転職したい方におすすめ! 給水装置工事主任技術者に就職しよう!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

給水装置工事主任技術者という資格は、転職や就職を有利にすることができます。しかし、あまり知られていません。そのため、本来は得られる利益や地位を損なっている人がたくさんいるのが現状です。

そこで、今回は給水装置工事主任技術者についてご紹介します。基本的な知識はもちろん、受験にまつわる情報や勉強法などについても分かりやすくまとめました。

  1. 給水装置工事主任技術者について
  2. 給水装置工事主任技術者の仕事
  3. 給水装置工事主任技術者の転職について
  4. 給水装置工事主任技術者の資格取得について
  5. 給水装置工事主任技術者資格の勉強法とは?
  6. 給水装置・給水装置工事のQ&A

これらの記事を読むことで、給水装置工事主任技術者にまつわる基本的な知識を得ることができます。転職や就職を有利にするためにも、知っておいて損はない情報です。ぜひ、最後までお付き合いくださいね。


1.給水装置工事主任技術者について

1-1.給水装置とは?

給水装置とは、配水管から分岐した給水管と、それに直結している蛇口や水栓など、給水に必要な装備一式のことです。基本的に給水装置に関しては顧客の財産となります。そのため、不具合が発生した場合、修繕費は自己負担です。ただし、分岐点から水道メーターまでの給水装置に漏水が発生した場合は、上下水道局の負担となります。

1-2.給水装置工事主任技術者とは?

給水装置にまつわる技術的な管理や工事に従事する者の技術指導を監督できる国家資格のことを、『給水装置工事主任技術者』といいます。給水装置工事事業者が水道事業者から指定を受けるために必要不可欠な国家資格です。また、工事が法律にのっとって行われているかの確認や、給水装置の検査にはこの資格を有した人間が必要となります。そのため、水道工事業者に転職を考えている方は、この資格を持っていると非常に有利になるでしょう。もちろん、資格による手当も期待できます。

2.給水装置工事主任技術者の仕事

2-1.給水装置工事主任技術者の仕事内容について

給水装置の設置場所についての事前調査と、水道業者との調整を行います。調査の後には主導して計画を立てなければいけません。計画の際には、使用する給水装置や機材の選定、工法の決定、施工計画、施工図の策定などを行います。計画した後は、工事従事者に対して技術上の指導監督をしなければいけません。そのほか、工程管理や品質管理、安全管理も給水装置工事主任技術者の職務です。最後に竣工(しゅんこう)検査や、水道業者側の検査に立ち会います。

2-2.給水装置工事主任技術者の必要性について

給水装置工事主任技術者というのは、給水装置における知識や技術を有しています。ですから、有資格者がいることで、給水工事を適切で安全に行うことが可能です。給水装置というのは私たちの生活に直結する部分といっても過言ではありません。たとえば、欠陥工事が行われていて給水がストップしてしまえば、お風呂や料理、トイレもできなくなってしまいますよね。ですから、給水装置工事主任技術者の職務は非常に意義があることなのです。また、この資格は国家資格なので、有していることで一定水準以上の能力があることを、内外に示すことができます。

2-3.職場について

給水装置工事主任技術者を必要としているのは、水道事業者や管理会社などです。水道という私たちに不可欠な部分であるため、とても需要が高い資格となります。

3.給水装置工事主任技術者の転職について

3-1.給水装置工事主任技術者は転職に有利

すでに触れていますが、給水装置工事主任技術者は水道事業者や管理会社にとって不可欠な資格です。そのため、どこの水道事業者や管理会社でも、給水装置工事主任技術者を欲しています。転職時にこの資格を持っていれば、より選択できる会社が増え、待遇もよくなるでしょう。

3-2.転職のメリット

給水装置工事主任技術者は需要が高いので、転職には困らないというのが1つのメリットでしょう。また、この資格を有して転職すれば、手当も付くので給料も高くなります。不景気の中、多少でも給料が高くなるのはうれしいですよね。

3-3.キャリアアップの秘訣

どの業種でももちろんですが、まずは仕事に忠実であることが大切です。また、選ぶ会社も重要でしょう。小さい会社を選ぶよりは、ある程度大きな会社を選ぶべきです。できれば、急速に事業を拡大している業者がよいでしょう。急成長している業者は人材が足りていないので、ポストが開きやすいからです。

