規定する法律は、水道法となります。水道法とは、水道を計画的に保全したり水質を管理したりすることで国民の快適な生活や健康を守ることが目的となっていると覚えておきましょう。水質基準は、水道法の規定によって厳しく管理する必要があるのです。水質基準に満たない水道施設については、水道法違反となり内容によっては罰金などの対象になる可能性も否定できません。

1-3.水質基準の必要性を学ぼう

私たちが快適な生活を送るため、また、健康に過ごすためには、水質の良い水の提供が必要不可欠です。たとえば、飲み水が雑菌やウイルス・微生物で汚染している場合は、病気の原因になると可能性があります。また、工業用水が川にそのまま流すことを黙認していては、公害が発生したり川の生態系が崩れてしまったりするなど、さまざまな弊害が生じるでしょう。水質基準をきちんと定めて管理・運用することは、とても大切な意味を持っています。

1-4.世界の水質基準に関する現状

日本は、上下水道の整備が整っている国です。水質基準に関しては、国民が安心して暮らすためにも徹底していると言って良いでしょう。しかし、世界では上下水道の整備が追い付いてない国もたくさんあります。発展途上の国では、日本の水質基準に満たないことも多いのです。衛生管理の行き届いた水を使うことができることは、日本の誇りと言えます。

1-5.水質基準が適用となる場所

水質基準が適用となる場所については、以下を参考にしてください。ただし、それぞれに適用となる水質基準の値は、目的ごとに異なります。

  • 上水道
  • 下水道
  • 地下水
  • 井戸水
  • 公衆浴場
  • 遊泳用プール
  • 農業用水

このほかにも、水質を適正に保つ必要があるものに関しては水質基準が適用となることもあります。