給水装置工事主任技術者資格を徹底解説! 受験資格や合格のコツも!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

人が一定時間過ごす建築物には、電気と水道の設備が不可欠です。
また、倉庫などものの保管を目的として作られた施設も、水道設備の需要が高いでしょう。
このような水道設備の工事をするには、「給水装置工事主任技術者」の資格が必要です。
そこで、今回は給水装置工事主任技術者の資格を取得する方法や難易度などをご紹介します。
知名度は決して高くない資格ですが、取得しておけば就職先の幅が広がるのです。
興味のある方やこの資格の取得を考えている方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

目次

  1. 給水装置って何?
  2. 給水装置工事主任技術者の資格とは?
  3. 給水装置工事主任技術者の受験勉強方法とは?
  4. おわりに

1.給水装置って何?

資格のことをご紹介する前に、まずは給水装置についてご説明しましょう。
給水装置とは水道局によって引かれた水道管から水道を設置する設備まで、水を供給するために必要な設備一式を指します。
給水管、止水栓、メーターボックス、蛇口などですね。
ちなみに、水道メーターは水道局に所有権があるため、設置はしますが管理は水道局が行います。
電気やガスと同じように、水道も給水工事には一定の決まりがあるのです。
素人が勝手に水道を引いたり改造をしたりしてはいけません。
また、蛇口パッキンの取り換えなど軽微なものを除いて、給水設備の修理も行ってはいけないことになっています。
ちなみに、「給水」目的であっても「井戸」は給水装置に含まれません。
ですから、井戸の掘削や井戸から給水管を引く工事は、給水装置工事に当たらないのです。
なので、井戸を掘りたい場合や農業用水として使いたい場合は、給水装置工事を行う会社とは別の専門業者に依頼してください。なお、井戸水を供給する給水管と水道管につないだ給水管を直接連結するのは、法律で禁止されています。
ですから、「資格がいらないから」と不用意に素人が井戸の工事をしない方がよいでしょう。

12