低圧電気作業主任者特別教育

低圧電気取扱業務特別教育とは?内容や対象者を解説

26,114人の方が、この記事を参考にしています。

事業場や工場などの作業者が用いる電気機器には低圧の電気が使用されています。
しかし、危険が伴う作業となるため、作業者は「低圧電気取扱業務特別教育」の受講が必要です。

作業者の安全を確保するために受講するので、特別教育がどういった目的で実施されるのか、その概要と実施内容についての情報を集めておきましょう。

そこで今回は、低圧電気取扱業務特別教育の実施内容について解説します。
特別教育の概要とWeb講座についても一緒に確認してください。

低圧電気取扱業務特別教育とは

一般的に、低圧の電気(直流750V以下、交流600V以下)は事業場や工場などの作業者が用いる周辺の電気機器にて使用されています。

しかし、電気による感電災害の死亡者数は、低圧電気による件数が高圧(低圧以上7,000V以下)などの電気事故件数を上回っているのが現状です。

これは、低圧が高圧よりも安易に見られがちなこと、電気が目で見ることができない存在であることから作業者の認識不足が発生の要因とされています。

こういった認識不足による事故は、作業者がきちんとした知識を身に付けることで、絶縁保護具を着用し、停電作業を徹底するなどの事故防止につながります。

労働者の安全と健康の確保、電気工事の欠陥による災害を防止するために、労働安全衛生規則により、低圧電気取扱業務は「危険または有害な業務」に指定されています。

また、事業者は、危険有害業務に労働者を従事させる場合、規定された特別教育を実施しなければならないと労働安全衛生法第59条にて定められています。

つまり低圧電気取扱業務特別教育が実施されるのは、作業従事者の安全を確保するためです。

では、低圧電気取扱業務特別教育は、どのような内容で実施されるのでしょうか?
次のセクションでは、特別教育の実施内容について解説します。

低圧電気取扱業務特別教育の内容

続いて、低圧電気取扱業務特別教育の実施内容について解説します。
受講内容や受講料金などの情報をそれぞれ確認してください。

受講内容

低圧電気取扱業務特別教育では、学科と実技の2つが実施されます。
学科の受講内容については、次のとおりです。

項目受講時間
低圧の電気に関する基礎知識1時間
低圧の電気設備に関する基礎知識2時間
低圧用の安全作業用具に関する基礎知識1時間
低圧の活線作業及び活線近接作業の方法2時間
関係法令1時間
合計7時間

上記が学科の実施内容です。
実技は、作業者が行う業務によって受講時間が異なるので注意してください。

業務内容項目受講時間
充電電路の敷設もしくは修理の業務低圧の活線作業及び活線近接作業の方法6時間以上
充電部分が露出している開閉器の操作の業務1時間以上

上記が実技の実施内容です。
短くて8時間、長くて14時間の講習時間で特別教育が実施されます。

自分自身の安全を確保するといった意味でも、特別教育では真剣に取り組みましょう。
特別教育受講後に修了証が発行されると、作業者は業務に従事できます。

受講料金などを確認して実施機関に特別教育の受講を申し込んでください。

受講料金

特別教育の受講料金ですが、これは受講する機関によって異なります。
一般的には1日コースで9,000円~10,500円、2日コースで18,000円~21,000円の受講料金が必要です。

自分に合った受講機関を選択しましょう。

受講対象者

次の業務を行う方は、特別教育の受講が必要です。

No対象業務
1低圧の充電電路の敷設もしくは修理の業務
2配電盤室、変電室など区画された場所に設置する低圧のうち充電部分が露出している開閉器の操作の業務

学科7時間に加えて、対象業務によって受講時間の異なる実技の受講が必須であるため、特別教育のカリキュラムは必ず確認してください。

特別教育を行わなかった場合の罰則

もし、特別教育を実施せずに作業者を該当業務に従事させた場合には、事業者に対して次の罰則が科せられます。

項目内容
罰則の条件該当業務の特別教育を行わなかった場合
罰則内容6ヶ月以下の懲役または50万円以下の罰金

特別教育を実施する目的は「作業者の安全を確保するため」です。
電気による感電災害を防止するためにも、作業者は必ず特別教育を受講しましょう。

低圧電気取扱業務特別教育はWebでも受けられる

低圧電気取扱業務特別教育は、Web講座でも受講できます。
Web講座で1番おすすめなのが、SATのWeb講座です。

SATのWeb講座を参考にして、特別教育をWebで受講するメリットを解説します。メリットは以下の3つです。

・場所を選ばずに受講できる
・好きなタイミングで計画的に受講できる
・内容を聞き逃しても聞き直しが可能

場所を選ばずに受講できる

SATのWeb講座は、動画講義を用いた内容であるため、場所を選ばずに受講できるのが第1のメリットです。

Web講座であれば、講習会場や会社などの決められた場所で受講する必要がないため、自宅などの好きな場所で受講可能です。

スマホやタブレット、パソコンなど、好きなデバイスで講義を見られるので、自分の好きな場所で特別教育を受講したい方には最適と言えるでしょう。

好きなタイミングで計画的に受講できる

SATのWeb講座は受講する場所を選ばないため、自分の好きなタイミングで動画講義を見られるのも魅力的です。

例えば、通勤途中の交通機関内や会社の隙間時間などは、通常の特別教育であれば活用できませんが、Web講座を受講する場合は動画講義の閲覧時間に使用できます。

毎日の隙間時間が有効活用できるため、仕事が忙しい方でも計画的に受講を進められるのがWeb講座を受講するメリットと言えるでしょう。

内容を聞き逃しても聞き直しが可能

Web講座の動画講義は、講習期間内であれば何度でも見直しが可能です。
そのため、内容を聞き逃した場合でも簡単に復習できます。

講習であれば、質問できる環境にはあるものの、わからないことをくり返し教えてもらうことは容易ではありません。

しかし、Web講座の場合は、自分の好きな時間とタイミングで受講するため、わからない部分があっても理解できるまで解説を見直せます。

特別教育の目的は「作業者の安全を確保するため」なので、作業者が必要な知識を身に付けるといった意味ではWeb講座の動画講義は非常に効率的と言えるでしょう。

まとめ

今回の記事では、低圧電気取扱業務特別教育の概要と実施内容について解説しました。

電気は視覚で認識できないため、作業者自身が安全の意識を持って従事することが感電災害を防止するうえでもっとも大切です。

事業者も作業者の安全を確保するために特別教育を受講せず従事させるのは、罰則もあるので絶対に辞めましょう。

Web講座を受講すれば好きなタイミングで効率よく進められるため、仕事が忙しく講習を受けに行くことが難しい方にもおすすめです。

自分に合った方法で低圧電気取扱業務特別教育を受講しましょう。

SATのWeb講座なら、分かりやすい講義動画で、どこでも手軽に学習できます。

『このブログについてお気づきの点等ございましたらこちらにご連絡下さい』

『低圧電気取扱業務特別教育とは?内容や対象者を解説』の記事について

取りたい資格・知りたいことをお選びください