3-4.転職時の注意点

現在勤めている会社の方が、知り合いも多いでしょうし、仕事の勝手も分かりますよね。ですから、まずは転職ではなく、会社内でキャリアアップができないかを模索してみるべきです。会社側も給水装置工事主任技術者を欲している可能性があります。そうすれば、ポストを用意してもらうこともできるでしょう。会社側とまずは交渉してみるようにしましょう。転職をしてみたはいいが、転職先の会社の方が待遇が悪い、と後悔することもあり得ます。人生に直結する選択だけに、慎重に考えてくださいね。

4.給水装置工事主任技術者の資格取得について

4-1.受験資格

給水装置工事にかかわる実務経験を3年以上有していることが、給水装置工事主任技術者の受験資格です。つまり、現時点で給水装置工事にかかわっていない方は、この資格を得ることはできません。まず、給水装置工事を行っている会社で実務の経験を積みしょう。この実務経験についてはややあいまいで、会社によってどこまでを実務経験に含むかが変わってきます。ですから、給水装置工事主任技術者の資格を得ることを最初から決めている場合は、仕事内容が実務経験に含まれるかを会社に尋ねておくとよいでしょう。

4-2.給水装置工事主任技術試験の概要

4-2-1.受験資格について

給水装置工事主任技術者の試験を受けるには、給水装置工事の実務経験を3年以上積んでいることが必要です。この場合、給水設置工事の見習い業務でも、実務経験とみなされます。また、2か所以上の職場で働いた経験の合計が3年以上でもかまいません。ただし、メーターの検針・水道工事を行う会社での事務仕事・資材の運搬業務のみなどは、実務経験に含まれませんので注意しましょう。

また、複数の職場で働いていた年数の合計が3年以上の場合は、すべての職場で申請書類に必要事項を記入してもらう必要があります。申請書類は、給水工事技術振興財団のホームページでダウンロード可能ですので、利用してください。申請書類が用意できなければ、実務経験の証明が行えないので、試験を受けることはできません。

4-2-2.科目について

給水装置工事主任技術者の資格を得るには国家試験を受けなければいけません。試験の科目は、以下のとおりです。

  • 公衆衛生概論
  • 水道行政
  • 給水装置の概要
  • 給水装置の構造および性能
  • 給水装置工事法
  • 給水装置施工管理法
  • 給水装置計画論
  • 給水装置工事事務論

の8科目です。このうち、公衆衛生概論~給水装置工事事務論までは、10~12時30分までの150分間で行います。科目ごとの区切りはありません。自分で時間配分を行って6科目の解答を行ってください。昼食休憩をはさみ、給水装置の概要と給水装置施工管理法を14~15時までの60分で解答します。こちらも、科目ごとの区切りはありません。1科目30分を目安にして解答しましょう。なお、管工事施工管理士の試験に合格している人は、試験の一部が免除になります。

4-2-3.申し込み方法

給水装置工事主任技術者の試験申し込みは、給水工事技術振興財団のホームページから、インターネット申込書作成システムを利用して作成するところから始めてください。ただし、申込書作成システムは電子申請ではありませんので、注意しましょう。書類を作成したら提出書類をそろえ、財団へ願書と提出書類を送付します。その後、書類審査が行われますが、その様子は財団のホームページ上に作った「マイページ」から確認できますので、チェックしましょう。不備がなければ、受験票が発送されます。

給水装置工事主任技術者の試験は毎年10月に行われますが、書類審査があるため、5月から受け付けが開始になるので、早めに申し込んでおくと不備があっても対応しやすいでしょう。受験料は、16,800円です。平成30年度の試験日程はまだ発表になっていません(29年度の試験は受け付け終了)。来年度の受験を考えている方は、こまめに財団のホームページをチェックしてください。

4-2-4.日時について

毎年、5~7月に願書の受付が始まり、10月の下旬に試験が行われます。平成28年度は10月の28日に、以下の試験会場で試験が行われました。

  • 北海道札幌市
  • 宮城県仙台市
  • 千葉県習志野市
  • 東京都杉並区
  • 愛知県名古屋市
  • 大阪府大阪市
  • 広島県広島市
  • 福岡県福岡市
  • 沖縄県那覇市

