給水装置工事主任技術者を取得するには講習が必要? 徹底解説します。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

給水装置工事主任技術者とは、排水管から分岐して各建物へ給水を行う設備全般の工事を技術的に管理することができる資格です。建物を建てる際、水道工事は欠かせません。また、水道のメーターの交換や取り付け・取り外しの作業も給水装置工事に含まれます。給水装置工事自体は無資格でも行えますが、給水工装置工事を行う事業者は、必ず有資格者を雇用しておかなくてはなりません。給水装置工事の仕事をしている方ならば、取得をしておいて損はない資格です。

今回は、給水装置工事主任技術者の資格を取得の仕方を、講習会を利用する方法を中心にご紹介しましょう。

  1. 給水装置工事主任技術者の基礎知識
  2. 給水装置工事主任技術者の試験内容や受験の申し込み方
  3. 給水装置工事主任技術者の講習とは
  4. 通信教材を利用して勉強してみよう
  5. 給水装置工事主任技術者に関するよくある質問

この記事を読めば、試験に合格する勉強のコツも分かりますよ。給水装置工事主任技術者の資格取得を目指している方は、ぜひ読んでみてくださいね。


1.給水装置工事主任技術者の基礎知識

はじめに、給水装置工事主任技術者の資格概要など、基礎知識をご紹介します。資格を取得するとどのようなメリットがあるのでしょうか?

1-1.給水装置工事主任技術者とは?

給水装置工事主任技術者とは、給水装置工事を行う際に従事者を監督したり工事の技術的な管理を行ったりすることができる資格です。給水装置工事自体は、主任技術者の監督下ならば無資格者でも行うことができます。しかし、完成した工事を水道事業者が検査をする際に立ちあったり、工事が始まる前の事前調査をする際の調整を行ったりすることなどは、主任技術者しか行えません。給水装置設置工事を行う事業所には必ず有資格者が必要ですし、水道事業者から指定給水装置工事事業者に指定されるためにも、必要な資格です。

1-2.給水装置工事主任技術者の資格を取得するには

給水装置工事主任技術者の資格を取得するには、給水装置工事に関して3年以上の実務経験を積んだ後、試験を受けて合格する必要があります。実務経験の年数は、学歴などによって変わることはありません。ただし、浄水場など水道施設に関わる工事は給水装置工事に含まれないので注意しましょう。ですから、資格を取得するためにはまず給水装置工事を行う会社に入社し、実務経験を積む必要があります。

1-3.給水装置工事主任技術者の資格を所得するメリット

給水装置工事主任技術者を取得すれば、給水装置工事を行う際に監督的な立場に就くことができます。また、給水装置工事を行う業者には必要な資格ですので、求人も豊富です。転職活動にも有利でしょう。業者によっては積極的に資格取得を従業員へすすめているところも多いのです。