給水装置工事について知りたい方必見! 工事の知識と資格を解説!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

給水装置工事について知りたい人や、興味を持っている方のために、さまざまな関連知識や資格取得に必要なことをまとめました。また、給水装置や給水装置工事について、正しい知識を学ぶことは、結果として資格取得に大きく役に立つことでしょう。給水装置工事主任技術者の資格を取得するためにも、ぜひ読んでください。

  1. 給水装置とは何か基本をしっかり学ぼう
  2. 給水装置工事主任技術者とはどんな資格か
  3. 給水装置工事主任技術者の資格取得を詳しく解説
  4. 給水装置工事主任技術者の資格取得の勉強法とは
  5. 給水装置・給水装置工事に関するよくある質問

給水装置や給水装置工事の知識を身に付けることは、皆さんの仕事に非常に有益なことです。給水装置工事主任技術者の資格取得も、大きな後押しとなるでしょう。今回の記事は、給水装置工事についてこれから学ぶ人にもわかりやすくまとめているので、おすすめですよ。


1.給水装置とは何か基本をしっかり学ぼう

まずは、給水装置とは何かということから学びます。基本をしっかり学ぶことは、給水掃除工事主任技術者資格の取得の基礎作りにもなるでしょう。

1-1.給水装置とは?

給水装置とは、配水管から分岐して給水栓まで供給できるようにする装置のことで、給水管・止水栓・メーターボックス・蛇口などがあります。私たちの生活には、水を欠かすことはできません。家庭や事業所で給水を行うためには、給水装置が必ず必要になることでしょう。給水装置があるおかげで、食事の準備をしたり、手を洗ったりトイレを使ったりできるのです。給水装置は、私たちの生活を支えている重要なものと言えても良いでしょう。

1-2.給水装置のメンテナンス・修理について

給水装置も、メンテナンスや修理が必要になります。特に、配水管に劣化や破損があることは、正常な給水ができなくなる原因となるでしょう。給水装置は、数年に1度は定期的なメンテナンスと修理を行うことが大切です。特に支障が無いと思っていても、少しずつ漏水(ろうすい)していることもあるでしょう。快適に給水を行うためにも、メンテナンスは重要なのです

1-3.給水装置の必要性を理解しよう

給水装置の必要性について、理解しましょう。たとえば、給水装置が無い場合を考えてみてください。給水装置が無いことは、家庭や事業所で水を使うことできないことになります。給水ができないことは、トイレも使えなくなってしまうことを意味するでしょう。私たちの生活は、水の供給があって成り立っているのです。配水管から適切に給水を行って快適な暮らしを送るためにも、給水装置の必要性を理解することが大切でしょう。

1-4.給水装置のトラブルとは

給水装置にトラブルが発生することは、大きな問題となります。では、給水装置のトラブルにはどんなものがあるか確認しましょう。

  • 給水管から水漏(も)れを起こしている
  • 止水栓が故障している
  • 蛇口からの給水量が少ない
  • 蛇口から出る水が濁っている
  • 蛇口から水がまったく出ない
  • メーターボックスが故障して正確な使用量がわからない

給水装置のトラブルは、生活に直結しているため早急に解決する必要があります。適切なトラブル対応をするには、豊富な経験と知識が必要なのは明らかでしょう。

1-5.給水装置を扱うための資格について

給水装置の取り扱いは、給水装置工事主任技術者が行います。給水装置を整備したり新たに作ったりするためには、正確な知識を有した人材が必要となるでしょう。給水装置は、私たちの暮らしに欠かすことができないものです。適切かつ安全に給水装置を配備したり管理したりするためにも、きちんとした資格を持っていることは大切でしょう。