土木施工管理技士

「実務経験なし」でも土木施工管理技士になれる?

446人の方が、この記事を参考にしています。

土木施工管理技士に興味を持たれている方の中には、未経験でも土木施工管理の仕事はできるのか、土木施工管理技士になれるのか、疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。今回は、土木施工管理技士の1級、2級それぞれの受験資格について紹介します。

土木施工管理技士の受験資格には実務経験が含まれる

土木施工管理技士試験を受験するには受験資格として実務経験を満たしている必要があります。受験資格は1級、2級で異なるため、詳しく解説します。

1級、2級の実務経験の違い

土木施工管理技士の試験は「学科」と「実地」に分かれており、2級土木施工管理技士の実地受験資格は、大学の土木科など指定学科を卒業後1年以上の実務経験、指定学科以外の場合は卒業後1年6ヶ月以上の実務経験が必要です。学科試験は17歳以上であれば受験ができます。

また、1級土木施工管理技士の実地受験資格に関しては、大学の土木科などの指定学科を卒業後3年以上の実務経験、指定学科以外の場合は卒業後4年6ヶ月以上の実務経験が必要です。

未経験から土木施工管理技士を取得する近道は、大学を出ている方であれば、現場経験を積みながら学科試験を受験しつつ、1年もしくは1年半後に実地試験を受けることです。

資格や実務経験がない土木施工管理技士に求められること

建築業界は深刻な人手不足のため、土木施工管理技士の資格や実務経験がなくても、求人があります。ただ、実務経験がなければ、それ以外でアピールできる能力や経験を示す必要があります。

高いコミュニケーション能力

現場では幅広い年齢層の方たちと関わるため、親しくなるコミュニケーション能力だけでなく、他業種の方たちをまとめるリーダーシップや進行管理など高いコミュニケーション能力が求められます。

熱意を伝える

資格や経験がなくても、今後はどのようにしていきたいのか、明確に伝えられるようにしておきましょう。土木業界は深刻な人材不足と高齢化の問題に直面しているため、長期的な人材確保を推進する企業が増えています。そのため、成長する意欲や長期に渡って土木業界で活躍する熱意を伝えることは重要です。

2級土木施工管理技士の資格を取得予定

未経験の方は、現場で経験を積みながら2級土木施工管理技士の資格を目指すことがキャリアアップにつながります。2級土木施工管理技士に合格するには60時間の勉強時間が必要といわれているため、1日2時間を目安に1ヶ月の学習ができるか、仕事と生活を見直してみましょう。

実務経験がない場合の土木施工管理技士の志望動機は?

実務経験がない状態で土木施工管理の仕事をする際に悩むのが、面接での志望動機ではないでしょうか。ポイントを抑えて準備すれば、人事担当者の目に留まるはずなので、以下をしっかり抑えておきましょう。

企業研究を徹底的に行う

希望する企業の理念や特色は必ず確認しておきましょう。特色を理解したうえで、企業が求める人材とご自身がいかに合致するかを志望動機に入れるとよいでしょう。また、なぜ土木施工管理の仕事がしたいのか、なぜ他の企業ではなく、その企業を選んだかについて具体的な経験を踏まえながら話すようにしましょう。

熱意と適性をアピール

熱意を伝えることは基本ですが、ご自身の性格や適性を具体的にイメージできるような志望動機を考えましょう。自分の性格のどこが施工管理に向いているのか、例えば、コミュニケーション能力や体力、几帳面さなどを絡めて、どんな人物なのかが伝わるようにしましょう。

将来は何ができるか

入社したあとは何ができるのか、ご自身の経験を元に伝えましょう。例えば、学生時代に野球部のキャプテンなどの経験があれば、「そこで培ったリーダーシップをより磨いて仕事に活かしていきたい」といった感じにまとめることができます。

まとめ

土木施工管理技士を取得すると、知識と技術、実務経験があることへの証明となるだけでなく、年齢を重ねた後も転職が有利になります。今後も土木業界で活躍したいと考えている方にとって資格は必須といえます。
社内での評価が上がるだけでなく、昇給や昇進にも有利になるため、取得メリットが非常に高い資格といえます。まずは現場で経験を積みながら、2級土木施工管理技士から目指してはいかがでしょうか。

SATのWeb講座なら、分かりやすい講義動画で、どこでも手軽に学習できます。

『このブログについてお気づきの点等ございましたらこちらにご連絡下さい』

『「実務経験なし」でも土木施工管理技士になれる?』の記事について

取りたい資格・知りたいことをお選びください