化学物質管理者講習

0

※従来のプラスチックカード版もオプションでご用意しています。

【講習会(製造業は実技あり)】
対面の講習会はこちらからお申し込みください。

合格保証!化学物質管理者講習を実施いたします。当日に修了証明書を発行いたします。

修了証明書をその日に受け取れます。

【Eラーニング講座】
全ての受講生様にアプリ版の
修了書デジタルカードを即日発行!

もちろん労働局には確認済です。

  • 受講完了後問題なければ
    自動で即時発行

  • 複数枚のカード
    簡単に管理できます。

  • カードの紛失の心配
    ありません。

労働局確認済みのAI顔認証システム!WEBでいつでもどこでも受講可能!

01化学物質管理者講習(製造事業場向け / 取扱事業場向け)

化学取扱イメージ-1

化学物質管理者とは

化学物質により健康障害等の労働災害が頻発していることから、労働安全衛生法および労働安全衛生規則等が改正されました(令和4年厚生労働省令第91号(令和4年5月31日公布))。

化学物質を自律的に管理するために、労働安全衛生規則第12条の5(令和6年4月1日施行)で定めるところにより、リスクアセスメント対象物質を取扱う事業場ごとに、化学物質に係る技術的事項を管理する化学物質管理者の選任が義務付けられました

化学物質管理者になるための講習は二種類ある

化学物質管理者の選任要件として、化学物質管理者講習(製造事業場向け)の受講または化学物質管理者講習に準ずる講習(取扱事業場向け)の受講が推奨されています。

これら2つの講習内容の違いは以下のようになっています。

製造事業場向け(学科9時間+実技3時間)

  • 化学物質の使用や保管に重点を置いた内容。
  • 安全データシート(SDS)の読み方や管理方法、適切な保管方法を習得。
  • 学科と実技の両方の講習を受講する必要があり

取扱事業場向け(学科6時間のみ)

  • 製造現場での化学物質の取り扱いに特化したカリキュラム。
  • リスクアセスメントの実施方法や安全管理の具体的な手法を学ぶ。
  • 学科のみの講習で実技は無し。

なお、本講座は、厚生労働省告示第276号(令和4年9月7日)(製造事業場向け)・基発0907第1号(令和4年9月7日)(取扱事業場向け)に基づく教育であり、動画講義(学科)のカリキュラムおよび内容は関係法令の内容を満たしております。

化学物質管理者講習を受講することのメリット

化学物質管理者講習を受講することで、以下のようなメリットが得られます。

  • 労働災害の防止:化学物質のリスクを正しく評価し、適切な管理を行うことで、労働災害の発生を防ぐ。
  • 管理体制の強化:事業場全体の安全管理体制が強化され、従業員の安全意識が向上。
  • 法令遵守:化学物質の管理に関する法律や規則を遵守することで、法的リスクを低減。

化学物質管理強調月間が創設された

2024年度から厚生労働省、中央労働災害防止協会、環境省などが連携して化学物質管理強調月間が創設されました。これは毎年2月に1ヶ月間の活動期間があり、化学物質の適切な管理の重要性を広く周知し、労働災害の防止を図ることを目的としています。

具体的には、企業や労働者に対する化学物質管理の教育プログラムを実施や、新しい規制や管理手法についての情報提供、事業者に対するリスクアセスメントの徹底と適切な管理体制の構築支援を行います。

このように行政組織が化学物質管理に関する意識を高める運動を行っていることからも、化学物質管理者講習の重要性が今後さらに高まっていくとされています。

化学物質管理者講習の受講方法

SATでは化学物質管理者講習の受講方法として、Web(オンライン)受講出張講習の二種類がございます。

Web(オンライン)受講の特徴

オンライン講座の最大のメリットは、時間と場所にとらわれずに学習できることです。実習が必要な部分は対面で実施しますが、学科部分をオンラインで済ませることで効率的な資格取得が可能です。

SATのオンライン講座は端末や外付けのWebカメラで受講状態を確認するため、監視人が必要ありません。また修了証がスマートフォンアプリで即日受け取れるため、管理も容易です。ご希望される方はプラスチックカードタイプの修了証も発行することができます。

ただし、製造事業場向けの実習に関しては「実技実施責任者」(講師役)のもと対面で行う必要があります。オンライン講座を受講する場合でも実技は必ず実施するようにしてください。

出張講習の特徴

出張講習とは外部から講師を招いて自社で講習を受ける方法で、遠方に講習会場がない場合や社内の多くの従業員に受講させたい場合などに特に有効です。講師が直接伺うので、従業員一人一人の交通費や宿泊費も節約することができます。また、講習の日程や時間帯も社内のスケジュールと照らし合わせて設定することができます。

出張講習の場合は講習を実施する部屋や機材等の準備が必要になります。詳しくはコチラよりお問い合わせください。

02講座プログラム

<講座プログラム

学科科目 製造事業場向け
9時間22分
取扱事業場向け
6時間45分
第1編 化学物質の危険性及び有害性並びに表示等 2時間31 1時間44
第2編 化学物質の危険性又は有害性等の調査 3時間1 2時間2分
第3編 化学物質の危険性又は有害性等の調査の結果に基づく措置等その他必要な記録等 2時間4 1時間48分
第4編 化学物質を原因とする災害発生時の対応 37分 37分
第5編 関係法令 1時間3 32分

