低圧電気取扱者特別教育

低圧電気取扱業務特別教育をWebで受講するメリットを紹介!

5,863人の方が、この記事を参考にしています。

低圧電気取扱業務特別教育は複数の方法で受講可能です。

このページでは、低圧電気取扱業務特別教育をWeb講座で受講するとどのようなメリットがあるかを紹介しています。また他の受講方法についても解説しているので、参考にしてください。

低圧電気取扱業務特別教育Web講座のメリット

低圧電気取扱業務特別教育はWeb講座で受講するのがおすすめです。

講義を受けに行くことに比べてメリットが以下の3つあるからです。

Web講座のメリット!

  • 好きなタイミングで受講できる
  • 自宅で受講できる
  • 自分のペースで学習できる

Web講座は複数の団体が実施していますが、ここではSATのWeb講座を例にご紹介します。

好きなタイミングで受講できる

SATのWeb講座はあらかじめ録画されている講義を見るので、直接会場に行く場合や講師を呼ぶ場合に比べて、時間の融通が利きます。

吹き出し左側用のアイコン

ほとんどの方は働きながら低圧電気取扱業務特別教育を受ける必要があるかと思うので、Web講座だと空いた時間や隙間時間を使って勉強できます。

自宅で受講できる

Web講座は自宅で受講できるので、会場に行く必要がありません。移動にかける時間や費用を節約できますね。

新型コロナウイルスの影響でソーシャルディスタンスという考え方が広まりました。
Web講座なら自宅で受講できるので、様々な感染症のリスクなどを気にせずに済みます。

自分のペースで学習できる

Web講座なら途中で一時停止してもう一度同じ個所を見直したり、自分のタイミングで休憩をはさんだりすることが可能です。

講師が講義をしている場合、当然自分のタイミングで休憩を挟んだりすることはできません。

吹き出し左側用のアイコン

自宅で自分のペースで自由に受講できるWeb講座は、受講者の負担も減らします。

低圧電気取扱業務特別教育Web講座の注意点

ここまで低圧電気取扱業務特別教育Web講座のメリットを紹介してきましたが、Web講座にも注意する点がありますので、紹介しておきます。

オンライン環境と視聴する機器が必要である

SATのWeb講座は、その名の通りWeb上で受講をする講座のため、オンラインに接続できる環境が必須となります。また、オンラインに接続ができる機器も必要です。

SATの講義動画はPCはもちろん、スマートフォンやタブレット端末でも視聴が可能です。そのため、4Gや5Gといった回線でも十分に視聴は可能です。

講義を受講する際は、電波環境のよい場所で受講するようにしましょう。

実技は別途対面にて実施する必要がある

低圧電気取扱業務特別教育には、学科科目の他に実技科目があります。SATのWeb講座では学科科目は全て受講できますが、実技科目に関しては対面にて別途実施する必要があります。その際には、実技の実施責任者のもとで安全を十分確認した上で行うようにしてください。

低圧電気取扱業務特別教育とは?対象者は?

低圧電気取扱業務特別教育とは、低圧電気関連の対象業務です。感電のおそれがある業務にあたる人が受講する必要がある教育です。

講習の内容は学科が7時間で、低圧の電気、低圧の電気設備、低圧用の安全作業用具に関する基礎知識、低圧の活線作業および活線近接作業の方法、関係法令などを学びます。

さらに実技が1時間または7時間あって、ここでも低圧の活線作業および活線近接作業の方法を学びます。

低圧電気取扱業務特別教育の受講対象者

低圧電気取扱業務特別教育の受講対象者は特定業務を行う人です。具体的には、充電電路の敷設もしくは修理の業務、充電部分の露出した開閉器の操作の業務の2つです。

吹き出し左側用のアイコン

これらの業務では感電するリスクがある場合、低圧電気取扱業務特別教育を受講することで安全性の向上を図っています。

低圧電気取扱業務特別教育を受ける他の方法

低圧電気取扱業務特別教育を受ける方法には複数の選択肢があります。

講習を受けに行く

全国各地で低圧電気取扱業務特別教育の講習が開かれています。

講習料金の目安としては10,000円前後で、実技講習のカリキュラムによって費用が異なります。

ただし、全国様々な講習機関が行っているとはいえ、毎日のように開催しているわけではありません。またほとんど講習が事前予約が必要です。定員オーバーになると受講ができませんので、早めに予約をしておくようにしましょう。

出張講習サービスを使う

出張講習サービスを使って、自社などに外部から来てもらうことも可能です。料金は講習を受けに行くよりも高めに設定されていますが、複数人分の料金になっています。最大で50人程度受講できるの

吹き出し左側用のアイコン

ここに喋らせたいテキストを記入する。

で、人数が多い場合出張講習のほうがむしろ安い場合もあります。

具体的な金額は地域によっても異なりますが、出張講習費が10~20万円程度、さらに交通費、場合によっては宿泊費もかかります。

自社で講義を行う

低圧電気取扱業務特別教育は、自社で講師を育成してその講師による講義を行うということも可能です。ただし誰でも講義ができるわけではなく、講師になるための講習があります。

受講料は低圧電気取扱業務特別教育も高く、数万円程度はかかります。また講師としての知識を身につける必要があるので、研修期間が数日間程度あります。

低圧電気取扱業務特別教育はWeb講座がおすすめ!

低圧電気取扱業務特別教育には複数の受講方法がありますが、Web講座を受けることもおすすめです。自宅で気軽に自分のペースで学習を進められることが最大の強みでしょう。

また事前予約も必要ではないので、「講習の日を予約していたにも関わらず、急な仕事で参加できない」といった心配もありません。

吹き出し左側用のアイコン

実技は別途実施する必要がありますが、7時間ある学科講義を全てWebで受講できるメリットはとても大きいでしょう。低圧電気取扱業務特別教育を受講予定の方は、ぜひWeb講座を検討してみてください。

SATの低圧電気取扱者特別教育は
24時間365、オンラインでの受講可能!

    • スマホまたはPCがあればどこでもかんたん受講できる
    • 労働局確認済み!端末のカメラ受講状況をしっかり担保
    • 修了証はスマホアプリで即日自動発行!修了後すぐに受け取れます。
      ※プラスチックカードの修了証をお求めの方は、5営業日以内に修了証を発送いたします。

\ 詳しくはこちらをチェック /

『このブログについてお気づきの点等ございましたらこちらにご連絡下さい』

『低圧電気取扱業務特別教育をWebで受講するメリットを紹介!』の記事について

    取りたい資格・知りたいことをお選びください