建築物環境衛生管理技術者とはどんな資格? 仕事内容や試験対策を解説!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「建築物環境衛生管理技術者」とは聞きなれない名前ですが、多くのビルで選任が必要な国家資格です。

人気も高まってきて、毎年受験者も増えています。 では、いったいどのような資格なのでしょうか?
そこで、今回は建築物環境衛生管理技術者とはどのような資格か、ということをご紹介します。 どのような施設で選任が必要なのかということや、受験資格もご紹介しましょう。

この記事を読めば、建築物環境衛生管理技術者の仕事内容や資格試験を受けるために必要なことがよくわかります。


目次

  1. 建築物環境衛生管理技術者とは?
  2. 建築物環境衛生管理技術者の仕事内容とは?
  3. 建物環境衛生管理技術者になるには? 

1.建築物環境衛生管理技術者とは?

建築物環境衛生管理技術者、というと聞いたことがないという方が多いでしょう。しかし、「ビル管理技術者」や「ビル管」なら聞いたことがある方も少なくないと思います。建築物環境衛生管理技術者とは、建築物の衛生環境を維持し、利用者が使いやすいようにビルを管理するための業務を行ったり管理したりする国家資格です。

わかりやすくいうと、建物が安全に衛生的に使えるように管理する責任者になれる資格ということ。つまり、ビルの管理に必要な資格ということで「ビル管理技術者」という通称が作られたのです。正式名称が長く書きにくいため、いつのまにか通称の方が有名になってしまいました。

さて、建築物環境衛生管理技術者は、面積が3000平方メートル(学校の場合は8000平方メートル)以上の特定建築物で選任義務があります。この、「特定建築物」というのは、常時不特定多数の人が利用する建築物のこと。ですから、百貨店や商業施設・映画館、さらにホテルや図書館なども含まれます。
また、複数の事務所が入っているオフィスビルなども対象です。つまり、それだけ需要も高いということ。さらに、新しくできる施設は、大規模な複合施設が多いです。これからも、建築物環境衛生管理技術者の需要は増していく可能性は高いでしょう。

12