フォークリフトの運転の業務に係る特別教育

フォークリフトの特別教育とは?受講内容や受講方法まで詳しく解説!

12,455人の方が、この記事を参考にしています。

フォークリフト運転特別教育は、最大荷重1トン未満のフォークリフトを操縦する際に必要な資格です。最大荷重1トン以上の場合は、特別教育ではなく運転技能講習の受講が必要となります。

フォークリフト運転特別教育の受講方法にはいくつかあるため、情報を集めたうえで自分に適した方法で受講することが大切です。

本記事では、フォークリフト運転特別教育の概要や受講内容、受講方法について詳しく解説します。

SATのフォークリフトの運転の業務に係る特別教育は
WEBでいつでもどこでも受講可能!

  • 24時間365、オンラインでの受講が可能!
  • 講座費用はわずか8,800円!(税込)(アプリ版の場合。アプリ+プラスチックカード版は税込9,350円)
  • 労働局確認済みのAI顔認証システム受講状況をしっかり担保!
  • 修了証はスマホアプリで即日自動発行!修了後すぐに受け取れます。
    ※プラスチックカードの修了証をお求めの方は、5営業日以内に修了証を発送いたします。

\ 詳しくはこちらをチェック /

フォークリフト運転特別教育とは?

フォークリフト運転特別教育は、最大荷重1トン未満のフォークリフトを操縦できる資格です。厚生労働省によって特別教育の受講が義務付けられています。

事業者は、労働者を雇い入れたときは、当該労働者に対し、厚生労働省令で定めるところにより、その従事する業務に関する安全又は衛生のための教育を行なわなければならない。

出典:厚生労働省 安全衛生教育 第59

事業者は、厚生労働省が定める危険・有害な業務に労働者を従事させる場合、特別教育を実施しなければなりません。フォークリフトの操縦に関しても厚生労働省が定めているため、特別教育の受講が必要というわけです。

フォークリフト運転特別教育を受講するメリット

フォークリフト運転特別教育を受講するメリットは、以下の通りです。

フォークリフトの運転特別教育を受講するメリット
  • 取得前より仕事の幅が広がる
  • 更新の必要がないので一度取得すれば長く使える
  • キャリアアップなどにつながる

フォークリフト運転特別教育を受講すれば、資格を取得する前よりも仕事の幅が広がります。仕事の幅が広がれば、今まで以上に企業から重宝される人材として従事可能です。

また、フォークリフト免許は、労働安全衛生法が管轄する国家資格です。

そのため、取得することでキャリアアップにつながったり、資格手当を支給している企業であれば年収アップさせたりできるでしょう。

フォークリフト運転特別教育と技能講習の違いって何?

フォークリフト講習は、運転特別教育と技能講習の2種類あります。どちらもフォークリフトに関する資格ですが、対応する最大荷重が異なるのが特徴です。

項目

最大荷重

講習機関

運転特別教育

1トン未満

・各事業者
・各都道府県労働局に登録された教育機関

運転技能講習

1トン以上

・各都道府県労働局に登録された教育機関

表の通り、運転特別教育を受講して得られる免許に対応しているのは最大荷重1トン未満のものだけです。

1トン以上になると運転技能講習の受講が必要となるため、受講する講習に関しては注意して確認しましょう。

フォークリフト運転特別教育は需要が高い!

フォークリフト運転特別教育は、今後も需要の高さが望める資格です。以下のように、フォークリフトを操縦できる技術者が求められる現場は複数あります。

  • 工場
  • 倉庫

フォークリフトを操縦するには、フォークリフトの種類や特徴、走行や荷役に関する案z燃装置の構造や取扱方法を正確に理解していなければなりません。

吹き出し左側用のアイコン

そのため、特別教育を受講して資格を取得するだけでも、今後の需要が期待できる資格といえるでしょう。

フォークリフト運転特別教育の受講内容

ここまでで、フォークリフト運転特別教育の概要や需要の高さについて解説しました。では、実際の講習はどういった内容で実施されるのでしょうか?

ここからは、フォークリフト運転特別教育の受講内容や受講方法を解説します。

フォークリフト運転特別教育の受講資格

フォークリフト運転特別教育は、満18歳以上であれば受講できます。学歴や実務経験に関しては、問われません。

そのため、現在18歳以上の方であれば、講習を取り扱っている機関に申し込んで受講すれば、修了証を効率よく取得可能です。

フォークリフト運転特別教育の実施内容

フォークリフト運転特別教育では、学科講習と実技講習が実施されます。それぞれの講習時間について詳しくみていきましょう。

学科講習の実施内容

学科講習の実施内容は、以下の通りです。

講習内容

講習時間

走行に関する装置の構造および取扱いの方法に関する知識

2時間

荷役に関する装置の構造および取扱いの方法に関する知識

2時間

運転に必要な力学に関する知識

1時間

関係法令

1時間

合計

6時間

学科講習では、フォークリフトの概要や操縦に関する知識を6時間の講習時間で学習します。学科は実技と違って実際に操縦することはありませんが、大きな事故を起こさず現場に従事するためには学科で学ぶ知識が必須です。

そのため、実際の現場での操縦を常に意識しながら集中して学科講習に臨み、必要な知識を身につけましょう。

実技講習の実施内容

実技講習の実施内容は、以下の通りです。

講習内容

講習時間

フォークリフトの走行の操作

4時間以上

フォークリフトの荷役の操作

2時間以上

実技講習では、学科講習で学んだ内容を実際にフォークリフトを操縦する講習です。講習時間も学科講習と同様、6時間以上行われます。

特別教育は、実技講習まで終えたら修了証が発行される流れです。そのため、実際の現場に備えて、実技講習で問題なくフォークリフトを操縦できるようになってから受講を終えましょう。

