水管ボイラーの構造や仕組みとは?どんな特徴があるの?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

ボイラーとは熱エネルギーを使って水を加熱して、高温高圧の蒸気を得る装置です。
発生した蒸気は、動力源となって発電などに利用されます。
19世紀には実用化が始まった動力源としては歴史がある装置です。
ボイラーにはいろいろな種類がありますが、今回は水管ボイラーの仕組みや構造についてご紹介しましょう。
蒸気の力を動力にするというと、何やら前近代的な感じもします。
しかし、現在でもボイラーはいろいろなところで活躍しているのです。
ボイラーに付いて興味がある方や資格を取得したい方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。