給水方式の仕組みや種類を徹底解説! どんな違いがあるの?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

水道は、浄水場から水道管によって使用場所の近くまで運ばれてきます。
しかし、そこから各使用場所から各蛇口へ給水する方法には、いくつかの種類があるのです。
そこで、今回は給水方式の仕組みと種類についてご紹介しましょう。
水には圧力があります。
これを考えないと各蛇口までうまく水が配水されません。
さらに、建物への給水方法が分からなければ、修理方法も分からないでしょう。
建物を管理されている方はぜひこの記事を読んで、給水方法の種類や仕組みを理解してください。

  1. 水道が蛇口から出てくる仕組みとは?
  2. 給水方法の種類とは?
  3. 貯水槽式と直結直圧式のメリット・デメリットとは?
  4. 給水設備で不備が起こった場合の対処法
  5. おわりに

1.水道が蛇口から出てくる仕組みとは?

水道に使われている水は浄水場から配水管を通して、配水される場所の近くまで運ばれてきます。
このような配水管は公道の下を通っていることがほとんどで、管理は水道局によって行われているのです。
この配水管から各家の蛇口まで水道管が設置されています。
これを、「水道設備」というのです。
水道設備の基本は個人でひいた水道管になります。
家を建てるときはガスや電気と同じように水道管をひきますから、実際に個人が工事をすることはありません。
それでも、この水道管の管理は蛇口を使っている建物の所有者が管理をしなくてはならないのです。
ですから、この水道管が劣化した場合は各自の負担で修理する必要があります。
また、集合住宅など高さがある建物の場合は水道管以外にも給水設備が必要になるのです。
この場合の管理費用は管理費に含まれていることが多いでしょう。
なお、敷地内に井戸を掘ってその井戸水を使用する場合は完全に個人の負担になり、水道局は一切関知しません。
水質検査などや水道設備の設置も個人で行います。
ちなみに、水質検査に合格しなければ飲用できませんが、農業用水などには使用できるのです。
そのため、農地がたくさんあるお宅の場合は、井戸を掘っているところも少なくないでしょう。

12