フォークリフト運転特別教育の受講料金

フォークリフト運転特別教育の受講料金は、受講する機関によって異なります。費用の相場としては、15,000円〜20,000円です。

また、講習機関によってはテキスト代(教材代)や修了証が別料金になることもあります。支払い方法なども講習機関で異なる可能性があるため、受講する前に支払い方法や受講料金は確認しておきましょう。

フォークリフト運転特別教育の受講方法

フォークリフト運転特別教育を受講する方法は、主に以下の3つです。

フォークリフト運転特別教育の受講方法
  • 現地で開催される講習機関の講習を受講する
  • 自社内で講習を実施する
  • Web講座を受講する

それぞれの受講方法について詳しく解説します。

受講方法①現地で開催される講習機関の講習を受講する

フォークリフト運転特別教育は、講習機関が実施する各都道府県の講習を受講することで修了できます。さまざまな機関が講習を取り扱っているため、受講費用や会場までの距離、講習と仕事のスケジュールを踏まえて受講する機関を選ぶのがよいでしょう。

また、フォークリフト運転特別教育の講習機関は、厚生労働省のホームページにある「登録教習機関一覧」から確認可能です。受講前にお住まいの地域の講習機関について確認してから講習に申し込んでください。

受講方法②自社内で講習を実施する

フォークリフトを取り扱う企業の場合、自社で特別教育を実施するのも1つの方法です。社内のフォークリフトを熟知した技術者が講師として特別教育を実施した場合でも資格取得は認められます。

自社で特別教育を受講する場合、講習のスケジュールを調整しやすいのがメリットです。講師や講習会場の日程に対して無理に調整する必要がありません。

また、一部の講習機関では出張講習も取り扱っています。出張講習も自社で特別教育を実施する方法の1つで、講習会場に足を運ぶ必要がありません。

講師の出張費用や宿泊費が含まれることがあるため事業者側が支払う金額は高くなりやすい傾向ですが、自社のスケジュールを優先して講習の実施日を決められます。特別教育を一定以上の人数に受講させたい場合におすすめの方法といえるでしょう。

受講方法③Web講座を受講する

講習会場に足を運んだり自社で実施したりする以外の受講方法として、Web講座の受講が挙げられます。Web講座は、専門の講師による動画講義などを視聴して受講する方法です。

Web講座の場合、講習会場に足を運ぶ必要はありません。出張講習を依頼する場合の宿泊費なども発生しないため、比較的受講料金を抑えられるのがメリットです。

Web講座を実施している機関は複数あるため、自分に適した機関で受講するのがよいでしょう。Web講座の具体的なメリットに関しては、後述します。

日中忙しい方であればWeb講座の受講がおすすめ

フォークリフト運転特別教育の受講を考えている方で、日中忙しくてまとまった時間が取れなかったり、隙間時間を活かして受講したい場合はWeb講座がおすすめです。

Web講座を受講すると、以下のメリットがあります。

Web講座の受講メリット!
  • 時間的制約がないので好きなタイミングで受けられる
  • 受講場所に関しても制限がない
  • スマホやタブレットで簡単に動画講義を視聴できる

SATでは、フォークリフト運転特別教育の学科に関してWeb講座を用意しております。実技講習に関しては各事業所で実施する必要がありますが、専門の講師が解説するわかりやすい動画講義で学科を修了できます。

また、SATの労働衛生教育講座は、労働局に確認済みのAI顔認証システムを導入しているのも特徴です。受講者の安全な受講が担保されており、受講後に修了証が5営業日以内に発行されるため、トラブルが生じることなく受講できます。

吹き出し左側用のアイコン

フォークリフト運転特別教育の受講方法にお悩みの方は、ぜひSATのWeb講座をご検討ください。

SATのフォークリフトの運転の業務に係る特別教育は
WEBでいつでもどこでも受講可能!

  • 24時間365、オンラインでの受講が可能!
  • 講座費用はわずか8,800円!(税込)(アプリ版の場合。アプリ+プラスチックカード版は税込9,350円)
  • 労働局確認済みのAI顔認証システム受講状況をしっかり担保!
  • 修了証はスマホアプリで即日自動発行!修了後すぐに受け取れます。
    ※プラスチックカードの修了証をお求めの方は、5営業日以内に修了証を発送いたします。

\ 詳しくはこちらをチェック /

フォークリフトの運転の業務に係る特別教育とは?

フォークリフトの特別教育は最大荷重1トン未満のフォークリフトを操縦できる資格です。受講内容は学科と実技の2つがあります。
ただし最大荷重1トン以上の機体を運転する場合には技能講習の受講が必要です。

フォークリフトの運転の業務に係る特別教育の受講方法は?

・講習に足を運ぶ
・自社で実施する
・Web講座の受講する
これらの受講方法がありますが、手軽に受講ができるWeb講座の受講がおすすめです。
SATでは、フォークリフト運転特別教育の学科講習のみWeb講座を取り扱っています。わかりやすい動画講義で、日々の隙間時間を有効活用しながら受講できるため、受講方法でお悩みの方はぜひSATのWeb講座をご検討ください。

『このブログについてお気づきの点等ございましたらこちらにご連絡下さい』

『フォークリフトの特別教育とは?受講内容や受講方法まで詳しく解説!』の記事について

    取りたい資格・知りたいことをお選びください