管工事施工管理技士

【管工事施工管理技士】1級と2級の違いは?受験資格・試験問題など全解説

60,913人の方が、この記事を参考にしています。

空調などの配管工事の国家資格である管工事施工管理技士は、1級と2級に区分されています。

1級のレベルが高いことはおおよそ理解できますが、具体的にどのような違いがあるのか、ご存じない方も多いのではないでしょうか?

こちらでは、管工事施工管理技士の1級・2級において、受験資格と業務領域、試験問題などの違いについて解説します。

※ 記事内の情報は、令和5年度現在のものです。

【管工事施工管理技士】1級と2級の受験資格と業務領域の違い

管工事施工管理技士の1級・2級の受験資格と、業務領域について見ていきましょう。

受験資格の違い

管工事施工管理技士は受験資格を満たす必要があり、1級と2級で実務経験年数が以下のように異なります。

1級の受験資格

1級の第一次検定・第二次検定を受験する場合、1年以上の指導監督的業務を含め、以下の実務経験年数が必要です。

学歴実務経験年数
指定学科卒業指定学科以外卒業
大学
専門学校(高度専門士)
3年以上4年6ヶ月以上
短大
高等専門学校
専門学校(専門士)
5年以上7年6ヶ月以上
高校
中学
専門学校(「高度専門士」「専門士」を除く)
10年以上11年6ヶ月以上
その他15年以上

また、2級管工事施工管理技士の合格者は、以下の条件を満たすと受験可能です。(1年以上の指導監督的実務経験を含む)

区分学歴実務経験年数
指定学科卒業指定学科以外卒業
2級合格後の実務経験5年以上
合格後5年未満の者高校
中学
専門学校(「高度専門士」「専門士」を除く)
9年以上10年6ヶ月以上
その他12年以上

このように、2級合格後に5年以上の実務経験があれば、1級の受験資格が得られます。

吹き出し左側用のアイコン

実務経験年数が優遇される大学や短大の学歴がない場合、2級を取得する方法が最短ルートといえるでしょう。

また、受験資格と実地試験年数は細分化されており、管工事の選任の主任技術者経験、監理技術者の指導を受けた実務経験年数など、条件が異なるので確認が必要です。

また、指定学科とは、土木、都市工学、電気工学、機械工学など、建築学に関連する学科を指します。そして、高度専門士と専門士は、所定の要件を満たしたと文部科学大臣が認める専門課程を修了した称号です。

詳細は全国建設研修センターの1級管工事施工管理技士試験のページをご覧ください。

2級の受験資格

2級の第一次検定だけを受験する場合の受験資格は、「満17歳以上」であることです。学歴や実務経験年数の指定がないので、第一次検定を先に受験することも可能です。

ただし、第一次検定と第二次検定を同時に受験する場合、以下の条件を満たす必要があります。

学歴実務経験年数
指定学科卒業指定学科以外卒業
大学
専門学校(高度専門士)
1年以上1年6ヶ月以上
短大
高等専門学校
専門学校(専門士)
2年以上3年以上
高校
中学
専門学校(「高度専門士」「専門士」を除く)
3年以上4年6ヶ月以上
その他8年以上
技能検定合格者4年以上

また、第二次検定のみを受験する場合、第一次検定の合格と、第一次・第二次検定の受験資格を満たす必要があります。

2021年度4月より適用された受験資格緩和について

2021年度の4月より施工管理技士全般の受験資格が緩和されました。2級の第二次検定合格者が1級の第一次検定を受験する場合に限って受験資格が不要となりました。

第二次検定を受験する際には合格後5年以上の実務経験が必要ですが、2級の第二次検定合格の翌年から、1級の第一次検定は受験できます。

また、第一次検定の合格者には新規資格である「技士補」が付与されるようになりました。技士補が付与されると第一次検定が免除されて第二次検定を何度でも受験できます。

技士補になると監理技術者の配置義務が緩和されるといったメリットもあるため、管工事施工管理技士を目指す方にとっては、大きなチャンスといえるでしょう。

業務領域の違い

業務領域とは、業務上で務めることができる役割です。

施工管理士は、1級では大規模な建設工事にあたる特定建設業、それ以外の一般建設業において、専任技術者・主任技術者・監理技術者として認められます。

2級では一般建設業の専任技術者・主任技術者を務めることが可能です。

工事を請け負うためには、営業所に専任技術者、工事現場ごとに主任技術者を配置する必要があります。監理技術者は特定建設業者が請け負う大規模工事に配置が必要で、1級のみが務めることができる役割です。

