危険予知訓練・活動

製造業におけるヒューマンエラー対策5選!ミスが起こる原因についても考察

17,114人の方が、この記事を参考にしています。

ヒューマンエラーとは、人間の行動が引き起こす失敗やミスのことです。ヒューマンエラーは労働災害の原因とされており、製造業ではさまざまな原因でヒューマンエラーが起きています。ヒューマンエラーを減らすには、その原因を把握したうえで適切な対策を講じる必要があります。

今回は、ヒューマンエラーの概要を踏まえ、製造業で起きるヒューマンエラーの原因、ヒューマンエラー防止対策について解説します。

製造業でよく起こるヒューマンエラーとその原因

ヒューマンエラーの概要、製造業に多いヒューマンエラーの原因を見ていきましょう。

ヒューマンエラーとは?

ヒューマンエラーとは、人間の行動が原因で起こるミスや失敗のことで、人為的ミスや人災、不安全行動と呼ぶこともあります。

ヒューマンエラーは、意図しない行動で起こるものと、意図した行動で起こるものに分類されます。

意図しない行動のヒューマンエラーとは、経験やスキルの不足、不慣れな状況で起こるミスのことです。聞き間違いや勘違い、判断ミス、連携や連絡不足によるミスも、意図しないものに分類されます。

一方、意図した行動のヒューマンエラーは、決められた規則や手順を守らないことを指します。疲労や集中力の低下により手抜きをする、「これくらいなら大丈夫」といった慢心や過信がヒューマンエラーのおもな原因です。また、危険性を把握しながら、あえて危険な行動をとるケースもあります。

製造業で起こるヒューマンエラーの原因とは?

製造業の工場で起こる、ヒューマンエラーの原因は次のとおりです。

見落としや思い込み

ベテランの従業員に多いのは、思い込みや慢心によるヒューマンエラーです。「いつもどおりで大丈夫」、といった心理はミスにつながります。指示書や仕様などの確認を怠る、機械の警告を見落とすなど、慣れはさまざまなヒューマンエラーを招きます。また、疲労や意図的な手抜きなどにも注意が必要です。

情報伝達ミス

製造業では製造品種が随時変わるため、生産管理や納期、図面、顧客の要求などを正確かつスピーディーに伝達しなければなりません。しかし、情報伝達方法が明確でない場合、伝達ミスや作業漏れなどのヒューマンエラーにつながる場合があります。

教育や訓練の不足

スキルが未熟な状態で作業すると、意図しないヒューマンエラーが起こる可能性があります。新人のヒューマンエラーを防ぐには、企業全体で正しい手順を指導、訓練しなければなりません。

しかし、教育計画や教育方法などを整備しない、教育する時間がないなど、教育や訓練が行き届いていないケースもあります。なかには、作業員同士の会話自体が少ない現場や、仕事の内容を説明せずに手を動かすだけの指示をする現場もあるようです。

作業負荷や会社の風土

作業負荷とは、プレッシャーや焦り、疲労などを指します。常に作業に追われている現場では、管理者が「急げ」と号令をかけることもあるようです。時間と気持ちに余裕がない現場は、ヒューマンエラーがいつ起きてもおかしくありません。

また、工場内の風土が影響し、ヒューマンエラーが起きる場合もあります。ミスを招きやすい風土としては、ルールを守らない、品質管理の手法が浸透していない、責任が不明確、組織全体のモラルが低下しているなどが挙げられます。

安全確認を1人に委ねる

電気を遮断せずに電気回路を点検し、過電流による変電所トラブルで電車が止まったという事例があります。首都圏の主要路線が多大な影響を受けたこの事故は、安全確認から点検作業まで、すべて1人で行ったことが原因と考えられます。

最初に作業した人が、電気を遮断しないことも重大な原因です。しかし、他の作業員が一切立ち会わず、安全確認を1人に任せたことで大きなミスにつながったのです。

また、自分がした作業を別の人がチェックする「ダブルチェック」という手法も、ミスが起きやすい傾向にあります。「ミスを直してくれるから大丈夫」とお互いが安心してしまい、どちらもミスを見逃す場合があるためです。

製造業におけるヒューマンエラー防止対策5選

製造業でヒューマンエラーを防止するには、以下5つの対策法を実践しましょう。 

KY活動を実施する

作業開始前にKY活動をすることで、ぼんやりした意識が覚醒し、ヒューマンエラー防止につながります。KY活動とは、職場に潜む危険を洗い出し、起こりうる労働災害防止対策を行動目標にし、指さし呼称で安全確保する一連の行動のことです。KY活動はヒューマンエラー(不安全行動)を防止し、労働災害を防ぐ効果が期待できます。

