土木施工管理技士

土木施工管理技術検定に一発で合格するための勉強方法を紹介!

40,639人の方が、この記事を参考にしています。

土木施工管理技士は、受験資格が必要な資格です。1級と2級に別れているものの、どちらも一定期間以上の実務経験がなければ受験することはできません。

また、指定学科を卒業したとしてしても、試験の合格率は30%〜40%であることから、実務経験があったとしても容易に合格できる資格ではないことが予想できるでしょう。 

では、土木施工管理技士に合格するためにはどのような勉強方法が適切なのでしょうか。ここでは、土木施工管理技士に適した勉強方法や参考になるテキストなどを紹介していきます。

土木施工管理技士の取得を目指している方は参考にしてみてください。

どのくらい勉強時間が必要なのか?

土木施工管理技士は100〜400時間ほどの勉強時間が必要です。そのため、半年ほどの勉強期間を確保し、スケジュール調整を行わなければ合格することは非常に難しいといえるでしょう。 

また、1級と2級のどちらでも実地試験(筆記試験)に合格する必要があります。しかし、実際の実務経験に基づいた過去の記憶を書いたとしても、書き方によっては合格できない可能性があるのが実状です。

そのため、学科と実地の試験内容を理解したうえで試験勉強に取り組んでいくことをおすすめします。

土木施工管理技術検定試験の勉強方法

参考書で独学をする

参考書で独学をするメリット

参考書で独学すれば、自分のペースで勉強できます。土木施工管理技士試験にチャレンジする方のほとんどが、仕事をしながら受験勉強を行うことでしょう。

仕事の状況によって、勉強できる時間がまちまちになる方は、参考書で独学したほうが効率が良いケースもあります。

また、参考書は1冊当たり2,000円前後なので、お金を節約しながら勉強したい方にも、メリットが大きいです。

参考書で独学をするデメリット

参考書での独学は、理解できない内容の解決が難しいのが最大のデメリットです。

現在の参考書は理解しやすいように作られていますが、どうしても分からないところが出てくることもあるでしょう。

そのとき、誰にも相談できないと分からないところが分からないままで放置され、そのまま試験に臨むことになります。分からないことが多くなれば、合格が危うくなります。 

専門学校に通う

専門学校に通うメリット

専門学校では、経験豊富な講師が最新の試験内容に基づいた授業を行ってくれます。

分からないことがあればすぐに質問もできるので、理解も深まりやすいでしょう。また、専門学校によっては、模擬試験もやってくれるので試験に慣れることもできます。サポートも手厚いので、合格率もアップしやすいでしょう。

専門学校に通うデメリット

専門学校は、授業時間がしっかりと決まっています。仕事の終了時間がまちまちの場合、通うのが難しい方もいるでしょう。

また、土木施工管理技士の試験対策を行ってくれる専門学校は数が限られています。住んでいる地域によっては、通える専門学校がないこともあります。

このほか、受講費が高めで経済的な負担が大きいのもデメリットです。

通信教材で独学をする

通信教材で独学をするメリット

通信教材とは、自宅に教材が送られてくるのでそれを使って勉強をする方法です。

近年は、DVDや動画サイトを利用して専門学校の講義のような教材を作っている所もあります。また、模擬テストを送れば添削してくれたり、分からないことをメールや封書で郵送すると回答してくれるサービスもついていたりすします。

つまり、参考書による独学と専門学校に通って勉強する方法のいいとこ取りとも言えるでしょう。専門学校並にレベルの高い教材を使って自分のペースで勉強できます。

通信教材で独学をするデメリット

通信教材は、自宅で自分のペースで勉強しなくてはなりません。そのため、計画性とやる気が大切です。いくら素晴らしい教材があっても、やる気がなければ役に立ちません。自分でしっかりと計画を立てて勉強する習慣をつけることが大切です。

土木施工管理技術検定合格に向けた具体的な勉強スケジュールの立て方

土木施工管理技士の学習スケジュールは、半年を目安にして組み立ててみましょう。 

基礎の用語と出題傾向の理解

どのような学習であっても基礎の用語は、最初に学習することになります。問題を解くために必要な知識を付けつつ、出題傾向を分析していきましょう。この期間は1~2ヶ月程度をおすすめします。 

