転職したい方におすすめ! 給水装置工事主任技術者に就職しよう!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

給水装置工事主任技術者という資格は、転職や就職を有利にすることができます。しかし、あまり知られていません。そのため、本来は得られる利益や地位を損なっている人がたくさんいるのが現状です。

そこで、今回は給水装置工事主任技術者についてご紹介します。基本的な知識はもちろん、受験にまつわる情報や勉強法などについても分かりやすくまとめました。

  1. 給水装置工事主任技術者について
  2. 給水装置工事主任技術者の仕事
  3. 給水装置工事主任技術者の転職について
  4. 給水装置工事主任技術者の資格取得について
  5. 給水装置工事主任技術者資格の勉強法とは?
  6. 給水装置・給水装置工事のQ&A

これらの記事を読むことで、給水装置工事主任技術者にまつわる基本的な知識を得ることができます。転職や就職を有利にするためにも、知っておいて損はない情報です。ぜひ、最後までお付き合いくださいね。


1.給水装置工事主任技術者について

1-1.給水装置とは?

給水装置とは、配水管から分岐した給水管と、それに直結している蛇口や水栓など、給水に必要な装備一式のことです。基本的に給水装置に関しては顧客の財産となります。そのため、不具合が発生した場合、修繕費は自己負担です。ただし、分岐点から水道メーターまでの給水装置に漏水が発生した場合は、上下水道局の負担となります。

1-2.給水装置工事主任技術者とは?

給水装置にまつわる技術的な管理や工事に従事する者の技術指導を監督できる国家資格のことを、『給水装置工事主任技術者』といいます。給水装置工事事業者が水道事業者から指定を受けるために必要不可欠な国家資格です。また、工事が法律にのっとって行われているかの確認や、給水装置の検査にはこの資格を有した人間が必要となります。そのため、水道工事業者に転職を考えている方は、この資格を持っていると非常に有利になるでしょう。もちろん、資格による手当も期待できます。