土木施工管理技士

2級土木施工管理技士の受験資格を分かりやすく解説!

167,865人の方が、この記事を参考にしています。

2級土木施工管理技士の受験資格は非常に煩雑ですが、学歴ごとにまとめると意外と簡単です。また、2021年から試験制度が改正されましたが、旧制度と共通している部分もありますので比較的理解しやすいのではないでしょうか。

今回はそんな受験資格の中でも「第一次検定(旧学科試験)が免除になる方」を中心に細かく解説していますので、ぜひ最後まで目を通してください。

受験資格と内容の違い

まずは2級土木施工管理技士の受験概要について、解説していきます。

受験料

第一次検定のみ/第二次検定のみ:5,250円
第一次検定・第二次検定の同時申込:10,500円

試験会場

2級土木施工管理技士の試験は、新制度へ移行しても学科試験に相当する第一次検定を前期と後期、1年に2回実施予定です。また、試験会場については、特に大きな変更点などはありません。

1)第一次検定(前期)※種別は土木のみ
札幌、仙台、東京、新潟、名古屋、大阪、広島、高松、福岡、那覇の10地区

2)第一次検定(後期)
札幌、釧路、青森、仙台、秋田、東京、新潟、富山、静岡、名古屋、大阪、松江、岡山、広島、高松、高知、福岡、鹿児島、熊本、那覇の20地区

3)第一次検定・第二次検定
2の試験地から熊本を除外した19地区 ※鋼構造物塗装及び薬液注入は札幌、東京、大阪、福岡の4地区のみ

試験内容

新制度の試験は、第一次検定の受験及び合格後に第二次検定を受験する流れとなっています。

そして、第一次検定と第二次検定、旧学科試験と実地試験の主な違いは、「施工管理法」に「能力」という項目が追加された点です。

ただし、今後さらに変更される可能性もあるため、適宜最新の情報を確認することが重要です。

1)第一次検定
試験方法:四肢択一のマークシート方式
試験時間:2時間10分(午前)
出題数/必要解答数:61問/40問
※土木施工管理技士試験は必須問題と選択問題がありますので、必要解答数さえ満たせば得意な科目以外は数問飛ばすことができます。ただし、改正後の試験制度では、問題数など変更する可能性もあるため、受験前に最新情報を確認しておきましょう。

試験科目

分野出題数必要解答数選択/必須
土木一般11問9問選択問題
専門土木20問6問選択問題
法規11問6問選択問題
共通工学4問4問必須問題
施工管理法15問15問必須問題

2)第二次検定

試験方法: 記述式
試験時間:2時間(午後)
出題数/必要解答数:9問/7問

試験科目

出題区分出題数解答数選択/必須
施工経験記述1問5問必須
土工1問
土工1問
コンクリート1問
コンクリート1問
品質管理1問1問選択
品質管理1問
安全管理1問1問選択
工程管理1問

2級土木施工管理技士の受験資格は?

2級土木施工管理技士の受験資格は、第一次検定と第二次検定で異なる部分があります。第一次検定より第二次検定の方が複雑な傾向です。

ここからは、第一次検定・第二次検定両方受験する方と第二次検定のみを受験する方の受験資格を細かく解説していきます。

第一次検定のみの受験資格

試験年度中における年齢が満17歳以上の方

第一次検定・第二次検定両方受験する場合の受験資格

第一次検定と第二次検定を同時に受験する場合は「学歴」+「実務経験年数」が受験資格になります。
学歴によって4つの区分がありますので、ご自身の該当する学歴から必要な実務経験年数を算出し、その実務経験を試験日前日までに満たしている必要があります。

また、指定学科卒業かどうかでも実務経験年数が変わりますので、学科に関しても確認しておくのも重要です。

区分学歴実務経験年数
指定学科卒業後指定学科以外卒業後
(1)大学
専門学校「高度専門士」
1年以上1年6ヶ月以上
(2)短期大学
高等専門学校
専門学校「専門士」
2年以上3年以上
(3)高等学校
中等教育学校
専門学校(「高度専門士」「専門士」を除く)
3年以上4年6ヶ月以上
(4)その他8年以上

実務経験に含まれる職務経験については、次の項目で細かく解説しています。

そして、指定学科は、土木工学科・農業土木科・森林土木科・鉱山土木科・砂防学科・治山学科・都市工学科・衛生工学科・交通工学科・建築学科・緑地科・造園科等に関する学科を指しています。

