水道工事・水道設備工事に関する資格は? 業務内容と資格取得のコツを解説!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

水道工事は、建物を建設するときには欠かせません。また、個人の家でもリフォームや修理などで水道工事を依頼したりすることは珍しくないでしょう。水道工事自体は決して難しいものではありませんが、要領よく建設物に合わせた工事をするには、技術が必要です。

そこで、今回は水道工事や水道設備工事を行うのに必要な資格やその取得方法についてご紹介しましょう。

  1. 水道工事とは?
  2. 水道工事を行うために必要な資格とは?
  3. 給水装置工事主任技術者になるにはどうしたらいいの?
  4. 給水装置工事主任技術者の試験の合格するための勉強法
  5. 水道設備、水道工事に関するよくある質問

水道工事と一口にいってもいろいろな種類があるのです。必要な資格がそのつど違うので、混乱することもあると思います。この記事を読めば、水道工事を請け負うのに必要な資格の種類やその取得の方法まで分かるでしょう。水道工事にかかわる仕事につきたいと思っている方や、資格取得を目指している方はぜひこの記事を読んでみてくださいね。


1.水道工事とは?

水道工事というと、テレビCMでよく見るような蛇口や排水口のつまりを修理するというイメージを抱いている方もいるでしょう。しかし、実際の水道工事とは「給水管引込工事」と「屋内配管工事」、さらに「下水道排水設備工事」の3種類になります。給水管引込工事というのは、水道局が管理している水道管から、それぞれの建築物の敷地内に給水管を引いてくる工事のこと。屋内配管工事とは、建物内に給水管および排水管を設置する工事になります。

これらの工事は、素人が行うことはできません。繋(つな)ぎ方を間違えれば漏水の危険があるばかりでなく、上水道に飲料に適さない水が流れてしまうかもしれないのです。実際、公共施設で本来飲料に適さない水の配水管が上水道に繋(つな)がれていた、という事故は今でも起こっています。下水道排水設備工事も同様です。下水道の処理については法律だけでなく、各自治体によって独自の決まりがあります。そのため、専門の業者が行う必要があるのです。