建築施工管理技士

2級建築施工管理技士とは?仕事内容や資格概要まとめ!

6,724人の方が、この記事を参考にしています。

建築施工管理技士とは簡単にいうと、建築現場での監督を行えるようになる国家資格です。

工事の工程表を作成したり、品質を管理したりと重要な役割を果たします。

この記事では2級建築施工管理技士を取得するメリットや実際の仕事内容、受験概要について説明します。

1 建築施工管理士とは

建築施工管理技士とは、建築現場での監督を行う人の一人です。

そもそも施工管理技士とは、建設業法で定められた「施工管理技術検定」の1級または2級に合格した者のことを指し、一般的に現場監督か設計事務所で仕事をしている方が取得するケースが多いです。

中には、知識向上の為に職人さんが施工管理技士を取得することもあります。
建築のエキスパートになる為に必要な資格ということですね。

1-1 建築施工管理技士を取得するメリット

「建築施工管理技士」が無いと建設業の仕事に就けないということはありませんが、資格取得すると様々なメリットがあります。

知識を体系的に得られる

無資格でも建設業に就くことは可能ですが、部分的な知識では現場の管理はできません。基本的に無資格の方は部分的・特化した知識しかないものとみなされ、現場全体の知識のある有資格の方の部下として現場作業をします。

体系的な知識を学ぶことで、ひとつひとつの作業のつながりが理解でき「なぜこんな鉄筋が必要なのか」などの「なぜ」を解決することができるようになります。

現場所長になれる

2級建築施工管理技士を保有していると現場監督として活躍することができます。2級は一般的な住宅が対象ですが、1級であればあらゆる建築現場で指揮を取れます(詳しくは後述)。建築に携わるのであれば、街のシンボルとなるような建物を建てたいと思うようになりますし、所長として活躍したいと意思のある方は必ず取得するべきです。

信頼感が得られる

社外の建築関係の方と打ち合わせをする際に、無資格の方と有資格の方とどちらに建物を依頼したいかと問われると、当然有資格の方でしょう。資格の有無は、仕事を発注してもらう際にも非常に大切な要素なのです。

 

2 建築施工管理技士の仕事内容はQCDSE!

建築業で働く2級建築施工管理技士には「QCDSE」という業務が求められます。

「QCDSE」とはQuality(品質)Cost(原価)Delivery(工程、工期)Safety(安全)Environment(環境)の5つを指す言葉です。それぞれについて詳しく見ていきましょう。

① Quality(品質)
例えば「きれいな打ちっぱなしコンクリート」や「汚れていない外壁」などが建築物の品質にあたります。

他にも、地中に隠れている基礎部分や、内装仕上げ材に隠れている耐火工事などの「隠蔽部」となる部分には、特に注意を払う必要があり、建築基準法で定められている基準を満たす必要があります。

建築施工管理技士は、日々、品質に問題が無いかを確認をしながら時には業者さんへ「手直し」や「追加」を依頼しなければなりません。

そして品質のチェック業務には「写真」として証拠に残す方法が多いです。

設計事務所やそもそもの発注者へ「壁の中は見えないですが、このように施工したので品質の問題はありません」と証拠を示す必要があります。万が一写真を撮り忘れた場合、最悪取り壊しになることがあるほど、品質確認業務は大切なのです。

② Cost(原価)
同じ建物を建てる場合でも、建てる会社によって掛かる費用が変わってきます。品質に影響を来さず、可能な限りコストを下げる努力が必要になります。

段取り良く職人さんに依頼することで少ない人数で工事が終わり、材料を無駄に頼まないようにすることで安く工事が済みます。また、材料屋さんへの発注時にも、何社か見積もりを取って100円でも安い材料を購入して原価削減に繋げることが大切です。

③ Delivery(工程、工期)
建設現場には工期が決まっていて、工期が遅れることがあれば違約金が発生するケースもあります。現場監督はこの工期を非常に重要視しており、工期が近づくと胃がキリキリして眠れないこともしばしば。

現場監督は「工程表」を書くことで工期短縮を図ることが求められます。

仮に工期が一年ある場合、一年間の全体の工程を考える必要がありますが、それで終わりではありません。天候などの影響で工事が前後することもある為、「1ヶ月工程表」「1週間工程表」など細分化した工程表も作ったりと、様々なケースを考える必要があります。

④ Safety(安全)
「QCDSE」の中でもSafety(安全)が一番大切であり、「安全はすべてに優先する」という言葉は建設業では常識です。危険と隣り合わせの現場の中で、建築施工管理技士は「職人さんが安全に作業できるのか」を確認しなければなりません。