第二次検定の受験資格

第二次検定の受験資格は以下のいずれかに該当する方になります。イは、第一次検定と第二次検定を同時に受験する方を指しています。

ロの(1)と(2)は、旧制度の学科試験に合格した方を指しているのが特徴です。

その他は、指定の学歴を満たす、もしくは技術士法の第二次試験で指定科目を合格した方を対象としています。

ロの(3)のみ技術士法の第二次試験において指定科目を合格し、2級土木施工管理技術検定の第二次検定受検資格も持っていることが条件です。技術士法を受験していない方は、ロの(4)~(9)も確認してみるのがおすすめです。

ロの(4)~(9)は、高等専門学校・短期大学・大学いずれかを卒業し、指定期間以内に2級土木施工管理技術検定の旧学科試験を合格している必要があります。また、旧学科試験合格後に実務経験も必要ですが、必要な年数については各受験資格によって異なります。

2021年時点で旧制度の学科試験を受験した経験がない方もしくは合格していない方は、新制度の試験で第一次検定に合格するのが第二次検定の受験資格を得る主な方法です。

当年度の2級土木施工管理技術検定・第一次検定の受験者(「第一次検定のみ受験者」を除く)
(1)令和2年度2級土木施工管理技術検定 学科・実地試験の学科試験合格者
(2)平成28年度の学科試験のみ合格者で、2級土木施工管理技術検定 第二次検定の受検資格を有する者
(3)技術士法による第二次試験のうち技術部門を建設部門、上下水道部門、農業部門(選択科目を農業土木とするものに限る)、森林部門(選択科目を森林土木とするものに限る)、水産部門(選択科目を水産土木とするものに限る)又は総合技術監理部門(選択科目を建設部門若しくは上下水道部門に係るもの、「農業土木」、「森林土木」又は「水産土木」とするものに限る)に合格した者で2級土木施工管理技術検定 第二次検定の受検資格を有する者
(4)学校教育法による大学を卒業した者で在学中に施工技術検定規則(以下「規則」という)第2条に定める学科を修め、かつ、卒業後1年以内に平成27年度までの2級土木施工管理技術検定の学科試験に合格(在学中の合格も含む。以下同じ。)し、卒業した後4年以内に行われる連続する2回の2級土木施工管理技術検定・実地試験(第二次検定)を受験しようとする者で土木施工管理に関し1年以上の実務経験を有する者
(5)学校教育法による短期大学又は高等専門学校を卒業した者で在学中に規則第2条に定める学科を修め、かつ、卒業後2年以内に平成27年度までの2級土木施工管理技術検定の学科試験に合格し、卒業した後5年以内に行われる連続する2回の2級土木施工管理技術検定・実地試験(第二次検定)を受験しようとする者で土木施工管理に関し2年以上の実務経験を有する者
(6)学校教育法による短期大学又は高等専門学校を卒業した者で、平成27年度までの2級土木施工管理技術検定の学科試験に合格した後、学校教育法による大学を卒業(短期大学又は高等専門学校在学中及び大学在学中に規則第2条に定める学科を修めたものに限る)し、短期大学又は高等専門学校を卒業した後6年以内に行われる連続する2回の2級土木施工管理技術検定・実地試験(第二次検定)を受験しようとする者で土木施工管理に関し1年以上の実務経験を有する者
(7)学校教育法による高等学校又は中等教育学校を卒業した者で在学中に規則第2条に定める学科を修め、かつ、卒業後3年以内に平成27年度までの2級土木施工管理技術検定の学科試験に合格し、卒業した後6年以内に行われる連続する2回の2級土木施工管理技術検定・実地試験(第二次検定)を受験しようとする者で土木施工管理に関し3年以上の実務経験を有する者
(8)学校教育法による高等学校又は中等教育学校を卒業した者で、平成27年度までの2級土木施工管理技術検定の学科試験に合格した後、学校教育法による短期大学又は高等専門学校を卒業(高等学校又は中等教育学校在学中及び短期大学又は高等専門学校在学中に規則第2条に定める学科を修めたものに限る)し、高等学校又は中等教育学校を卒業した後7年以内に行われる連続する2回の2級土木施工管理技術検定・実地試験(第二次検定)を受験しようとする者で土木施工管理に関し2年以上の実務経験を有する者
(9)学校教育法による高等学校又は中等教育学校を卒業した者で、平成27年度までの2級土木施工管理技術検定の学科試験に合格した後、学校教育法による大学を卒業(高等学校又は中等教育学校在学中及び大学在学中に規則第2条に定める学科を修めたものに限る)し、高等学校又は中等教育学校を卒業した後8年以内に行われる連続する2回の2級土木施工管理技術検定・実地試験(第二次検定)を受験しようとする者で土木施工管理に関し1年以上の実務経験を有する者

2級土木施工管理技士の実務経験とは?