製造事業場向けについては、別途、実技科目(「化学物質の危険性又は有害性等の調査及びその結果に基づく措置等」3時間以上)を事業所にて実施してください。

<教材と配布資料(印刷任意)>
受講ガイダンス(PDF)
基本テキスト(PDF):(製造事業場向け)339ページ / (取扱事業場向け)225ページ
実技参考資料(製造事業場向けのみ)(PDF):4ページ

03講座サンプル

労働安全コンサルタント・労働衛生コンサルタントである中川先生による講義は、様々な企業で安全指導を行った豊富な知識・経験に基づいた実践的な内容となっています。作業や点検時のポイントは、図に書き込みながら分かりやすく解説しています。

講習会をそのまま収録した動画とは異なりクオリティが高く、現場の皆さまに好評をいただいております。

04実技の実施方法(製造事業場向けのみ)

実技の実施方法_化学物質管理者講習

実技は、各事業所様において「実技実施責任者」(講師役)を選任のうえ、必要な資料や保護具等を準備し実習を行ってください。その際、実技実施責任者と同一場所で対面のもと実施します。個人事業主の場合は、お取引先などの経験者の方を実技実施責任者として選任ください。

法令では、「化学物質の危険性又は有害性等の調査及びその結果に基づく措置等」について3時間以上の実施が定められております。
内容詳細については、実技の参考資料(PDF)をご覧ください。

05講師プロフィール

中川 潔講師

中川 潔講師

1980年、三洋電機株式会社入社後は製造、総務、施設管理を経て安全衛生を専門に従事する。労働衛生コンサルタント(衛生工学)及び労働安全コンサルタント(機械)を取得。同社を退職した後は、労働安全や労働衛生を専門にコンサルタントする事務所を開設。2010年には事務所を法人化して、「安全安心株式会社」を設立し、事務所、工場での災害防止のためのコンサルタントや講演で活躍する。

「安全を第一に考える」という「安全文化」の拡大を目指し、分かりやすい講義を実践している。

取得資格

  • 労働安全コンサルタント(機械)
  • 労働衛生コンサルタント(衛生工学)
  • 衛生工学衛生管理者
  • 衛生管理者
  • ボイラー技士(2級)
  • 消防設備士(乙5類)
  • 危険物取扱者(乙2・4類)
  • 甲種防火管理者
  • 公害防止管理者(水質)
  • エックス線作業主任者
  • 特別管理産業廃棄物管理責任者講習修了
  • 有機溶剤作業主任者技能講習修了
  • 産業用ロボット特別教育インストラクター講習修了
  • はい作業主任者技能講習修了
  • 特定化学物質等作業主任者技能講習修了
  • 鉛作業主任者技能講習修了
  • 化学物質管理者講習修了
  • マネジメントシステムリーダー研修修了
  • 公害防止管理者大気第四種資格認定講習修了
  • 基発372号に基づく労働安全衛生MS研修修了
  • RST講座(職長等教育講師養成講座)および安全衛生責任者教育講師養成講座修了 他

06受講の流れ

化学物質管理者講習 受講と修了証作成の流れ

SATの安全衛生教育講座は、労働局に確認済みのAI顔認証システムにより、いつでもどこでもPCやスマートフォンから受講できます。受講完了後、プラスチックカード版の方は5営業日以内に修了証を発送いたします。
※複数人でお申し込みの場合、全員の方の修了証作成の入力をいただいてからの発行となります。


※お支払方法が、クレジットカード・AmazonPay・PayPayの場合は、すぐに受講いただけます。
※お支払方法が、銀行振込・コンビニ払いの場合は、ご入金後より受講いただけます。

07受講方法

個別の場合監査人は不要。一斉受講の場合監査人は必要です。

業界初!顔認証による特別教育のWEB受講SATの 化学物質管理者講習の受講は、自宅、通勤中など事業所以外の場所でも、24時間いつでもWEB受講が可能です。
WEB受講では、AI顔認証システムにより、受講者様がしっかりと動画学習したことを確認ができ、受講状況が担保できるため、事業者様にて監視人を置く必要がありません(労働局確認済み)。

【特別教育の動画学習を実施するための条件】
※下記、厚生労働省により通達されている条件です。
「事業者が監視者を配置していないために、当該映像教材又はウェブサイト動画等の視聴・閲覧中に受講者が自由に離席できる場合等、各特別教育規程に定める教育時間以上当該学科教育が行われたことが担保できないもの」は無効となる。

実際に顔認証を導入されていない他社様で、無効になったケースが報告されております。


SATの安全衛生教育講座は、労働局確認済みのAI顔認証システムの導入により、動画学習を実施するための条件を満たしたものでございます。

※各事業者様にて監視人配置のもと、1画面での複数名に対する一斉受講をご希望の場合は、こちらよりお申込みください。


【必要なIT環境】

受講条件

カメラ付きスマートフォン・タブレット・PCであれば可能です。
eラーニングの推奨環境と、受講方法をご確認ください。
PDF閲覧ソフトはこちらより無料でダウンロードいただけます。

08修了証のサンプル

当社で受講された安全衛生教育・特別教育を1枚の修了証カードに ”無料” でおまとめします!

