管工事施工管理技士

【2024年度版】管工事施工管理技士合格をめざせるテキストや勉強方法を紹介!

35,642人の方が、この記事を参考にしています。

管工事施工管理技士は、空調機器やガス管、水道管といった生活に関わりの深い配管工事を担うことができ、キャリアアップや年収アップにつながる重要な資格です。

資格取得のためには、試験に合格をする必要があります。そこで今回は、独学で試験に臨む方に管工事施工管理技士に最短で合格をするために必要なテキストと勉強法を紹介します。

管工事施工管理技士合格をめざせるテキスト

まずは、管工事施工管理技士の試験対策に有効なテキストを紹介します。

管工事施工管理 第一次・第二次検定 問題解説集(地域開発研究所)

大手通販サイトのAmazonの管工事施工管理技士関連書籍で高い人気を誇るテキストです。

1級では第一次検定と第二次検定でテキストが分かれていますが、2級では第一次検定と第二次検定の問題と解説が1冊にまとまっています。毎年刊行されているため、最新の出題傾向が掴めます。

分野別 問題解説集 管工事施工管理技術検定試験 第二次検定 (GET研究所所長)

第二次検定で重要となる施工経験記述の書き方についての解説が分野別に収録されています。過去10年間に出題されたすべての問題に対応しています。

管工事施工管理技士のテキストの選び方

管工事施工管理技士は過去問題を中心に勉強し、出題傾向をみながら暗記することがおすすめです。しかし、わからない部分はテキストで確認したほうがいいでしょう。

また、人によっては分野別に勉強したい方、年度別で勉強したい方、と分かれるので、自分に合う方を選びましょう。

第一次検定の試験対策は過去問題を重点的に学習し、繰り返し解くことが効率的です。最低でも3回は繰り返し解きましょう。また、ネットワーク計算は得点を稼ぎやすい分野のため、苦手な方は重点的に勉強をして克服しましょう。

第二次検定の試験対策も過去問題を中心に学習を進めるのがおすすめです。また、第二次検定には文章で解答する必要のある記述の問題が出題されますので、添削サービスを使う等の対策が必要です。ですので、ただ暗記するのではなく、自分の経験と言葉をふまえて、説明できるようにしましょう。

令和6年度以降の受験資格の変更

令和6年度より、施工管理技士の受験資格が見直されることになりました。そのため、管工事施工管理技士の受験資格も変更となっています。以下を確認してください。

管工事施工管理技士 受験資格(令和6年度以降)

1級管工事施工管理技士
第一次検定

  • 19歳以上(試験実施年度末の年齢)

1級管工事施工管理技士
第二次検定

1級一次合格後の場合

  • 特定実務経験を含む実務経験3年以上
  • 監理技術補佐の実務経験1年以上
  • その他実務経験5年以上

2級二次合格後の場合

  • 実務経験5年以上
  • 特定実務経験1年以上を含む実務経験3年以上
    (いずれも1級一次合格者に限る)

2級管工事施工管理技士
第一次検定

  • 17歳以上(試験実施年度末の年齢)

2級管工事施工管理技士
第二次検定

  • 2級一次合格後、実務経験3年
  • 1級一次試験合格後、実務経験1年

新しい受験資格では、1級一次検定に関しての実務経験が一切不要となっており、年齢制限のみの受験資格となっています。表にもあるとおり試験実施年度末の年齢なので、試験日より後に19歳の誕生日を迎える人であれば1級一次試験に誰でも受験が可能です。

二次検定に関しては、以前までは学歴によって実務経験が細かく定められていたものが、試験合格後の実務経験年数が問われるようになりました。これにより、今まで実務経験年数が足らなかった人でも受験ができる人が増えたことでしょう。

なお表にある特定実務経験とは、請負金額4,500万円(建築一式工事は7,000万円)以上の建設工事において、監理技術者・主任技術者(当該業種の監理技術者資格者証を有する者に限る)の指導の下、または自ら監理技術者・主任技術者として行った経験のことになります。

管工事施工管理技士のおすすめの勉強法

先ほども触れましたが、管工事施工管理技士の一番効率のよい勉強法は、最初から過去問題を解き、解き方を覚えることです。

吹き出し左側用のアイコン

テキストを読み込んで理解した後に過去問題を解くより、始めから過去問題を解き、問題に書いてある解説や説明を読んで暗記したほうが効率よく学習ができるからです。

ただ、市販のテキストを使った学習方法では、集中力が続かないという方もいるかと思います。そういった方へは通信講座を使った学習方法がおすすめです。

資格学校へ通いながら学習を進める方法もありますが、管工事施工管理技士は受験資格に一定の実務経験が必要なため、仕事の合間のスキマ時間でも学習を進めることができる通信講座が向いています。

例えば、SATの管工事施工管理技士講座であれば、オリジナルの動画教材とテキストの両方を使って学習を進めていきます。

管工事施工管理技士に知識ゼロから30日間で合格!

動画教材はサンプルの動画をHPで公開しているので、購入前に講義の雰囲気を確認することも可能です。動画の中で講師の背景にテキストが表示されているので、動画教材だけでもある程度学習を進めることは可能です。

ただ、テキストが手元にある方がありがたいという人も多いかと思います。SATのテキストはフルカラーになっているため、イラストや図がみやすくなっています。

吹き出し左側用のアイコン

テキストは無料の資料請求することで実物に触れることも可能です。申し込みも送料も完全無料ですので、一度請求をしてみてはいかがでしょうか。

SAT管工事施工管理技士講座
講座購入者全員経験記述「添削実例集」無料プレゼント!

  • 24時間365、オンラインでの受講が可能!
  • 分からないところがあっても、スマホ撮影して質問できる!
  • フルカラーのオリジナルテキストだから見やすくてやる気も持続!

\ 詳しくはこちらをチェック /

管工事施工管理技士のテキストや勉強方法に関するまとめ

管工事施工管理技士のテキストの選び方は?

管工事施工管理技士の勉強には、過去問を解いて傾向を掴むことが必要不可欠です。ですので、テキストも過去問の解説に定評があるものを選びましょう。

出題範囲が広いので、過去問を繰り返し解くことで苦手分野をなくし、得意分野を増やしていくことが重要です。

管工事施工管理技士のおすすめの勉強方法は?

勉強しても苦手な分野を克服できない場合は、切り捨てることも1つの方法ですが、通信講座を利用し、確実に短期間で学力を高めることも検討しましょう。

通信講座はあらかじめ勉強のプランが組まれており、そのプランに合わせて学習をすることで合格がより確実なものになります。

『このブログについてお気づきの点等ございましたらこちらにご連絡下さい』

『【2024年度版】管工事施工管理技士合格をめざせるテキストや勉強方法を紹介!』の記事について

    取りたい資格・知りたいことをお選びください