フォークリフトの運転の業務に係る特別教育

フォークリフトの「特別教育」と「技能講習」の違いは最大荷重と講習時間!

5,872人の方が、この記事を参考にしています。

フォークリフトを運転するためには資格が必要になりますが、「フォークリフトの運転の業務に係る特別教育」と「フォークリフト運転技能講習」という2つの免許取得のカリキュラムがあります。

これらはどちらを受けてもフォークリフトの運転ができるようになりますが、資格によって運転できる機体に制限がある等の細かい違いがあります。

この記事では2つの資格の違いを説明していますので、ぜひご覧ください。

大きな違いは最大荷重と講習時間

フォークリフトの運転の業務に係る特別教育」と「フォークリフト運転技能講習」の2つの資格を比較した表が下記になります。

項目フォークリフトの運転の業務に係る特別教育フォークリフト運転技能講習
最大荷重1トン未満1トン以上
学科講習時間6時間以上11時間以上
実技講習時間6時間以上24時間以上

※ 講習時間は運転免許等のいずれの免許も所持していない場合の時間

最大荷重には「1トンの壁」がある?

実務上での大きな違いは「最大荷重」です。

フォークリフトの機体には大小様々なものがありますが、それら全てに最大荷重が必ず定められています。フォークリフトにおける最大荷重とは、簡単に説明すると「そのフォークリフトが積載できる最大の重さ」のことです。

小さいフォークリストですと0.5トン程度からありますが、大きい機体だと数十トンを超えるものもあります。

この最大荷重がフォークリフトの免許に大きく関わります。上記の表にある通り、「フォークリフトの運転の業務に係る特別教育」では1トン未満の機体しか運転することができません。

一方、「フォークリフト運転技能講習」を修了すると1トン以上の機体も運転できるようになります。

なおどちらの免許を取得したとしても、公道を走行する場合は自動車の運転免許が必要になりますので、注意してください。

講習時間の違い

両方の講習ともに「学科講習」と「実技講習」の2つを受ける必要がありますが、講習時間にも違いがあります。

フォークリフトの運転の業務に係る特別教育の講習時間

学科講習(6時間)

講習名講習時間
走行に関する装置の構造及び取扱いの方法に関する知識 2時間
荷役に関する装置の構造及び取扱いの方法に関する知識2時間
運転に必要な力学に関する知識1時間
関係法令1時間
合計6時間

実技講習(6時間)

講習名講習時間
フォークリフトの走行の操作4時間
フォークリフトの荷役の操作2時間
合計6時間

フォークリフト運転技能講習

学科講習(11時間※1)

講習名講習時間
走行に関する装置の構造及び取扱いの方法に関する知識4時間
荷役に関する装置の構造及び取扱いの方法に関する知識4時間
運転に必要な力学に関する知識2時間
関係法令1時間
合計11時間

実技講習(24時間※1)

講習名講習時間
フォークリフトの走行の操作20時間
フォークリフトの荷役の操作4時間
合計24時間

※1 免除科目がない場合

以上がそれぞれの資格の講習時間になります。

講習名を見ていただく通り講習の内容は同じですが、講習時間が違うという特徴があります。

また既に所持している資格によって講習が免除されるケースもあります。

例えば学科講習の「走行に関する装置の構造及び取扱いの方法に関する知識」は、普通・中型・大型・大型特殊(カタピラ限定を含む)免許を所持していると免除されます。

講習時間に関しては、法令で定めされた規定の講習時間になります。
また講習機関によっては、表記されている時間より長くなる場合もあります。

「特別教育」と「技能講習」のどちらを受けるべきか

ここまで読んだ方の中には、結局どちらを受けるべきなのかを悩んでいる方も多いかと思います。

結論としては、職場や担当する現場等で1トン未満のフォークリフトしか乗らない場合は「フォークリフトの運転の業務に係る特別教育」を受講することをオススメします。

確かに「フォークリフト運転技能講習」の方が1トン以上の機体に乗れますが、普段乗ることがない場合は持っていても仕方がありません。

また多くの講習期間において、特別教育の方が技能講習に比べて講習料も安くなっています。

フォークリフトの運転の業務に係る特別教育はオンラインでも受講可能

フォークリフトの運転の業務に係る特別教育の学科講習は、オンラインでも受講可能です。

一般的な講習会では、講習会を実施している近隣の協会や団体に事前予約し、当日会場に直接行って講習を受けることが多いと思います。

しかし、例えばSATのフォークリフト特別教育のオンライン講習の場合は、講習料金をお支払いいただい直後から講習を受講することができます。

SATの講座の場合は、収録された動画を視聴することで講習を受講します。このため、お支払い後すぐに受講が開始できます。そのため、曜日や時間帯に関係なく、オンラインの環境と端末があればいつでもどこでも受講することが可能です。

なお実技科目に関しては、各事業者ごとに実施する必要があります。実施する際は「実技実施責任者(経験者)」を選任して、フォークリフトの実機など必要機器を準備の上行ってください。

また法令により、「フォークリフトの走行の操作」は4時間以上、「フォークリフトの荷役の操作」は時間以上とそれぞれ実技科目の実施時間が決められているため、必ずこれらの時間以上の講習を実施しましょう。

フォークリフトの技能講習や特別教育を受講して仕事の幅を広げよう

フォークリフトの運転ができるようになると、当然仕事の幅は広がります。

会社によっては資格手当が出て給与がアップすることもあるでしょう。興味のある方はぜひ取得を目指して頑張ってみてください。もしフォークリフトを操作する幅広い業務を行いたい場合は、フォークリフト運転技能講習を受講するようにしましょう。

そして、業務で操縦するフォークリフトが最大荷重1トン未満の場合は、フォークリフト運転の業務に係る特別教育の受講しましょう。

吹き出し左側用のアイコン

この特別教育はオンラインでも受講が可能です。実技は各事業者ごとに実施する必要はありますが、学科講習がどこからでも受講可能というメリットは大きいでしょう。

SATのフォークリフトの運転の業務に係る特別教育は
WEBでいつでもどこでも受講可能!

  • 24時間365、オンラインでの受講が可能!
  • 講座費用はわずか8,800円!(税込)(アプリ版の場合。アプリ+プラスチックカード版は税込9,350円)
  • 労働局確認済みのAI顔認証システム受講状況をしっかり担保!
  • 修了証はスマホアプリで即日自動発行!修了後すぐに受け取れます。
    ※プラスチックカードの修了証をお求めの方は、5営業日以内に修了証を発送いたします。

\ 詳しくはこちらをチェック /

『このブログについてお気づきの点等ございましたらこちらにご連絡下さい』

『フォークリフトの「特別教育」と「技能講習」の違いは最大荷重と講習時間!』の記事について

    取りたい資格・知りたいことをお選びください