第三種冷凍機械責任者

最短1ヶ月で合格できる?第三種冷凍機械責任者試験に必要な勉強時間は?

7,248人の方が、この記事を参考にしています。

第三種冷凍機械責任者試験に合格するためには、計画的に勉強する必要があります。

しかし、「どのタイミングで試験勉強を始めたら良いか分からない」といった受験者は少なくありません。

受験者によって勉強時間が異なりますが、ある程度の計画を立てていなければ試験までに時間が足りず、知識が不十分なまま試験に臨むことになるでしょう。

こういった場合の結果としては、合格できないことの方が圧倒的に多いです。

そのため、今までの受験者や合格者の勉強を始めたタイミングと勉強時間、勉強方法のポイントについての情報は集めておきましょう。

そこで今回は、第三種冷凍機械責任者試験に必要な勉強時間について解説します。
合格までにどれくらいの勉強時間が必要か確認しましょう。

第三種冷凍機械責任者試験の勉強時間

第三種冷凍機械責任者試験の勉強時間についてですが、これは事前知識や受験した経験がある人と無い人で異なります。

それぞれどのくらいの勉強時間が必要なのかを見ていきましょう。

まず始めに、事前知識を有している人についてですが、これは「機械系の学科を専攻された方、熱・流体系の科目を学んだことがある方」が当てはまります。

こういった人は約2ヶ月の勉強期間を設けましょう。

第三種冷凍機械責任者試験の参考書を読んで過去問を解くことで、ある程度の問題には対応できるようになります。

ただ、試験の出題形式が他の資格試験と異なるため、過去問を解きながら問題の形式に慣れておくことは必要です。

1日1時間~2時間の勉強をコツコツ続けて合格できる力を身に付けましょう。

次に、事前知識を有していない人についてですが、これは「機械系の学科を専攻されていない方、文系を卒業している方」が当てはまります。

こういった人は約3ヶ月~4ヶ月以上の勉強期間を設けてください。

始めのうちは参考書を読んだとしても分からない内容ばかりなので、少しずつ基礎を固めていくことが重要です。

そのため、最初の1ヶ月~2ヶ月で基礎を固めて、残りの勉強期間で過去問を解き、試験の出題形式に慣れておくようにしましょう。

また、勉強も適当に日を決めて行うのではなく、ほぼ毎日実践する必要があるため、1日1時間程度の無理のない勉強時間で効率の良い勉強をしましょう。

無理のない勉強でモチベーションを維持するのが、合格するためにかなり重要です。

次のセクションで紹介する第三種冷凍機械責任者の試験内容と難易度について確認しながら、どういった内容を勉強するのかイメージしてください。

第三種冷凍機械責任者の試験内容と難易度

続いて、第三種冷凍機械責任者の試験内容と難易度について紹介します。

ビルメン四種(第二種電気工事士・危険物取扱者乙種第4類・2級ボイラー技士・第三種冷凍機械責任者)の中でどのくらい難しいのか見ていきましょう。

まずは、試験の合格率から難易度について確認しましょう。

実施年 合格率
平成30年度 39.8%
平成29年度 37.0%
平成28年度 34.8%
平成27年度 25.9%
平成26年度 19.0%

上記が第三種冷凍機械責任者試験の合格率になります。

過去5年間で合格率は上がっていますが、平均すると約31%ほどであり、「ビルメン四種の中でも1番難しい」と言われているくらい難易度の高い試験です。

ただし、決して合格できない試験ではないため、試験の内容を把握してから効率の良い勉強で試験対策をしてください。

続いて、試験で出題される内容についてですが、「高圧ガス保安法に係る法令」と「保安管理技術」の2科目が学科試験で出題されます。

受験資格などもないため、誰にでも受験が可能です。
計画を立てて第三種冷凍機械責任者試験の勉強を始めましょう。

では、試験の勉強方法でポイントはあるのでしょうか?

次のセクションでは、第三種冷凍機械責任者試験の効率的な勉強方法について解説していきます。

第三種冷凍機械責任者の効率的な勉強方法

ここでは、第三種冷凍機械責任者試験の効率的な勉強方法について解説します。
勉強のポイントは全部で3つあります。

全て重要なポイントなので、それぞれ見ていきましょう。

基礎を徹底的に固めて理解しながら進める

第三種冷凍機械責任者試験の勉強で、参考書の内容や過去問題の解答を丸暗記して試験に臨むといった方法は、逆効果なので辞めておきましょう。

試験は、過去問題と同じ問題は出題されません。
参考書や過去問題を繰り返し解いて、理解を深めることで解ける問題ばかりです。

そのため、試験の基礎である「蒸発・圧縮・凝縮・膨張」の冷凍サイクルから理解することが合格するためのポイントになります。

参考書や問題集の解説を読みながら細部まで確認しましょう。

初めて受験する方は冷媒の流れを理解する

第三種冷凍機械責任者試験の中で、冷媒の部分は理解しているとかなり有利に問題を解くことができます。

問題文を読んでイメージできる問題が多いため、正しい内容と誤っている内容が即座に分かります。

冷媒の分野を丸暗記した場合は、出題側の意図で文章をひねられたら問題を解くことができず、得点を稼げません。

特に、第三種冷凍機械責任者試験は、文章をひねって出題してくることが多い試験なので、各分野の内容を理解してから問題に臨みましょう。

評判の良い参考書と問題集で勉強する

第三種冷凍機械責任者試験では、参考書と問題集が多く販売されており、初めて受験する方はどれを選んで良いのか分かりません。

そういった場合に適当に参考書を選ぶと、内容が分かりにくく勉強が進まないといった事態に陥ることになります。

こうした事態を防ぐためにも、受験者や合格者の中で人気な参考書や問題集はどういったものがあるか、情報を集めておきましょう。

値段としても安い買い物ではないため、評判の良い参考書と問題集で試験勉強をしてください。

まとめ

今回の記事では、第三種冷凍機械責任者試験の合格に必要な勉強時間と勉強法のポイントについて解説しました。

記事の内容について簡単にまとめます。

第三種冷凍機械責任者試験の勉強時間
・事前知識を有している人:約2ヶ月
・事前知識を有していない人:約3~4ヶ月

第三種冷凍機械責任者試験の出題内容と難易度
・過去5年間の合格率は約31%(ビルメン四種の中で1番の難易度)
・「高圧ガス保安法に係る法令」と「保安管理技術」の2科目が出題される

第三種冷凍機械責任者試験の効率的な勉強法
・基礎を徹底的に固めて理解しながら進める
・初めて受験する方は冷媒の流れを理解する
・評判の良い参考書と問題集で勉強する

第三種冷凍機械責任者試験はビルメン四種の中で1番の難易度ですが、決して合格できない試験ではありません。

この記事で紹介した方法で毎日コツコツ勉強し続けることで、合格点を取れるだけの力は身に付きます。

早い段階で勉強をスタートして、合格できる可能性を高めていきましょう。

SATのWeb講座なら、分かりやすい講義動画で、どこでも手軽に学習できます。

『このブログについてお気づきの点等ございましたらこちらにご連絡下さい』

『最短1ヶ月で合格できる?第三種冷凍機械責任者試験に必要な勉強時間は?』の記事について

取りたい資格・知りたいことをお選びください