得意な分野と不得意な分野を理解する

学習を進めるうえで得意・不得意な分野は人によって様々です。そのため、得意分野と不得意な分野を自分で理解して学習を進める必要があります。

場合によっては、不得意な分野を重点的に学習しなければならないため、自分の学習レベルを把握しながら土木施工管理技士の問題を解いていきましょう。 

過去問と実地対策問題を徹底して解く

どのような学習方法でも過去問と実地試験対策は、土木施工管理技士に合格するためには必要な対策だといえます。理由としては、出題傾向に若干の違いがあるものの、過去問から大きく変化することは殆どないためです。

実際に、実地試験に関しては合格するための書き方があるため、その基準を満たさなければならないため、過去問と実地試験は2~3ヵ月ほどの期間を設けて学習することをおすすめします。

合格に向けて勉強する際の注意点はなに?

では最後に合格に向けての勉強での注意点について詳しく解説していきます。

独学の場合は、自分の進捗度を理解する

独学の注意点は、他の誰かが自分の学習レベルを管理してくれるわけではないということです。そのため、自分の学習を管理できなければ合格は難しいといえます。 

暗記のみでは対応できない

土木施工管理技士は基礎知識のみでは対応できない問題が多く、テキストや過去問などで適切な考え方を学習する必要があります。そのため、実務経験と基礎的な用語のみでは合格は非常に難しいでしょう。

正誤率が60%を超えなければ合格できない(苦手分野に取り組む必要がある)

土木施工管理技士の試験は、全体の正誤率ではなく、受験した分野すべてで60%以上の正誤率を超えなければ合格とはなりません。そのため、苦手分野であっても学習を重ねる必要があります。

勉強を始めた最初の段階で、苦手科目にどれくらいの時間を掛ける必要があるかをきちんと見積もって計画を立てましょう。 

まとめ

土木施工管理技士の勉強時間や合格率は?

土木施工管理技士の合格率は第二次検定で1級が35%前後、2級が40%前後です。合格に必要な力を身につけるための勉強時間は100~400時間ほどが目安です。

仕事をしながらこの勉強時間を確保するのはなかなか大変です。受験を決めたら時間をかけてコツコツ勉強していきましょう。

土木施工管理技士になるための勉強の注意点は?

土木施工管理技士は、第一次検定より第二次検定の方が記述試験で難易度が高めです。実際、第一次検定は突破できても第二次検定で躓く方も多いです。

過去問を繰り返し解くなど、対策をしっかりとたてることが大切です。一次検定を受かったからといって安心しないようにしましょう。

土木施工管理技術検定試験のオススメの勉強方法は?

土木施工管理技士の試験に挑戦する方のほとんどが、勉強と仕事を両立する必要があります。

そのため、効率よい勉強方法が必要です。独学や専門学校へ通学する方法もありますが、質の高い教材を使って自分のペースで勉強したいなら、通信教材がおすすめです。分からないところもすぐに質問できます。

SATの土木施工管理技士試験対策で合格を掴み取ろう!

SATではさまざまな技術系資格取得のための教材を提供しています。

SATの土木施工管理技士講座は数ある資格講座の中でも大変好評を得ています。

なぜ注目されており人気なのか、答えはシンプルです。

「合格力」が違うからです。

この講座は、充実したフルカラーテキストの利用と最新のEラーニング技術により、圧倒的な合格率を誇る講師の指導をオンライン上で受けることが可能です。

また、1回目の受験での合格者が続出しており、その実績も業界各社より注目されています。

Eラーニング形式であるため、通勤通学時などのちょっとした空き時間でも勉強でき、効率的に学習を進めることができます。

ゼロから始めても合格を目指せるこの講座では、無料サンプルを提供していますので、まずは教材のサンプルから取り寄せてみませんか?

新しくYoutubeチャンネルを開設しました!視聴者の皆様からの声を元に、有益な情報をどんどん発信していきますので、ご視聴・ご登録よろしくお願いいたします!

『このブログについてお気づきの点等ございましたらこちらにご連絡下さい』

『土木施工管理技術検定に一発で合格するための勉強方法を紹介!』の記事について

    取りたい資格・知りたいことをお選びください