建築施工管理技士の実務経験・受験資格とは?資格の詳細をチェック!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「建築施工管理技士を取得したいけど、勉強方法がわからない」など、資格試験に悩んでいる方は多いでしょう。国家資格の1つである建築施工管理技士は、建築関連の中でも企業や工事現場などで重宝される資格です。有資格者はさまざまな場面で役立つでしょう。難易度は「普通~易しい」になっていますが、甘く見てはいけません。きちんと資格内容を理解し、勉強しなければ合格は無理です。一発合格を目指すためにも、建築施工管理技士について詳しく把握しておきましょう。本記事では、建築施工管理技士の基礎知識やメリット・実務経験・試験内容など詳しく説明します。

  1. 建築施工管理技士の基礎知識
  2. 建築施工管理技士のメリット
  3. 建築施工管理技士受験資格の実務経験について
  4. 建築施工管理技士の試験について
  5. 建築施工管理技士の試験勉強について
  6. 建築施工管理技士に関してよくある質問
  7. まとめ

この記事を読むことで、建築施工管理技士の試験に合格するための必要な情報を知ることができます。建築施工管理技士について知りたい方や資格取得を考えている方は、ぜひチェックしてください。


1.建築施工管理技士の基礎知識

試験や受験対策について知る前に、建築施工管理技士の基礎知識について把握しておかなければなりません。建築施工管理技士とは何なのか、準拠する法律なのか詳しく説明しましょう。

1-1.建築施工管理技士とは?

建築施工管理技士は、国家資格の1つです。建築に関係する施工計画の作成や現場監督をおこないます。また、1級建築施工管理技士と2級建築施工管理技士の2つにわかれているのです。1級と2級では、工事内容が異なるので注意しておかなければなりません。1級建築施工管理技士は、大規模工事に携わることができます。大規模工事とは、高層ビルや高層マンション・公共施設における工事などです。一方、2級建築施工管理技士は、中規模の工事に携わります。さらに、2級建築施工管理技士の資格は「建築」「躯体(くたい)」「仕上げ」という3種類にわかれているのです。

1-2.建築施工管理技士が準拠する法律

建築施工管理技士が準拠する法律は、建築業法です。建築業法は、昭和24年に施行されました。建設工事の適正な施工と発注者・建設業者の保護・建設業の健全な発達促進を目指している法律です。第4章施工技術の確保に、建設施工管理技士にかかわる「主任技術者および監理技術者の設置」などが記載されています。

建築業法

1-3.主な仕事場・職務

建築現場が主な仕事場です。建設業の関連会社に勤めることになります。また、主な職務は鉄筋工事・大工工事・内装仕上げ工事などを含む施工計画の作成などです。ほかに、現場における工事の指揮・指示や監督・管理をおこないます。実際に、工事に手を加える役職ではなく、工事現場をまとめる役です。

1-4.目的・必要性

工事現場は大規模になるほど、さまざまな建築会社や作業員が入り混じります。そのため、全体の工事を把握し指揮する者がいないと混乱するのです。施工計画を立案し、指示・監督をおこなう建築施工管理技士は工事現場に必要な存在といえます。トラブルがあればすぐに対処・指示をし、スケジュールを調整するのです。