巻上げ機(ウインチ)の運転の業務特別教育修了証見本

  • 作成申請は受講期間内(ご注文日から60日以内)となります。
  • 複数名でご注文いただいた場合、すべての方が修了証作成申請を終えられてからカード等を作成します。また、複数名様分一括で、ご注文時に入力いただいた、ご注文者様の住所に送付いたします(個別の発送はいたしかねます)。

09ご注意点

  • 講座の特性上、返品対象外となりますのでご注意ください。
  • 注文時の自動返信メールにテキストや受講ガイダンスのダウンロード先が記載されていますので、必ず自動返信メールをご確認ください。
  • ご注文者様以外が受講される場合は、ご注文から20分以内に個別のアカウントを作成しご連絡いたします。
  • 顔と氏名が確認できる※本人確認書類をカメラで撮影して提出いただきます。
    ※例)運転免許書、マイナンバーカード、在留カード、その他会員カードなど
  • 銀行振込・コンビニ払いを選択された場合、ご入金後の受講開始となります。受講開始のメール連絡前にログインをされた場合、一旦ログアウトしページを再読み込み(キャッシュのクリア)してから、ログインしてください。
  • 申し込み後にアプリ版からプラスチックカード版に変更を希望される場合、発行手数料として1,700円が別途必要となります

「化学物質管理者講習」のご購入はこちらから

{{numberWithCommas(selectedProductPrice*1.1)}}円(税込み)
分割払い可月々{{numberWithCommas(selectedProductPrice*1.1/24)}}円×24回払いの例
 個別 / 一斉受講かお選びください
 数量をお選びください
  コースをお選びください
外国語字幕付きコースはこちら
 教材をお選びください
 見積りかカートに入れてください
お見積り
  • ※ 送料・金利手数料別
  • ※ クレジットカードなら分割払い可能です

よくある質問

化学物質管理者講習とは?

化学物質管理者講習は、「化学物質管理者」になるための講習です。化学物質の危険有害性を把握し、適切に取扱う方法等を幅広く含めた知識を学びます。 化学物質管理者は、リスクアセスメント対象化学物質の製造・取扱・譲渡提供を行う全ての事業場で(事業場規模にかかわらず)選任が義務付けられています。

化学物質管理者講習を修了するメリットは?

化学物質管理者講習は、受講を通して化学物質に関する知識をさらに深められるのがメリットです。 講習を修了することで知識を深められ、仕事の幅を現在よりも広げられます。 また、仕事の幅を広げて現場での経験を積めば自身の付加価値が高まるのもメリットです。 結果、キャリアアップなどにもつながるでしょう。

化学物質管理者講習の有効期限は?

現状において、化学物質管理者講習の有効期限に関する具体的な記述は見受けられません。しかし、法令では「事業者は、事業場における安全衛生の水準の向上を図るため、(中略)労働災害の防止のための業務に従事する者に対し、(中略)能力の向上を図るための教育、講習等を行い、又はこれらを受ける機会を与えるように努めなければならない。」と規定があり、これは本講習においても適用されると考えられます。そのため、今後は何年かに一度受講を推奨される可能性があります。 講習受講後も定期的に情報を集めるのがよいでしょう。

化学物質管理者の選任義務がある事業場は?

業種や職種にかかわらず、すべてのリスクアセスメント対象物の製造・取扱・譲渡提供を行う全ての事業者で選任が必要です。そのため、対象の事業場は、化学物質管理者に選任する労働者に講習を受けさせなければなりません。

化学物質管理者講習の受講内容と講義時間は?

化学物質管理者講習は、製造事業場向けと取扱事業場向けの講座でカリキュラムが異なります。 取扱事業場は学科講習6時間であるのに対し、製造事業場は学科9時間および実技3時間の内容で構成されています。 学科講習では化学物質の危険性や有害性等の表示・調査・結果に基づく記録、関係法令など幅広く学習します。実技講習では、学科で学んだリスクアセスメント手法の実習等を行います。

化学物質管理者講習に実技はある?

化学物質管理者講習は、製造事業場向けの講習でのみ3時間の実技講習が行われます。学科講習で学んだことを実際の現場で従事できるよう実技で学ぶ講習です。 実技講習を終えたら修了証が発行され、現場で従事できます。現場で労働災害発生を防止するためにも、実技講習には集中して取り組みましょう。

化学物質管理者講習を受講していない場合の罰則は?

化学物質管理者講習は、化学物質による労働災害防止を目的として受講が義務づけられているため、未受講者が従事した際は労働者や事業者に対して罰則が適用される可能性が高いといえます。 具体的には「6カ月以下の懲役または50万円以下の罰金」です。 また、未受講者の従事者は労働災害の観点からも非常に危険なので、必ず止めましょう。