建設現場では本当に事故が多く、少し手を切っただけでも社内に報告し、再発防止策を検討することが求められます。

また、100mの高さから落ちたら死亡災害に繋がりますが、実は2m程度の低い位置からの転落災害も死亡事故に繋がるのです。建築現場では1mの段差でも飛び降りることは禁止です。それほどシビアに安全管理を徹底する必要があるのです。

⑤ Environment(環境)

建物を建てる上で有害物質は最大の敵です。

「地中から汚染土が出てきた」「材料が残りすぎて大量の産業廃棄物が出てしまった」「使用重機から排ガスが出る」など環境問題とは切っても切り離せないのが建設業です。

これらは、近隣への影響も非常に大きい為、環境への対策も現場監督の大切な業務となります。

環境に影響の出る事項については、役所に「こんな仕事をしますが、環境に影響の出ないようにこんな対策を講じています」という書類を提出する必要があります。この書類を怠ると工事が中断、最悪工事中止となるケースもあるのです。

 

3 2級建築施工管理技士の制限

2級建築施工管理技士と1級建築施工管理技士では、仕事内容に大きな違いはありませんが、扱うことのできる建物規模に制限があります。

1級建築施工管理技士の場合は、工事を請け負うことができる規模は制限がなく、街中によく見かける大型商業施設や高層マンションなどが施工可能です。東京スカイツリーも1級建築施工管理技士があれば現場所長として管理できます。

2級建築施工管理技士の場合は、主に中小規模(請負金額4,000万円以下)の建設工事を扱うことになり、一戸建て住宅などを主に請け負う会社に勤めている場合は、2級建築施工管理技士があれば十分でしょう。

 

4 2級建築施工管理技士の資格試験の詳細

4-1 試験は年に一回

「施工管理技術検定」は国家資格となっており、年に一回行われます。試験日は11月に行われ、翌年1月に合格発表があります。

4-2 受験方法と費用

新規受験者は願書を取り寄せることから始まります。ネット申し込みができるのは再受験者のみとなっています。

一般財団法人建設業振興基金のホームページでネットから取り寄せることが出来るので早めに取り寄せるようにしましょう。

また、大学の卒業証明書が必要になるのでこちらもお早めに取り寄せるようにしてください。

受験費用は9400円必要になります。(学科試験のみ:4700円、実地試験のみ:4700円)

4-3 試験は学科試験と実地試験に分かれている

2級建築施工管理技士の試験は、学科試験と実地試験に分かれています。

学科試験はマークシート形式の問題で、学科試験に合格者のみ、実地試験を受験することが可能になります。

4-4 試験内容は3つの種別に分かれている

2級建築施工管理技士の資格試験は「建築」「躯体」「仕上げ」の3つに分かれており、いずれか1つの学科試験・実地試験を受けることになります。
合格すれば2旧建築施工管理技士として合格種別に該当する工事が出来るようになります。

建築

建築の資格を有していれば大工工事、内装工事、電気工事を含む専門工事を一式に請け負うことが可能です。

躯体

躯体とは建物の基礎に当たる部分のことで構造部分の工事を請け負うことが出来る資格です。鉄筋・型枠・コンクリート・鳶工事などが施工可能です。

仕上げ

構造部以外の内装工事や外装工事などが主です。
内装工事を専門とするリフォーム会社に勤めている方は必須の資格ですね。

4-5 受験資格がないと受けられない

2級建築施工管理技士は誰でも受けられる試験ではありません。2級建築施工管理技士の受験には、指定学科を受講した大学を卒業した後、1年の実務経験を積むことが必須条件です。最終学歴が高等学校の方は、3年の実務経験で受験資格を得ることが出来ます。

引用:一般財団法人建設業振興基金 施工管理技術検定

 

5 まとめ

2級建築施工管理技士は1級建築施工管理技士と比べてしまうと、様々な制限があるように見えますが、2級建築施工管理技士も建設会社や工務店、ハウスメーカーなど十分に活躍の場があります。

近年では、建設業の耐震補強問題や施工不良が目立つニュースを良く耳にすると思いますが、その分建築施工管理技士の知識と能力が重要視されてきています。

資格は、昇給や昇進の為という考え方もできますが、一番は「良質な建物を建てる」為という考えを持ってください。

施工不良の建物を建てないようにしていても知識がなければ品質の悪い建物を建ててしまうのです。

2級建築施工管理技士を取得後は、1級建築施工管理技士、1級建築士とレベルの高い資格がありますので、是非挑戦してみてはいかがでしょうか。

取りたい資格・知りたいことをお選びください