水管ボイラーの構造や仕組みとは?どんな特徴があるの?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

ボイラーとは熱エネルギーを使って水を加熱して、高温高圧の蒸気を得る装置です。
発生した蒸気は、動力源となって発電などに利用されます。
19世紀には実用化が始まった動力源としては歴史がある装置です。
ボイラーにはいろいろな種類がありますが、今回は水管ボイラーの仕組みや構造についてご紹介しましょう。
蒸気の力を動力にするというと、何やら前近代的な感じもします。
しかし、現在でもボイラーはいろいろなところで活躍しているのです。
ボイラーに付いて興味がある方や資格を取得したい方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. ボイラーとは?
  2. 水管ボイラーの仕組みや種類とは?
  3. ボイラーを扱う資格とは?
  4. おわりに

1.ボイラーとは?

ボイラーとは、燃料で水を熱することで高温高圧の蒸気や温水を得る装置のことです。
19世紀の半ばには実用化されて多種多様な機械の動力源となりました。
ボイラーを使った装置で最も有名なもののひとつが、蒸気機関車でしょう。
石炭を燃やしてお湯を沸かし、その蒸気の力を車輪に伝えることで列車を動かします。
また、ご家庭にある給湯器もボイラーの一種です。
特に、最近注目を集めているハイブリット給湯器などは、本来は空気中に排出してしまう熱を利用してお湯を沸かしています。
さらに、蒸気は動力になるほか、そのまま暖房としても使えるのです。
ロシアや韓国などの冬の寒さが厳しい地方では、ボイラーで作った蒸気をそのまま床や壁のすきまに流して暖房にします。
そして、火力発電所はボイラーで水蒸気を作ってその力でタービンを回し、発電をするのです。
ですから、ボイラーは私たちの生活になくてはならないもの、といえるでしょう。

12