給水装置は誰の責任で管理を行う? 詳しく解説しましょう。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

給水装置とは、配水管をはじめとする水道管から家屋やビル内に水を給排水する装置です。分水栓や止水栓・メーターなども含まれます。一般住宅から大規模な商業施設・オフィスビルまで給水装置は欠かすことができません。また、給水装置は設置するだけでなく、定期的な管理も必要です。

そこで、今回は給水装置の管理区分や管理責任、さらに給水装置の工事を行うために必要な資格などをご紹介しましょう。

  1. 給水装置とは
  2. 給水装置の管理について
  3. 給水装置工事主任技術者とは?
  4. 給水装置の管理に関するよくある質問

この記事を読めば、給水装置の維持管理の方法や給水装置工事についてよく分かります。給水装置工事主任技術者の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。


1.給水装置とは?

給水装置とは、浄水場から配水管を通ってくる水を敷地内に引き込み、各蛇口まで給水する装置のことです。配水管や給水管・止水栓などが該当します。一般住宅から大規模な施設場まで、水道設備がある場所にはすべて給水装置が取り付けられているのです。

給水装置は、メーター以外はすべて建物の所有者のものになります。ですから、壊れた場合は持ち主の負担で修理しなくてはなりません。

12