第三種冷凍機械責任者

第3種冷凍機械責任者試験に合格するための勉強時間とは

963人の方が、この記事を参考にしています。

これから第3種冷凍機械責任者の資格取得を目指す方に向けて、この記事では、第3種冷凍機械責任者試験に合格するためにはどのくらいの勉強時間が必要なのか、また具体的にどのように勉強を進めればよいのかをご紹介します。

第3種冷凍機械責任者試験の合格に必要な勉強時間

第3種冷凍機械責任者試験の合格に必要な勉強時間は、個人の集中力や今までに学習してきた科目などによって変わってきます。特に熱、流体系の科目を学んだことがある人は土台となる知識をすでに保有している分有利でしょう。

条件に個人差はあるものの、平均的に考えて毎日2時間、30日程度勉強すれば合格レベルに達します。ただし、集中して学習に取り組むことが前提の時間なので、例えば体調が万全ではなかった、仕事終わりに勉強しようと思ったが眠かったなんてこともあるでしょう。 そう考えると、スケジュールに余裕を持たせて勉強に取り組んだほうがよいです。
また、働きながらだと毎日2時間の勉強時間を確保するのが難しいかもしれないので、余裕を持って2~3カ月程度の勉強期間を確保しておくのがよいでしょう。

期間設定に余裕を持たせておけば、時間がなくて勉強できない日があった、どうしても集中できなかったといった日があっても安心です。1カ月などの短期間で勉強する場合、休みの日はある程度長めに勉強時間を確保したほうがよいでしょう。 1日平均2時間程度の時間を確保すればよいので、出勤日に勉強できなかった分休みの日に8時間程度勉強して4日分充てるということも可能です。

とはいえ、長時間集中力を維持するのは難しいので、やはり働きながら受験する人はスケジュールに余裕を持たせておいたほうがより確実でしょう。

第3種冷凍機械責任者試験の勉強方法

勉強時間を把握したところで、次に具体的な勉強方法です。当たり前ですが、勉強方法を誤ってしまうといくら勉強しても合格には近づかない、もしくは合格に近づいてはいるが遠回りをしているといったことが起こります。

そうならないためには、第3種冷凍機械責任者試験に合格するという目標に対して効率的なルートで勉強を進めることが重要です。

まずは教材を購入する

テキストと問題集を使って勉強を進めるので、まずは教材をそろえる必要があります。具体的におすすめの教材を紹介しますが、必ず最新版を購入するようにしてください。なぜなら、試験内容の傾向に合わせて内容が変わっていることがありますし、最新の過去問題を反映させた内容になっているからです。

U-CANの第3種冷凍機械責任者 合格テキスト&問題集

著者:ユーキャン冷凍機械責任者試験研究会 テキストと問題集がセットになった一冊です。イラスト付きの解説で理解しやすく、完全初学者にもおすすめです。また、この一冊で合格に必要な知識を身につけたうえで問題慣れもできる構成になっています。

トコトンわかりやすい! 第3種冷凍機械責任者試験完全テキスト

著者:佐藤 英男 テキストに特化した書籍です。過去問題とテキストを別々に購入する場合、一冊はテキストに特化した書籍にするとよいでしょう。

2020年版 第3種冷凍機械責任者試験模範解答集

著者:電気書院 過去問題とその模範解答がまとめられた一冊です。過去問題の傾向をつかみ、模範解答を理解したうえで把握しておけば、本番でも試験問題を解けるはずです。 ただし、いきなり問題と解答だけ見ても理解できない可能性があるので、初学者の方は特にテキストで土台を固めつつ過去問題に取り組む必要があります。

先に過去問題と解答にざっと目を通す

初学者の場合、特にいきなり過去問題を解こうとしても難しいでしょう。また、解答を見ても理解できないかもしれません。しかし、それでも一応ざっと目を通しておいたほうがよいです。
なぜなら、先にどのような問題が出題されるのか、どこがわからないのか、もしくはまったくわけがわからないのか、状況を把握しておいたほうが学習効率が高まるからです。

いきなりテキストから取りかかってもよいのですが、先に問題をある程度把握しておいたほうがテキストを読むときの要点がわかります。例えば、「ここは試験に出題されていた」などの意識があれば勉強にメリハリがつき、定着しやすくなるでしょう。

テキストを読み込んで理解する

過去問題と解答をざっと見たら、テキストを読み込みます。ここはひたすら理解に努めることが重要なので、読んで理解できるのであればあえてノートを取る必要はないでしょう。
書き写す作業は時間の無駄なので、理解すること、理解している過程で自然に覚えることを重視するとよいでしょう。

問題を解いて解答を理解する

テキストを一通り読み終えて理解できたら、問題を解きます。問題を解いたら解答を読み込みます。この段階では一発で問題が解けなくても解答を理解できる必要があり、解答を見て理解できないようであればテキストを断片的に読み直します。

まとめ

第3種冷凍機械責任者試験合格に必要な勉強時間は、1日2時間×30日程度、勉強方法はテキストと過去問題を中心に地道に進めていくということでした。 仕事をしながらの勉強は大変で、最初はなかなか頭に入りにくいといったことがあるかもしれませんが、正しい方法で、投げ出さずに着実に勉強を進めるのがベストです。

SATのWeb講座なら、分かりやすい講義動画で、どこでも手軽に学習できます。

『このブログについてお気づきの点等ございましたらこちらにご連絡下さい』

『第3種冷凍機械責任者試験に合格するための勉強時間とは』の記事について

取りたい資格・知りたいことをお選びください