給水装置工事主任技術者の免状には更新が必要? その条件と方法とは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

給水装置とは、水道局が設置した水道管から私有地に水を引き込む配水管から、蛇口までの装置全般を指します。一般の住宅から大規模な施設まで、欠かせないものです。給水装置の設置工事を行うには、給水装置工事主任技術者という資格がいります。そのため、資格取得を目指して勉強に励んでいる人も多いことでしょう。なお、給水装置工事主任技術者の資格を取得した場合、定期的に写真の交換が必要です。
今回は、給水装置工事主任技術者の資格取得の方法を更新のやり方を含めて解説しましょう。

  1. 給水装置工事主任技術者の基礎知識
  2. 給水装置工事主任技術者の免状更新について
  3. 給水装置工事主任技術者に関するよくある質問
  4. おわりに

この記事を読めば、資格取得の方法から取得後に必要な手続きもよく分かります。資格取得を目指している方は、ぜひ読んでみてくださいね。


1.給水装置工事主任技術者の基礎知識

はじめに、給水装置工事主任技術者の資格を取得するとできることや、資格取得の方法などを解説します。取得すればどのようなメリットがあるのでしょうか?

1-1. 給水装置工事主任技術者の定義

前述したように、給水装置工事主任技術者とは、給水装置工事を行う際に技術上の監督をしたり、工事の計画を立てたりすることができる国家資格です。給水装置工事は無資格者だけで行うことはできません。必ず有資格者が監督として現場にいる必要があります。また、資格を取得すれば工事の計画を立てたり、工事が終わった際に行われる水道局員による検査に立ちあうこともできるようになるため、仕事の幅も広がるはずです。つまり、資格を取得すれば工事の責任者や現場監督のような立場になることができます。出世や昇給の道も開けることでしょう。

1-2.資格を取得するメリット

1-1で説明したように、給水装置工事主任技術者の資格を取得すれば、事現場で責任のある立場を任されるようになるでしょう。また、水道局から適正な給水装置工事を行う業者と認められた、「指定給水装置工事事業者(水道局指定工事店)」に指定されるためには、給水装置工事主任技術者の有資格者が所属していることが条件です。そのため、資格取得者は転職に大変有利でしょう。また、資格を取得するためには一定の実務経験が必要なので、資格を取得していれば技術の証明にもなります。

1-3.資格を取得する方法

給水装置工事主任技術者の資格は、給水装置工事の実務経験を3年以上積み、給水工事技術振興財団が主催する試験を受けて合格すれば取得できます。講習などでは取得できません。また、実務経験は見習い的なものでもよいのですが、資材を現場に運ぶだけの仕事や、給水工事店で事務仕事をしていただけというのは、実務経験に含まれないので注意してください。

1-4.資格試験について

給水装置工事主任技術者の資格試験は、以下のような8科目の学科試験です。

  • 公衆衛生概論
  • 水道行政
  • 給水装置工事法
  • 給水装置の構造及び性能
  • 給水装置計画論
  • 給水装置工事事務論
  • 給水装置の概要
  • ​給水装置施工管理法

範囲が広いので、計画的に勉強することが大切です。なお、管工事施工管理技士の資格を取得している場合は1級・2級とも試験科目の一部が免除になります。合格基準は、全科目の総合得点が40点以上、もしくは「給水装置の概要」と「給水装置施工管理法」を除く6科目の合計点が27点以上です。科目合格はありません。不合格になった場合は、すべての科目を受け直してください。

1-5.試験の申し込み方法

給水装置工事主任技術者の試験は、年1回毎年10月に実施されます。申し込み方法は、給水工事技術振興財団のホームページから申し込みをしたうえで、必要書類を郵送する方法です。電子申請だけでは申し込み完了となりません。詳しくは財団のホームページを確認してください。受験料は16,800円です。なお、試験は全国各地の主要都市で行われるため、試験場所が遠い人もいるでしょう。試験場所が遠い場合は、あらかじめ宿泊場所なども確保しておいてください。

1-6.勉強のコツ

給水装置工事主任技術者の資格に挑戦する場合、ほとんどの人が仕事をしながら受験勉強をすることでしょう。前述したように試験は範囲が広く、効率的に勉強をしていかなければ、試験範囲を網羅することはできません。試験の合格率は25~30%と国家試験の中ではごく普通の合格率ですが、一発で合格する人は4人に1人くらいです。試験は、独学でも可能ですが、効率的に勉強して一発で合格したいという場合は、SATの教材を利用してみましょう。教材には、参考書のほか、専門の講師が行う講義が収録されたDVDやeラーニングがついてきます。予備校に通っているような気持ちで勉強できることでしょう。また、eラーニングならばタブレットパソコンやスマートフォンでも視聴可能ですから、出先での勉強もはかどります。

12