管工事施工管理技士

管工事施工管理技士の年収・給料は1級・2級で違う?給料アップのコツを紹介

716人の方が、この記事を参考にしています。

管工事施工管理技士を取得すると、配管工事の高い技術力を持つプロフェッショナルと認められます。配管工事はあらゆる建築物に欠かせないため、施工管理の中でも需要が高いのが特徴です。仕事に比較的困らない管工事施工管理技士ですが、どれくらいの年収なのか、1級と2級で差があるのか、気になる方も多いのではないでしょうか?こちらでは、1級・2級の給料と年収の違いと、給料アップを狙うコツについて解説します。

【1級・2級】管工事施工管理技士の給料と年収の違い

管工事施工管理技士の1級と2級の違いを踏まえ、それぞれの給料と年収について見ていきましょう。

1級と2級の違いとは?

1級と2級の大きな違いは、業務領域の広さです。1級は、特定建設業または一般建設業における「専任技術者」、建設工事における「主任技術者・監理技術者」の役割を務めることが可能です。一方、2級では一般建設業における「専任技術者・主任技術者」に留まります。

建築一式工事で4,500万円、それ以外では3,000万円という大規模な特定建設業は、1級だけが携われます。

2級管工事施工管理技士の給料・年収の目安

2級管工事施工管理技士の年収には個人差があり、300~600万円以上、給料に換算すると月額25~50万円程度と幅があるようです。管工事施工管理技士は実務経験が必須の資格ゆえに、経験や技術力などで給料に差が生じます。

管工事施工管理技士以外に複数の資格を所有していれば、より高収入を狙うことができるでしょう。

1級管工事施工管理技士の方が給料・年収が高くなる

1級管工事施工管理技士の収入も2級同様個人差がありますが、年収では400~700万円台、給料で30~60万円程度といったケースが見受けられます。1級は2級よりも資格手当が増える企業もあるため、比較的年収が高くなるでしょう。

また、国や自治体が発注する公共工事の競争入札に参加する場合、経営事項審査を受けなければなりません。1級の有資格者は経営事項審査で5点が加点されるため、企業側も待遇を良くする傾向があります。

管工事施工管理技士で給料・年収をアップするコツ


管工事施工管理技士は、働き方次第でさらなる収入アップが期待できます。需要が高い管工事施工管理技士としてキャリアを積むために、次のコツを実践してみましょう。

新しい知識を吸収する

建設業界は新たな技術が次々と登場し、日を追うごとに進化しています。今までの経験に頼るのではなく、新しい知識や技術を積極的に吸収することで、社内評価の向上につながるのです。

高い技術力が身に付けば、大規模な建設工事を行う大手ゼネコンの転職に有利になります。大手ゼネコンは建設業界の中でもトップクラスの年収を誇るため、大幅な収入アップが期待できます。

ほかの資格を取得する

2級の年収でも触れた通り、複数の資格があると仕事の幅が広がって収入もアップします。代表的な資格は、配管と関わりの深い「電気工事施工管理技士」でしょう。

空調設備の工事において、配管と受変電設備の知識を持っていると高く評価されます。空調設備工事の需要は堅調を保っているので、管工事施工管理技士以外の資格は積極的に取得し、経験を積むといいでしょう。

また、1級管工事施工管理技士を取得して2年の実務経験を積むと「建築設備士」、1級・2級を取得すると「社会保険労務士」を受験できます。

建築設備士は空調や換気、電気などの建築設備の設計、工事監理ができる資格です。管工事と関わりのある資格なので、取得しておいて損はないでしょう。社会保険労務士は企業の社会保険や年金などの相談ができる資格で、管工事とは無関係に感じるかもしれません。

しかし、建設業界に精通していると、建設系の社会保険労務士として活躍できるルートもあります。仕事の幅を広げるだけでなく、社会保険の知識を深めることに役立つでしょう。

管工事施工管理技士の給料・年収は級で異なる

管工事施工管理技士は1級の業務領域が広いため、給料と年収も2級より高くなる傾向があります。ただし、技術や監理技術者の経験などで個人差が生じます。

2級は1級よりもベースが低いものの、技術力を磨きつつ新しい知識を吸収する、複数の資格で仕事の幅を広げるなど、働き方次第で1級の年収に近づける可能性も十分あります。管工事施工管理技士は経験と技術が評価されるため、級に関係なく、日々の業務で腕を磨きましょう。

SATのWeb講座なら、分かりやすい講義動画で、どこでも手軽に学習できます。

『このブログについてお気づきの点等ございましたらこちらにご連絡下さい』

『管工事施工管理技士の年収・給料は1級・2級で違う?給料アップのコツを紹介』の記事について

取りたい資格・知りたいことをお選びください