給水装置工事主任技術者を取得するには講習が必要? 徹底解説します。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

給水装置工事主任技術者とは、排水管から分岐して各建物へ給水を行う設備全般の工事を技術的に管理することができる資格です。建物を建てる際、水道工事は欠かせません。また、水道のメーターの交換や取り付け・取り外しの作業も給水装置工事に含まれます。給水装置工事自体は無資格でも行えますが、給水工装置工事を行う事業者は、必ず有資格者を雇用しておかなくてはなりません。給水装置工事の仕事をしている方ならば、取得をしておいて損はない資格です。

今回は、給水装置工事主任技術者の資格を取得の仕方を、講習会を利用する方法を中心にご紹介しましょう。

  1. 給水装置工事主任技術者の基礎知識
  2. 給水装置工事主任技術者の試験内容や受験の申し込み方
  3. 給水装置工事主任技術者の講習とは
  4. 通信教材を利用して勉強してみよう
  5. 給水装置工事主任技術者に関するよくある質問

この記事を読めば、試験に合格する勉強のコツも分かりますよ。給水装置工事主任技術者の資格取得を目指している方は、ぜひ読んでみてくださいね。


1.給水装置工事主任技術者の基礎知識

はじめに、給水装置工事主任技術者の資格概要など、基礎知識をご紹介します。資格を取得するとどのようなメリットがあるのでしょうか?

1-1.給水装置工事主任技術者とは?

給水装置工事主任技術者とは、給水装置工事を行う際に従事者を監督したり工事の技術的な管理を行ったりすることができる資格です。給水装置工事自体は、主任技術者の監督下ならば無資格者でも行うことができます。しかし、完成した工事を水道事業者が検査をする際に立ちあったり、工事が始まる前の事前調査をする際の調整を行ったりすることなどは、主任技術者しか行えません。給水装置設置工事を行う事業所には必ず有資格者が必要ですし、水道事業者から指定給水装置工事事業者に指定されるためにも、必要な資格です。

1-2.給水装置工事主任技術者の資格を取得するには

給水装置工事主任技術者の資格を取得するには、給水装置工事に関して3年以上の実務経験を積んだ後、試験を受けて合格する必要があります。実務経験の年数は、学歴などによって変わることはありません。ただし、浄水場など水道施設に関わる工事は給水装置工事に含まれないので注意しましょう。ですから、資格を取得するためにはまず給水装置工事を行う会社に入社し、実務経験を積む必要があります。

1-3.給水装置工事主任技術者の資格を所得するメリット

給水装置工事主任技術者を取得すれば、給水装置工事を行う際に監督的な立場に就くことができます。また、給水装置工事を行う業者には必要な資格ですので、求人も豊富です。転職活動にも有利でしょう。業者によっては積極的に資格取得を従業員へすすめているところも多いのです。

2.給水装置工事主任技術者の試験内容や受験の申し込み方

この項では、給水装置工事主任技術者の試験内容や申し込み方法・日程などをご紹介します。どのような試験なのでしょうか?

2-1.試験内容はどんなもの?

給水装置工事主任技術者の試験内容は、

  • 衆衛生概論
  • 水道行政
  • 水装置工事法
  • 給水装置の構造及び性能
  • 給水装置計画論
  • 給水装置工事事務論
  • 給水装置の概要
  • 給水装置施工管理法

の8科目です。 給水装置工事事務論までは1科目150分で行い、残りの2つを各60分で行います。管工事施工管理の種目に関わる技術検定の内、1級と2級に合格した方は給水装置の概要と給水装置施工管理法の試験が免除になるので、取得している方は試験前に申請を行いましょう。全科目の合計が40点以上ある方が合格ですが、水装置工事法~給水装置工事事務論までの合計点数が27点以下は不合格です。また、各科目にも足切点がありますので、事前に確認しておきましょう。

2-2.試験の難易度など

給水装置工事主任技術者の試験の難易度は国家試験を紹介するサイトなどでは、ふつうと紹介されています。このふつうとは、予備校などで特別な受験テクニックを身につけたり、何回も受験しなければ受からなかったりするような試験ではないという意味です。合格率は近年では27%~30%を前後しており、決して易しい試験ではありません。科目数が多いので、しっかりと勉強をしておきましょう。

