土木施工管理技士

土木工事の資格「土木施工管理技士」の年収は資格で変わる?

554人の方が、この記事を参考にしています。

土木工事は、橋や道路、鉄道、上下水道など、暮らしを支える建設工事です。土木工事のスペシャリスト資格である土木施工管理技士は、取得の有無で年収はどれくらい変わるのでしょうか?こちらでは、土木施工管理技士の基礎知識と年収との関係、資格の取得方法について解説します。

土木施工管理技士の仕事内容と年収とは?

土木施工管理技士の仕事内容と、資格による年収の違いについて見ていきましょう。

土木施工管理技士の仕事内容とは?

施工管理技士の国家資格の1つで、土木工事に特化した資格です。

土木工事における施工計画の作成や、建設現場に欠かせない作業工程、品質や安全面、費用面といったあらゆる管理を行います。また、建設用地の確保や周辺住民の説明、役所の手続きや事務処理など、現場以外の仕事も含まれます。

土木工事と一口にいっても、橋や道路、トンネル、空港などの交通網、海岸や港湾、ダムや河川、災害時の復旧など多岐に渡ります。これらの工事で主任技術者や監理技術者として働くには、土木施工管理技士の資格が必要になるのです。

土木施工管理技士の年収は資格で異なる

土木施工管理技士は1級と2級があり、できる仕事の範囲に違いがあります。

1級では、すべての土木工事において、作業工程の責任者である主任技術者、現場全体の指揮をとる監理技術者の両方を担うことが可能です。一方、2級では「土木・鋼構造物塗装・薬液注入」の3種類に分かれており、合格した分野の主任技術者として施工管理に携わります。このように、1級ではすべての土木工事で働けるため年収が高く、業務内容が限定される2級は年収が低いという傾向があります。

また、土木施工管理の全体的な平均年収は、約480万円というデータがあり、全業種の平均年収と比べるとやや高めです。1級を取得すると資格手当などの待遇がアップするため、年収450~700万円以上と平均より高くなります。一方、2級では300~600万円前後が相場といわれています。ただし、即戦力となる経験や知識があれば、2級でも年収600万円以上になるケースもあるようです。

土木施工管理技士の試験内容と勉強法

土木施工管理技士の基礎知識と合格率、合格に向けた勉強法を紹介します。土木工事で施工管理に携わっている方は、以下の内容をチェックしておきましょう。

土木施工管理技士の受験資格と試験内容

土木施工管理技士は、1級・2級ともに以下のような受験資格が設定されています。

<1級の受験資格>
・土木系、環境系、都市工学系の大学や専門学校などを修了する
・指定学科(土木工学・都市工学・衛生工学・交通工学及び建築学に関する学科)を修了した場合、大学は3年以上、短大・専門学校は5年以上、高校は10年以上の実務経験(指定学科以外は1年6か月の実務経験を追加)、学歴に該当しない場合は15年と実務経験が必要
・2級合格者は5年以上の実務経験、合格後5年未満かつ高校や専門学校で指定学科の修了で9年以上の実務経験、学歴に該当しない場合は14年以上の実務経験が必要

また、専任の主任技術者の実務経験がある方や、指導監督的実務経験年数が1年以上といった条件もあるので、受験前に確認しましょう。

<2級の受験資格>
・1級と同じ指定学科を修了
・上記指定学科を修了した場合、大学は1年以上、短大・専門学校は2年以上、高校は3年以上の実務経験(指定学科以外は、大学で1年6か月以上、短大で3年以上、高校で4年6か月以上の実務経験が必要)、何も該当しない場合は8年の実務経験が必要

また、土木施工管理技士は学科試験と実地試験があり、実地試験は学科試験に合格する必要があります。1級と2級、それぞれで出題される分野は次の通りです。

・1級学科…土木一般、専門土木、法規、共通工学、施工管理法
・1級実地…施工経験記述(必須問題)、土木、コンクリート、品質管理、安全管理、施工計画(選択問題)
・2級学科…1級と分野は共通
・2級実地…施工経験記述、土木、コンクリート(必須問題)、施工管理法、品質管理、安全管理、工程管理(選択問題)

また、1級・2級ともに学科試験は四肢択一のマークシート方式、実地試験は記述式で出題されます。

土木施工管理技士の難易度と合格率

1級の合格率は、学科試験は60%前後、実地試験は30%前後を推移しています。一方、2級の学科試験は30~60%前後、実地試験は20~30%前後と、年度によって合格率に幅があるのが特徴です。

1級は学科試験よりも実地試験の合格率が低いため、実地試験を攻略できるかが合格のカギといえそうです。2級の合格率に幅があるのは、学科試験の選択問題の選び方で得点が変わること、記述式の実地試験の難易度が高いことが要因と考えられます。記述式の実地試験は文章の読みやすさが得点に関係するといわれているので、実地試験に向けた対策が必要になるでしょう。

土木施工管理技士取得に向けた勉強法

土木施工管理技士を取得するには、学科試験の必須問題と選択問題、記述式の実地試験という3つの対策を行う必要があります。

学科試験の対策は、市販のテキストや過去問を活用し、知識を暗記する勉強法が効果的です。必須問題と施工管理の問題は、高得点が取れるように重点的に勉強しましょう。また、選択問題は分かりやすい分野を選ぶと、勉強がスムーズに進みます。

記述式の実地試験対策は、参考書や問題集で独学するよりも、講習会や通信教育の受講がおすすめです。見たり聞いたりして勉強できるので、問題集やテキストを読む独学よりも合格率アップが期待できます。

講習会は2~3日で集中的に講習を受けるタイプが主流です。そのため、自分のペースで勉強したい、講習会に参加する時間が取れないという方は、自宅にいながら勉強できる通信講座が最適でしょう。

通信講座は講習の動画を視聴し、専用のテキストを使って勉強するので、独学よりも分かりやすいのが魅力です。施工管理者として働きながら資格取得を目指す方は、通信講座の受講を視野に入れてみてはいかがでしょうか?

1級土木施工管理技士取得でキャリアアップを目指そう!

土木工事の施工管理の資格である土木施工管理技士は、1級と2級で業務範囲と年収が異なります。土木工事の施工管理に携わる方でキャリアアップしたい方は、土木施工管理技士の資格を取得するといいでしょう。資格取得に向けた勉強法は、市販の問題集や過去問を解くことでも対応可能ですが、記述式の実地試験は文章の書き方が点数に関わるので、講習会や通信講座の受講をおすすめします。

『このブログについてお気づきの点等ございましたらこちらにご連絡下さい』

『土木工事の資格「土木施工管理技士」の年収は資格で変わる?』の記事について

取りたい資格・知りたいことをお選びください