吹き出し左側用のアイコン

1級は全ての役割を務められますが、2級では専任技術者と主任技術者に留まるのが大きな違いといえます。

経営事項審査の違い

経営事項審査とは、国や自治体の公共工事を請け負う際に必要な審査のことです。

施工管理技士の人数で点数がつけられるのが特徴で、1級は5点、2級は2点、監理技術者講習受講者は1点追加といった仕組みです。

1級の施工管理技士は点数が高いため、企業側にとって1級の有資格者が多ければ多いほどメリットがあります。

【管工事施工管理技士】1級と2級の試験問題の違い


管工事施工管理技士の試験は、1級・2級ともに第一次検定と第二次検定が課されます。そこで、1級と2級の試験問題の具体的な違いを確認しましょう。

第一次検定の違い

第一次検定はマークシートの4肢択一式で出題されます。1級では全73問中60問、2級では52問中40問を選択して解答します。1級も2級ともに、選択した問題の60%以上の正答で合格基準を満たします。

1級の出題科目は以下の6分野があり、必須科目と選択科目に分かれます。

項目詳細
必須一般基礎…環境工学、液体工学、熱工学など
必須電気、建築…電気動力一般、建築一般
選択発電所および変電所の設計および運転、送電線路および配電線路(屋内配線を含む。以下同じ。)の設計および運用ならびに電気材料に関するもの
選択空気設備、衛生設備…空気調和、上下水道、消防設備、浄化槽など
必須施工管理…施工計画、工程管理、品質管理、安全管理
選択関連法規…建築基準法、労働基準法、水道法、消防法、労働安全衛生法など

また、2級は問題数が少なくなるものの、出題科目は1級とほぼ同じです。

第二次検定の違い

第二次検定は第一次検定と異なり、全て記述式で解答します。出題科目は、施工要領図の判読、空気調和設備、給排水設備、労働安全衛生法、経験記述で、これらは1級と2級で共通です。

唯一の相違点は、工程管理が2級ではバーチャートの作成、1級ではネットワーク工程表であることです。

ただし、1級の出題傾向はより複雑になるため、難易度も高くなります。

例えば、空調設備と給排水設備では、2級に関しては留意点を4つ以上書けば点数がつきますが、1級では各種施工や試運転調整が絡むため、難易度が高くなるのです。

経験記述試験対策について

経験記述添削もSATなら懇切丁寧に対応!あなたを確実に合格へ導きます!

管工事施工管理技士の第二次検定には、1級2級共に「経験記述」という問題が例年必ず出題されます。

これは、過去に自分自身が経験した管工事に関する内容をひとつ選んで、その工事の概要や管理上で行なった事項について記述するという試験です。

経験記述試験はそれぞれが行なった工事が当然違うため、ひとりひとり解答内容が異なります。そのため試験対策が難しいと感じている人が多くいるです。

そこで、経験記述試験対策は通信講座がおすすめです。通信講座の場合、独学と違って経験記述講座の添削サービスがあります。添削するのは専門の講師が行うため、的確なアドバイスをもらうことができます。

吹き出し左側用のアイコン

管工事施工管理技士の試験を受けようと検討されている方は、通信講座で勉強をはじめてみてはいかがでしょうか。

SAT管工事施工管理技士講座
講座購入者全員経験記述「添削実例集」無料プレゼント!

  • 24時間365、オンラインでの受講が可能!
  • 分からないところがあっても、スマホ撮影して質問できる!
  • フルカラーのオリジナルテキストだから見やすくてやる気も持続!

\ 詳しくはこちらをチェック /

管工事施工管理技士 1級と2級の違いのまとめ

管工事施工管理技士の1級と2級の違いは?

管工事施工管理技士の1級と2級は、受験資格と業務領域に違いがあります。

学歴に基づく実務経験年数の差が大きいため、実務経験が少ない方は2級から1級を目指すのが最短ルートです。似ているようで大きな違いがあるので、特徴を理解してから受験しましょう。

管工事施工管理技士の1級と2級の業務の差は?

業務領域では1級は監理技術者になれるうえに、経営事項審査で5点加点されます。

一方、2級では専任技術者と主任技術者に限られます。1級の方が業務の範囲も当然広いため、現場では1級を所持している人材がより多く求められる傾向にあります。

『このブログについてお気づきの点等ございましたらこちらにご連絡下さい』

『【管工事施工管理技士】1級と2級の違いは?受験資格・試験問題など全解説』の記事について

    取りたい資格・知りたいことをお選びください