第三種冷凍機械責任者

第三種冷凍機械責任者試験に最短で合格する方法!

29,213人の方が、この記事を参考にしています。

冷凍機械の保守管理に必要なのが第三種冷凍機械責任者の資格です。冷凍機械は、食品や食材を冷凍管理するための冷凍設備、空調設備や化学薬品工場などで使用される設備を指します。

第三種冷凍機械責任者試験を最短で合格するには、過去問を繰り返し解きながら、間違った問題を参考書で速やかに復習することが大切です。

この記事では、合格するための勉強時間や、勉強の進め方についてご紹介します。

第三種冷凍機械責任者試験はまずは過去問から

初めて第三種冷凍機械責任者試験の試験対策を始める場合、予備知識なしで過去問を一つ一つ解こうとしてもほとんどの問題が分からないでしょう。また、解答を見ても内容を理解できないかもしれません。

しかし、それでも一応ざっと過去問には目を通しておいたほうがよいといえます。

吹き出し左側用のアイコン

過去問と参考書に目を通した際は、100点を目指して全ての試験範囲を理解しようと考えないことも大切なポイントです。

あくまで目的は合格することであって、100点を目指すことではありません。さらに最短で合格するには、出題傾向の高い問題や解きやすい項目を中心に対策を行いましょう。最初の時点で傾向を掴むことで、勉強が進めやすくなります。

過去問と解答に目を通すことに不安を覚えて、複数のノートにいろいろと書き込むのは非効率的です。

吹き出し左側用のアイコン

ノートを作成する場合は、過去問の解答とメモは1冊のノートにまとめて、ノートの作成や準備そのものに時間をかけないようにしましょう。

もう1点は、過去問や参考書・テキスト類を、何冊も購入しないよう徹底しましょう。

複数の過去問や参考書に目を通しても、解説方法や構成の違いで暗記しにくく、時間とお金の両面でもったいない行動です。

第三種冷凍機械責任者のテキストは、書店やインターネット通販で販売されています。インターネット通販の場合は購入者のレビューも見ることができるので、参考にすると良いでしょう。

第三種冷凍機械責任者試験の勉強方法

過去問について把握したところで、次に具体的な第三種冷凍機械責任者の勉強方法です。

当たり前ですが、勉強方法を誤ってしまうといくら勉強しても合格には近づかない、もしくは合格に近づいてはいるが遠回りをしているといったことが起こります。

そうならないためには、第三種冷凍機械責任者試験に合格するという目標に対して効率的なルートで勉強を進めることが重要です。

1.まずは教材を購入する

試験対策を始めるには、テキストと問題集といった教材をそろえる必要があります。

教材の購入時に注意すべき点は、出版年がなるべく新しい本を選んで購入することです。中古の本屋にも教材が販売している可能性はありますが、古い年度の過去問しか載っていないことがあります。

吹き出し左側用のアイコン

最新の教材では、試験内容の傾向に合わせて内容が変わっていることもありますし、直近の過去問を反映させた内容になっているからです。

2.テキストを読み込んで理解する

過去問と解答をざっと見たら、テキストを読み込みます。

ここはひたすら理解に努めることが重要ですので、読んで理解できるのであれば、あえてノートを取る必要はありません。

吹き出し左側用のアイコン

ただただ書き写す作業は時間がもったいないので、理解すること、理解している過程で自然に覚えることを重視するほうが効率的です。

3.問題を解いて解答を理解する

テキストを一通り読み終えて理解できたら、問題を解いていきましょう。

問題を解いたら解答を読み込みます。この段階では一発で問題が解けなくても解答を理解できる必要があり、解答を見て理解できないようであればテキストを断片的に読み直します。

第三種冷凍機械責任者試験の合格に必要な勉強時間

第三種冷凍機械責任者試験の合格に必要な勉強時間を初心者、中級者、上級者の3つに分けて見ていきましょう。

まず初心者は実務経験もなく、勉強した経験もない方です。初心者の方は毎日2~3時間の勉強時間を確保してください。これだけの勉強時間を保ち続ければ、2ヶ月あれば合格レベルに達することができるでしょう。特に後半の1ヶ月は過去問を繰り返しときましょう。

少し実務経験があったり、過去に勉強経験のある中級者の方であれば、毎日1.5~2時間の勉強を1ヶ月続ければ合格圏内へと届くでしょう。初心者に比べて特に序盤の勉強が早く済むと思います。学習の終盤は初心者同様に過去問対策を徹底的に行いましょう。

数年間の実務経験がある上級者であれば、1ヶ月足らずでも合格できる学力に達することができるでしょう。とはいえ、決して油断をしないようにコツコツと学習を進めるようにしてください。

吹き出し左側用のアイコン

ただし、上記の学習時間はあくまでも目安です。試験は勉強すればするほど合格の確率が高くなりますので、自分の理解度に合わせて学習を進めていきましょう。

仕事などで忙しい方が最短で合格するには、第三種冷凍機械責任者試験の過去問を繰り返し解きながら学習を進めてみましょう。

過去問を繰り返し解くことによって出題傾向をつかめますし、間違った問題を復習することで、理解度も深められます。短い時間でも、ポイントをおさえることが可能になるのです。

第三種冷凍機械責任者試験をオンライン講座で対策する

自慢のSAT教材の内容をぜひご確認ください。

第三種冷凍機械責任者試験は、オンラインの講座でも対策することが可能です。

例えば、通信教育SATの第三種冷凍機械責任者講座であれば、動画とテキストの2つの教材を使って学習を進めることができます。動画とテキストはどちらもオリジナルで、動画の内容もテキストに準拠しています。

動画では専門の講師によるわかりやすい解説で講義が進むので、テキストだけで勉強を進めるより理解する速度が早まることでしょう。

またSATの講座でEラーニングコースを選択すれば、インターネット上で講義動画を視聴できます。PCはもちろんスマートフォンやタブレットで視聴できるので、例えば移動中の電車内でスマホで動画視聴をし、帰宅後にPCを使って続きから視聴するということも可能です。

吹き出し左側用のアイコン

Eラーニングは隙間時間でも学習することができ、より最短での合格に近づく方法です。第三種冷凍機械責任者試験の受験を検討している方は、オンライン講座で勉強を始めてみてはいかがでしょうか。

SAT第三種冷凍機械責任者講座
動画とテキスト教材効率的合格が可能

  • 24時間365、オンラインでの受講が可能!
  • 分からないところがあっても、スマホ撮影して質問できる!
  • フルカラーのオリジナルテキストだから見やすくてやる気も持続!

\ 詳しくはこちらをチェック /

『このブログについてお気づきの点等ございましたらこちらにご連絡下さい』

『第三種冷凍機械責任者試験に最短で合格する方法!』の記事について

    取りたい資格・知りたいことをお選びください