4-3.難易度と合格基準

まず、給水装置工事主任技術試験の難易度についてです。試験合格率は3割から4割程度となっています。国家試験ということを考えると、それほど高い難易度ではありません。とはいえ、簡単というわけでもないので、楽観はしないようにしてください。しっかりと勉強しなければ、合格することはまずあり得ませんよ。また、問題自体はそれほど難しくはありませんが、試験科目からも分かるように、範囲の広さが大変なところです。ちなみに、合格者の平均勉強時間は、約600時間となっています。つまり、1日2時間勉強したとしても、10か月程度の勉強期間が必要ということですね。

また、合格基準については、次のとおりとなっています。

  1. 公衆衛生概論、水道行政、給水装置工事法、給水装置の構造および性能、給水装置計画論、給水装置工事事務論の6科目の合計点が40点満点中26点以上であること
  2. 給水装置の概要、給水装置施工管理法を含めた8科目の合計点が60点満点中38点以上であること
  3. 各科目が基準点以上であること。基準点は、公衆衛生概論 1点・水道行政 2点、給水装置工事法 4点・給水装置の構造および性能 4点・給水装置計画論 2点・給水装置工事事務論 2点・給水装置の概要 4点・給水装置施工管理法 4点

5.給水装置工事主任技術者資格の勉強法とは?

5-1.勉強のコツ

勉強のコツは、自分1人でやらないことです。最近は資格講座が発達してきており、分かりやすいテキストやDVD、CDなどがあります。プロの講師によるアドバイスを得ることができ、試験対策もしてもらえますから、絶対的に有利な状態で勉強を進めることが可能です。

5-2.おすすめの資格講座について

おすすめの資格講座はSATです。SATなら、普通のテキストとはほかに、DVDや講座の音声だけを抜き出した音声MP3ファイルがもらえます。耳で勉強することができるので、通勤時や車の運転時などの時間を無駄にしません。また、インターネット上で講義を見ることのできるe-ラーニングというサービスも行っています。ちなみに、テキストは全国で講習を行っている有名講師が作成した分かりやすいものです。一般的な講習会などでもらえるものよりもはるかに高品質ですので、合格率を高めてくれます。

6.給水装置・給水装置工事のQ&A

Q.給水装置工事主任技術者の受験資格にアルバイト期間は含まれますか?
A.すでにお話ししたように、給水装置工事主任技術者の受験資格は、『実務経験3年以上』です。この『3年以上』の部分には『技術を習得するための見習い期間も含む』とあります。つまり、勤務形態がアルバイトであっても、見習い期間と認められれば問題はありません。詳しくは公益財団法人給水工事技術振興財団に電話して確認してみるとよいでしょう。

Q.給水装置工事主任技術者の資格に更新の義務はありますか?
A.給水装置工事主任技術者の資格に関しては、取得後に更新を行う必要はありません。ただし、資格取得者に交付される認定証は顔写真入りとなっているため、有効期限が10年と定められています。そのため、10年目に公益財団法人給水工事技術振興財団から送られてくる『更新手続きのご案内』に従って認定証を更新しなければいけません。

Q.氏名や住所が変わった際には申告が必要ですか?
A.氏名が変わった場合は免状の書き換え交付申請が必要です。また、住所については、同県内で住所が変わったのであれば、申告の必要はありません。ただし、都道府県に変更がある場合は、免状の書き換えが必要です。詳しくはこちらをご覧ください。

Q.資格がなければ給水装置工事は行えないのですか?
A.ほかに資格保持者がいて監督しているのであれば、資格を有していなくとも給水装置工事を行うことは可能です。ただし、資格保持者がいない状態で給水装置工事を行うことはできません。事業者として給水装置工事を引き受けるには資格を有していることが重要です。

Q.以前に試験を受けたことがある場合、実務従事証明書を提出する必要はありますか?
A.基本的には、試験を受けてから向こう3年まで『実務従事証明書』の提出を省略することができます。たとえば、28年度に試験を受けて不合格だった場合、平成31年度までは省略可能です。ただし、省略するには受験した年度の受験番号が必要となります。受験票、もしくは結果通知表が必要です。

まとめ

いかがでしたか? 今回は、給水装置や給水装置工事主任技術者にまつわる基本的な知識をご紹介しました。給水装置工事主任技術者は国家資格のため信用度が高く、需要の高い資格とされています。転職や就職時にも有利となるので、取得して損はありません。試験内容自体もそれほど難しくありませんから、弊社の通信講座などを利用して勉強をすれば、必ず取得することができるでしょう。今回の記事を1つの機会として、ぜひ挑んでみてください。