土木施工管理技士の受験に必要な実務経験は? 資格取得のコツを徹底解説!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

土木施工管理技士とは、橋や道路・河川・上下水道工事などで安全管理や工程管理・施工に必要な技術管理を行うための資格です。また、主任技術者や監理技術者になることもできるため、土木工事の現場には欠かせません。土木工事を生涯の仕事としてがんばっていこうという方にとっては、ぜひ取得しておきたい資格でしょう。

そこで、今回は土木施工管理技士の資格を取得するための方法や、受験資格を得るための実務経験のことについてご紹介します。

  1. 土木施工管理技士に関する基礎知識
  2. 土木施工管理技士を取得するための実務経験とは?
  3. 土木施工管理技士の試験内容や勉強方法とは?
  4. 土木施工管理技士の実務経験に関するよくある質問

この記事を読めば、土木施工管理技士の受験資格を得るために必要な実務経験についてよく分かるでしょう。土木施工管理技士にチャレンジしたいと思っている方は、ぜひ読んでみてくださいね。


1.土木施工管理技士に関する基礎知識

はじめに、土木施工管理技士とはどのような資格かということをご紹介します。取得するとどのような職務に就くことができるのでしょうか?

1-1.土木施工管理技士とはとのような資格?

土木施工管理技士とは、施工管理技士の一つで土木工事現場で安全管理や工程管理・施工管理などを行うことができる資格です。建設業法の第27条における技術検定制度に従って定められており、主任技術者や監理技術者にもなることができます。土木工事を安全かつ計画的に施工するためには、土木施工管理技士の働きが欠かせません。一般の工事だけでなく、東日本大震災や熊本地震の復旧工事の現場などでも、土木施工管理技士には高い需要があります。

1-2.土木施工管理技士の種類

土木施工管理技士には1級と2級があります。1級は、土木工事全般で安全管理や工程管理などを行える資格です。2級は土木・鋼構造物塗装・薬液注入の3種類に分かれており、取得した工法の工程管理や安全管理を行うことができます。1種の方が行える職務が多いのですが、その分取得が難しくなっているため、まず2級を取得してから実務経験を積み、1級にチャレンジする方もたくさんいるのです。

1-3.土木施工管理技士を取得するメリット

土木施工管理技士を取得すれば、自分の技術を客観的に証明できます。また、技術者を管理する主任技術者・監理技術者になることができますので、工事現場では責任ある立場に就くことができるでしょう。出世の道も開けますし、転職にも有利です。会社によっては積極的に取得をすすめているところもあります。資格手当が出ることはもちろんのこと、定年を過ぎても「ぜひ働いてほしい」と請われたりすることもあるでしょう。
有資格者の平均年収は400万円~500万円ほどで、責任者となる工事が大きいほど年収もアップする傾向にあります。

1-4.主な職場など

土木施工管理技士は、土木工事を行うあらゆる建築会社で需要があります。取得すればより大きな建築会社への転職にも有利になるでしょう。

12