KY活動の訓練であるKYT(危険予知訓練)の目的や手法は、以下の関連記事で詳しく解説しているので、ぜひご覧ください。

関連記事:
危険予知訓練(KYT)とは?4ラウンド法の具体的な進め方を解説

作業者のスキルを向上させる

製造の知識やスキルが不十分な作業者に対し、正しい手順や知識を教える教育、訓練を実施しましょう。作業工程のマニュアル化とマニュアルの徹底、製造と同じ材料、工程を用いた実践的な作業訓練などを行うと効果的です。

作業者のスキルが向上することで、意図しないヒューマンエラーの予防につながります。さらに、現場の問題や作業中の異常に気付くようになる、効率的なやり方などに意識が向くといったメリットもあります。

コミュニケーションを活発化する

ヒューマンエラーを防ぐため、経営者や管理者は作業員と積極的にコミュニケーションをとりましょう。

現場で働くメンバーは1つのチームであり、知識や経験、情報を全員で共有し合うことで能力が十分に発揮されます。1つのチームとして機能するには、良好な人間関係に加え、職制にとらわれず意見を言える雰囲気づくりが大切です。

そのためには、管理者が自らコミュニケーションをとり、作業員の意見に耳を傾けましょう。お互いにコミュニケーションをとっていると、作業員もわからないことを聞けるため、さらなるヒューマンエラーやミスの防止につながります。

作業環境を整備する

ヒューマンエラーが起きる原因は人間の行動だけでなく、現場の設備や作業環境も影響します。複数の要因のヒューマンエラーを防止するにあたり、「SHELモデル」という概念がよく用いられます。

SHELモデルとは、人を中心に、エラーを起こす4つの要素をパズルのように囲んでいる図のことです。4つの要素は、製造業に置き換えると以下のようになります。

  • S=作業手順やマニュアル
  • H=設備や工具
  • E=作業環境
  • L=周囲の人

これらの要素に1つでも不具合があると、ヒューマンエラーやミスが起きやすくなるのです。

作業工程をマニュアル化する際には、工程をシンプルにわかりやすく記載する、ミスが起きやすい作業を注意書きするなど工夫するとよいでしょう。

また、明るく作業しやすい環境にする、意見を言いやすい風土にする、といった対策も有効です。経営者はSHELモデルが噛み合うように対策を講じることで、作業者もヒューマンエラーの防止に努めやすくなります。

作業を中断し、異常がないか確認する習慣をつける

急いだり慌てたりすると、誰でもヒューマンエラーを起こしかねません。そのため、一時的に手を止め、異常がないか確認する習慣を身につけましょう。

一度作業をストップすることで、物事を客観的に見られるためです。休憩後の作業再開始前に、作業したものに異常やミスがないか、材料に間違いがないかなどを確認するとよいでしょう。

製造業はヒューマンエラー対策の徹底を

製造業の労働災害の原因となるヒューマンエラーは、意図しない行動、意図した行動に分類されます。前者は知識や経験不足で起こることが多く、後者は仕事に慣れているベテランによって起こるミスです。

つまり、ヒューマンエラーは誰にでも起こりうるため、原因を把握し、適切なヒューマンエラー防止対策を実施しましょう。

なお、ヒューマンエラーは本人だけの問題ではなく、マニュアル・作業環境や設備・周囲の人なども影響します。

経験不足の作業員には、マニュアル作成や作業訓練などの教育が必要です。現場全体の風土がミスを招いている場合、経営者や管理者が積極的にコミュニケーションをとるよう意識してください。

機械設備を使用する製造業は、たった1つのヒューマンエラーで重大な事故が起きる可能性があります。

ヒューマンエラーを防止するには作業員本人の努力を促すだけでなく、職場環境や人間関係が良好な風通しのよい現場を作るよう工夫しましょう。

また、ヒューマンエラー対策は体系的に学ぶことで、さらなる防止対策が期待できます。具体的には、危険予知活動や危険予知訓練(KYT)を学べる講座がおすすめで、職場の活動や研修会だけでなく、通信講座でも勉強が可能です。

時間と場所を選ばずに勉強できる通信講座で、本格的にヒューマンエラー対策に取り組んでみてはいかがでしょうか。

SATのWeb講座なら、分かりやすい講義動画で、どこでも手軽に学習できます。

新しくYoutubeチャンネルを開設しました!視聴者の皆様からの声を元に、有益な情報をどんどん発信していきますので、ご視聴・ご登録よろしくお願いいたします!

SATテックチャンネル

『このブログについてお気づきの点等ございましたらこちらにご連絡下さい』

『製造業におけるヒューマンエラー対策5選!ミスが起こる原因についても考察』の記事について

    取りたい資格・知りたいことをお選びください