給水装置工事主任技術者の人気参考書は?効率の良い勉強法はコレ!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

給水装置工事主任技術者とは、水道工事を行っている方が取得しておくと出世や昇給にとても有利になる資格です。
受験資格は実務経験だけですので、ある程度実務経験がある方は会社で取得を進められることもあるでしょう。
今回は給水装置工事主任技術者の参考書の選び方や、人気の参考書などをご紹介します。
どちらかというとマイナーな資格ですので、人気資格に比べると参考書の数も少ないでしょう。
また、独学以外の勉強の方法もご紹介します。
資格取得を考えている方は、必見です。

  1. 給水装置工事主任技術者とはどんな資格?
  2. 給水装置工事主任技術者の受験資格とは?
  3. 給水装置工事主任技術者の難易度と合格率などについて
  4. 給水装置工事主任技術者の参考書の選び方と勉強方法とは?
  5. SATの教材を利用してみよう
  6. おわりに

1.給水装置工事主任技術者とはどんな資格?

給水装置工事主任技術者とは、上水道の工事を監督したり指導したり、使われている機材が給水装置工事にふさわしいかどうか確認できる資格です。
給水装置工事とは、水道工事のこと。私たちが利用する水道は水道局が管理しておりますが、各家の敷地内の水道管は持ち主が管理しなくてはなりません。
ですから、水道管を引くのも修理するのもその土地の持ち主が業者に依頼するのです。
水道工事自体は、無資格でも行えます。
しかし、主任技術者の資格を取得していると作業員を束ねて工事を指揮したり、給水装置工事が終わった後に水道業者が確認に来るときに立ちあったりもできるのです。
また、新しく水道工事の営業所を作る際は、給水装置工事主任技術者の資格所有者がいないと自治体の指定給水工事業者の認定を受けられません。
指定事業者とは、自治体が「水道に不具合が起きたら、この業者に連絡して直してもらったりしてくださいね」と指定しているもの。
認定されればより多くの顧客を獲得できます。ですから、会社が取得を勧めることも珍しくありません。