2-3.申し込み方法など

給水装置工事主任技術者の試験は、給水工事技術振興財団が主催しています。試験を申し込む場合は、ホームページに掲載されている申込書作成システムから必要事項を記入し、それを印刷したうえで郵送をしてください。入力しただけでは申し込みにならないので注意しましょう。試験は、毎年10月下旬に行われます。申し込みは5月下旬から受け付けになりますので、まずはホームページの申し込み方法をよく読んで、記入してください。
試験は全国の主要として行われるため、遠方の方は泊りがけで試験にのぞむ必要があります。受験料は16,800円です。

3.給水装置工事主任技術者の講習とは

給水設置工事主任技術者の試験勉強は、独学か通信教材を利用する方法が一般的です。しかし、独学で勉強をしていても本当に知識が身についたのかどうか不安になる方もいるでしょう。そのような方を対象に、短期の講習会が全国各地で開かれています。主催をしているのは予備校や建築工事関係の団体などで、1~2日の講習で講師が試験に出そうなポイントなどを解説するのです。ただし、全国の主要都市で行われることが多いため、どこに住んでいても受けることができるとはいきません。費用は、3万円代~5万円代が相場です。

4.通信教材を利用して勉強してみよう

給水装置工事主任技術者の試験は独学で勉強するか、通信教材を利用して勉強する方法が一般的です。独学でも勉強はできますが、試験に1発合格したい方や独学で勉強して試験にのぞみ、残念ながら不合格になってしまった方は、通信教材を利用してみましょう。SATの教材はブック形式の参考書だけでなくDVDを利用した講義形式の参考書もついてきます。また、メールで何度も分からない箇所を質問することも可能です。
給水装置工事主任技術者の試験は、仕事をしながら受験勉強をして試験を受ける方が大半でしょう。学生時代のように勉強にまとまった時間をあてることができない分、効率の良い勉強方法が大切です。SATの教材は試験に出そうなポイントがまとめられているので、教材さえあれば他の参考書などを買う必要はありません。参考書を読み、講義を耳で聞き続ければ知識の吸収も早いでしょう。講習を受けたいが遠くて受けることができないという方にもおすすめです。

5.給水装置工事主任技術者に関するよくある質問

Q.給水装置工事主任技術者の試験に年齢制限はありませんか?
A はい、ありません。未成年でも受験ができます。

Q.科目ごとの合格などというシステムはないのでしょうか?
A.ありません。必ず全科目を1度に合格しないと総合的な合格にはならないのです。

Q.講習は誰でも参加することができるのでしょうか?
A.申し込めば誰にでも参加可能です。

Q.通信教材と講習はどちらがおすすめでしょうか?
A.講習は短期間のものが多く、独学をしていて分からなかったことを講義によって理解したり、勉強の総復習などに利用するものです。通信教材は、勉強の始めから試験開始直前まで使うことができます。

Q.資格を取得すれば、独立はできるでしょうか?
A.独立に有利な資格というわけではありませんが、自分で会社を興す場合は、他に有資格者を雇用する必要がないこともあります。

6.おわりに

いかがでしたか? 今回は、給水装置工事主任技術者やその講習に関することをご紹介しました。知名度は高くはありませんが、水道管から各建物へ給水装置を設置する工事を行う際には欠かせない資格です。取得をしておけば、求人も豊富にあることしょう。試験は8科目もありますので、計画的に勉強をしていくことが大切です。

給水装置工事主任技術者を最短合格!
DVD+スマホでいつでも学習出来る! 30日間返金保証付!

SATの教材を使えば驚くほど短い学習時間で給水装置工事主任技術者試験に合格できます。「学習時間の確保が難しい・・・」「勉強は苦手で・・・」など悩みの方に最適な教材です。最短合格の秘密はこちら→

SATの教材を使い短期間で一発合格された受講生の声をご覧ください。受講生の皆さんが楽々試験をパスされていることが分かります。あなたもSATの教材を使って楽々試験をパスしませんか?

業界初!安心のトリプル保証付き

全額返金保証!/ 合格するまでサポート無料!/ 長期破損保障!

最短合格の入り口はこちら