2級土木施工管理技士の受験資格にある実務経験とは、土木工事の施行に直接的に関わる技術上のすべての職務経験をいいます。

具体的には、以下3点のうち1つには該当している必要があります。
①受注者(請負人)として施工を指揮・監督した経験 ※施工図の作成や補助者としての経験も含む
②発注者側における現場監督技術者等  ※補助者としての経験も含む
③設計者等による工事監理の経験  ※補助者としての経験も含む

ただし、以下に該当する場合は“施行に直接的に関わらない”として実務経験として認められていません。

・施工に直接関わらない設計のみの経験
・建設工事の単なる雑務や単純な労務作業、事務系の仕事に関する経験

職務経験①~③のいずれかの実務経験は、第一次検定実施日の前日までに満たしている必要があります。

実務経験証明書は職場で発行されますので、自身が該当するか、また試験前日までに満たすことができるかは、職場に確認をしておくことが重要です。

また、早めに発行してもらうよう、適宜職場へ働きかけることも大切です。

2級土木施工管理技士を取得するメリット

最後に2級土木施工管理技士を取得するメリットを紹介します。

昇給や転職に有利になる

2級建築施工管理技士の資格を取得すれば、建築業の許可を得ている業者が工事を施工する際、元請け・下請け問わず必ず専任しなければならない、主任技術者になることができます。

法律で配置が決められているので、常に需要はあります。技術者達を束ね、施工管理全般を行う仕事なので出世のチャンスも高まります。資格手当などを給与に上乗せする会社も多いので、昇給する可能性も高くなるでしょう。

また、よりよい待遇を求めて同業他社に転職する場合も、資格は強力な武器になります。特に、施工管理技士として経験があれば30代以降でも有利な条件で転職しやすいです。

1級を取得するとさらにメリットがある

土木施工管理技士1級を取得すれば、主任技術者だけでなく監理技術者にもなれます。監理技術者とは、建設業許可を得ている業者が工事を行う際、下請契約の請負代金額の合計が一定額を超えた場合に配置が必要な技術者です。

つまり、1級を取得すればより大規模な工事現場の施工管理が可能になり、仕事の幅が広がります。需要も2級よりも1級のほうが高いので、2級を取得した方は、ぜひ1級取得も目指しましょう。

なお、2級を取得すれば実務経験が1級の受験資格を満たしていなくても、1級の第一次検定を受けることができ、合格すれば技士補の資格を取得できます。

まとめ

2級土木施工管理技士の第一次検定のみの受験資格は?

2級土木施工管理技士の第一次検定のみの受験資格は、満17歳以上です。実務経験などは定められていません。

ですから、高校在学中でも取得が可能です。高校・専門学校・大学などで専門学科に在籍している場合、在学中に2級の第一次検定だけ取得しておけば、土木施工管理技士の実務経験を積みやすくなります。

2級土木施工管理技士の一次と二次の両方を受験する場合は?

2級土木施工管理技士の第一次・第二次検定を間を空けずに取得したい場合、実務経験を積みましょう。

実務経験の期間は学歴によって異なっており、最短で大学の専門学科を卒業した場合の1年です。

なお、第一次検定に合格しないと二次は受けられません。

2級土木施工管理技士の実務経験とは?

2級土木施工管理技士の実務経験とは、監督や現場管理の仕事です。補佐役でも構いません。

2級土木施工管理技士補の資格を持っていれば、実務経験となる仕事に就きやすいでしょう。

なお、土木工事に関する雑務や、事務仕事は実務経験に含まれません。注意してください。

SATの土木施工管理技士試験対策で合格を掴み取ろう!

SATではさまざまな技術系資格取得のための教材を提供しています。

SATの土木施工管理技士講座は数ある資格講座の中でも大変好評を得ています。

なぜ注目されており人気なのか、答えはシンプルです。

「合格力」が違うからです。

この講座は、充実したフルカラーテキストの利用と最新のEラーニング技術により、圧倒的な合格率を誇る講師の指導をオンライン上で受けることが可能です。

また、1回目の受験での合格者が続出しており、その実績も業界各社より注目されています。

Eラーニング形式であるため、通勤通学時などのちょっとした空き時間でも勉強でき、効率的に学習を進めることができます。

ゼロから始めても合格を目指せるこの講座では、無料サンプルを提供していますので、まずは教材のサンプルから取り寄せてみませんか?

新しくYoutubeチャンネルを開設しました!視聴者の皆様からの声を元に、有益な情報をどんどん発信していきますので、ご視聴・ご登録よろしくお願いいたします!

『このブログについてお気づきの点等ございましたらこちらにご連絡下さい』

『2級土木施工管理技士の受験資格を分かりやすく解説!』の記事について

    取りたい資格・知りたいことをお選びください