【絶対合格】給水設備を徹底解説!資格取得を目指す人は必見です!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

給水設備について詳しく学ぶことは、生産活動や安心できる暮らしを守るためにも必要不可欠なことです。また、給水装置工事主任技術者を目指している人にも、給水設備の正しい知識を身に付けることが基本となるでしょう。

今回は、給水設備や給水装置工事主任技術者についてわかりやすく解説していきます。

  1. 給水設備とは?
  2. 給水設備の管理・メンテナンスを学ぼう
  3. 給水装置工事主任技術者とはどんな資格?
  4. 給水装置工事主任技術者の資格取得について
  5. 給水設備や給水設備に関する資格取得についてよくある質問

給水設備について正しい知識を身に付けることは、給水装置工事主任技術者への確かな道となります。記事の内容を何度も読むことは、資格取得のために有益な方法となるでしょう。


1.給水設備とは?

まずは、給水設備とは何かを確認しましょう。基本的な部分なので、きちんと学んでください。

1-1.給水設備の定義を確認しよう

給水設備とは、私たちの生活や農業・工業・商業などの生産活動に必要な水を供給するための設備のことです。給水設備があるために、自由に水を使うことができると言っても良いでしょう。また、給水設備には水質を適切な状態に保つ機能も持ちます。たとえば、上水道の水を飲用水として使用できることも、給水設備のおかげと言えるでしょう。

1-2.給水設備の種類には何があるか

給水設備の種類には、何があるか確認しましょう。給水設備には、止水栓・給水管・水道メーター・蛇口などがあります。給水設備が適切に設置してあることで、地中の配水管に高圧で流れている水を適切な量だけ引き込むことが可能になっていることを学んでください。蛇口をひねると水が出るのは、給水設備が整っているからなのです。