建築施工管理技士

「実務経験なし」から建築施工管理技士を目指す方法はある?

521人の方が、この記事を参考にしています。

建築施工管理技士に興味を持つ方の多くが、未経験で施工管理の仕事はできるのか、建築施工管理技士になれるのか、気になるのではないでしょうか。受験資格が複雑でわかりづらいところがあるため、今回は、建築施工管理技士の1級、2級それぞれの受験資格について解説します。

建築施工管理技士の資格取得には実務経験が必要

まず、建築施工管理技士の資格を取得するには必要な実務経験を満たしている必要があります。そして、受験資格は1級、2級で異なります。詳しく見ていきましょう。

1級、2級の実務経験の違い

建築施工管理技士の試験は「学科」と「実地」に分かれており、2級建築施工管理技士の実地試験の受験資格は、大学の建築系学科を卒業後1年以上の実務経験、指定学科以外の場合は卒業後1年6ヶ月以上の実務経験が必要です。学科試験は17歳以上であれば学歴や実務経験に関係なく受験ができます。

1級建築施工管理技士の実地試験の受験資格は、大学の建築系学科を卒業後3年以上の実務経験、指定学科以外の場合は卒業後4年6ヶ月以上の実務経験が必要です。

未経験から建築施工管理技士を取得する近道は、大学を出ている方であれば、現場経験を積みつつ学科試験を受験し、1年もしくは1年半後に実地試験を受けるというのが効率的な流れです。

実務経験なしでも建築施工管理技士になれる?

現状、実務経験なしに建築施工管理技士になることはできません。しかし、未経験・資格なしでも建築施工管理の求人はあります。未経験で入職し、現場経験を積みながら資格取得を目指すのが一番おすすめです。最短1年半で2級建築施工管理技士になることができます。

また、企業によっては資格取得等の支援制度があるので、積極的に利用しましょう。

未経験、資格なしでもOKな求人はある

建築業界は慢性的な人手不足から、未経験や建築施工管理技士の資格がなくても求人が出ている状況です。未経験や無資格だからといって最初から諦める必要はありません。

実務経験なしでも採用される理由

実務経験なしでも採用される理由は、建設業界の需要の高まりに対して技術者の数が圧倒的に不足しているためです。これは一時的な人手不足ではなく、建設業界の高齢化が進んでいるためです。今後は団塊世代の退職が見込まれるため、ますます人材不足は深刻化していきます。

また、建築施工管理技士の仕事は、工程管理、品質管理、安全管理など建設現場の管理に関わる色々な業務があるため、最初は皆、先輩スタッフのサポートから学びます。そのため、未経験が大きな問題にならないことも理由の一つとしてあげられます。

実務経験なしで建築施工管理技士の経験を積むには?

未経験から建築施工管理技士の経験を積むには最低限必要なスキルや準備があります。これから具体的に紹介します。

コミュニケーション能力を身に付ける

現場では資格の有無よりも、上司や同僚と関係性をよくするコミュニケーション能力や他業種の方たちとの連携、調整能力などが評価されます。建築施工管理技士に求められるのは、単純に親しくなる能力だけでなく、相手の主張を傾聴しながら、最適な答えを導き出す能力が求められます。

熱意をアピールする

未経験でも今後は何をしていきたいのか、将来に向けた熱意があれば、評価がされやすいでしょう。建築業界は慢性的な人手不足のため、人材育成に力を入れている企業が増えています。そのため、現在スキルがなくても、これから資格を取得する意思があることやビジョンをアピールすることは重要です。

まずは2級建築施工管理技士の資格を取得する

実務経験がない方は、現場で経験を積みながら2級建築施工管理技士の資格を目指すことがキャリアアップの最短ルートです。2級建築施工管理技士に合格するために必要な勉強時間は60時間といわれています。1日2時間の勉強を1ヶ月続けることを目安に学習を進めてはいかがでしょうか。

まとめ

建設業界でキャリアアップを考えている方にとって、特に資格は重要です。建築施工管理技士を取得すると、建築施工における知識と技術、実務経験があることへの証明となります。

また、建設工事現場では、2級以上の建築施工管理技士の有資格者を1名以上置くことが法律で決められているため、企業側から求められる需要の高い資格です。

まずは2級建築施工管理技士を目指すことをおすすめします。2級建築施工管理技士資格を保有することで仕事の幅が広がり、自身の市場価値を高めることができます。

SATのWeb講座なら、分かりやすい講義動画で、どこでも手軽に学習できます。

『このブログについてお気づきの点等ございましたらこちらにご連絡下さい』

『「実務経験なし」から建築施工管理技士を目指す方法はある?』の記事について

取りたい資格・知りたいことをお選びください