土木施工管理技士講座

一級 勉強方法と対策

  1. 勉強する前に知っておくこと
  2. 必要な勉強時間
  3. 抑えるべきポイントと対策
  4. 学習スケジュール

勉強を始める前に 自分のレベルを確認し、無理のない勉強計画を立てる

  1. 受験には実務経験が必要
  2. 自分の知識レベルに合わせて計画を立てて学習をする
SATの土木施工管理技士講座の内容

必要な勉強時間 通常100時間~400時間の勉強が必要といわれています。

合格までに必要な勉強時間は、通常、100時間~400時間程度の勉強時間が必要とされています。
他の施工管理技士の資格を持っている人、すでに業務に携わっている人などは、勉強時間が少なくすむ傾向があります。

一方、不得意科目が多い人や、実務経験が少ない人は、勉強時間を多めに取る必要があります。
ここでは、試験日に向けてその人に合った必要な勉強時間、学習期間、対策などを紹介しています。

学習期間:6か月=実務経験はあるが、資格を持っていない方

勉強時間 400時間程度
平日 2時間
土日 3時間

学習期間:4か月=他の施工管理技士の資格を取得している方

勉強時間 200時間程度
平日 1〜1.5時間
土日 3時間

学習期間:3か月=すでに二級土木施工管理技士を取得している方

勉強時間 100時間程度
平日 1時間
土日 1.5時間
SAT教材で短期集中で合格を目指す一級 試験対策とテクニック

押さえておくべき2つのポイント 学科は 土木一般、専門土木、法規、共通工学、施工管理法、実地は 施工経験

学科試験

一級の学科試験は、各分野、広範囲に渡り知識が必要とされており、土木一般、専門土木、法規、共通工学、施工管理法といった内容に分かれています。
漠然と勉強したのでは効率が上がらないため、時間をいかに上手く活用するかが大事です。

ポイント

試験の形式は、四肢択一のマークシート方式で60%以上の正解が合格基準です。
難易度が高いと言っても、過去問からの出題も多く、傾向をしっかり掴み、どれだけ知識として定着させるかが合格へのポイントです。

出題範囲が広いのが特徴で過去問を繰り返すことで正解率を上げていきます。

実地試験

一級の実施試験には、施工経験が必要です。記述式問題以外に経験記述問題があり、実務経験と文章作成力が問われ難関とされています。

実際に経験した工事内容や施工管理の記述の場合、施工管理課題の工程管理、安全管理、品質管理、建設副産物等のうち1つが指定され、管理項目は毎年予想がつかず、全ての管理項目を勉強する必要があります。

ポイント

「検討課題」→「検討項目、検討理由、検討内容」→「実施した対応内容」。
このパターンですべての管理項目を丸暗記しておくのも一つの勉強方法です。

難関とされる実地試験の記述に慣れる

実地試験のうち4割の配点が経験記述のため、まずは経験記述を優先して時間を当てるのが効果的です。
必ず出題される経験記述は、文字どおり自分の経験した工事を基に、安全管理、品質管理、工程管理などを記述します。

記述と言っても論文の一種で高い文章力を要求されるため、慌てないよう日頃からテーマごとに論文の内容を決めておきましょう。

経験記述以外の記述問題も出題されますが、うろ覚えでは記述できないため、日頃の勉強により成果が変わります。
参考書に手本の書き方が掲載されているので実際に書いて練習しましょう。

自信のない人は、第三者の添削を受けたり、通信講座の添削を活用したりすることをお勧めします。

実地の過去問を活用

記述式は、類似問題が掲載された参考書や過去問で繰り返し練習します。
実際に書いてみることで黙読とは違い、見直し部分が見えてきます。書き終えたら、誤字、脱字を含めてチェックする習慣を付けることが大事です。

試験当日は、緊張するものですが、日々、記述に慣れておくことで緊張感が解れていきます。

学科の過去問を活用

一通り、参考書で勉強したら過去問に力を入れてみましょう。学科試験はマークシート方式により行われます。理解しながらの暗記が必要なため、繰り返しの勉強が求められます。
出題傾向が分かるだけでなく、得点が取りやすくなる特徴があります。

空き時間の活用

暗記問題対策には、デスクでの勉強以外に通勤時間や空いている時間を活用することで、効率のいい勉強が出来ます。スキマ時間を活用して理解を深めていくといいでしょう。

あなたに合わせた学習スケジュール 難易度の高い数学、理科、物理、化学系の分野の地固めが必要

共通工学、施工管理 施工管理は配点のウェイトが高いのでまんべんなく対策する
土木一般、専門土木 出題範囲が広いため、まずは動画講義で大筋を学習する
法規 基礎的な知識から学習していく
実地試験 分かりやすく、論文のような形式での文章作成に慣れる
01

自分のレベルに合った学習スケジュールを選択する

パターンABCの中からあなたのレベルに合わせてスケジュールを選択します。5科目を合格基準に達するためにはじめに自己分析が大切です。
ここで、学習スケジュールの内容や方向性が決定します。まずは、A~Cの中からあなたのタイプを選んでください。
スケジュールに沿った学習で合格へと繋げていきましょう。

Aタイプ

完全に土木の知識がない場合。

  • 物理、化学が苦手な人
  • 理科、数学が苦手な人
  • 初めて受験する人
Bタイプ

土木の知識はないが、指定学科以外の知識がある場合。

  • 大学、専門学校で指定学科以外の勉強をされた人
  • 勉強そのものは好きだが、理数系や物理、化学が苦手な人
Cタイプ

中、高、大学時代に理数系が得意だった人。現在、土木関連に従事されている人。

  • 大学、専門学校、高等学校で指定学科の勉強をされた人
  • 物理、化学が得意な人
  • 過去に土木施工管理技士を受験したことがある人
  • 資格は持っていないが、すでに土木施工の仕事に従事している人
02

進め方(スケジュール)

初心者
中級者
上級者
 

1ヶ月目

2ヶ月目

3ヶ月目

4ヶ月目

5ヶ月目

6ヶ月目

共通工学、施工管理
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
土木一般、専門土木
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
法規
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実地
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去問題
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
模擬問題
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  1. 共通工学、施工管理とも必須問題です。特に、品質管理については、実地試験にも関連しており、この項目の動画講義は大変大事です。土木一般でも重複して出題される場合もあり、出題頻度が高いことから動画講義と練習問題に力を入れましょう。
  2. 土木一般は、土木関係、コンクリート工関係、基礎工関係を中心に勉強します。専門土木は、用語だけでも初めて勉強する人には、チンプンカンプンです。動画講義で大枠の意味を掴み、テキストと併用して効率のいい勉強をします。
  3. 実際の業務においては、法規に従って施工管理を行うことが大切です。資格取得後の業務でも役立つ内容なので、覚えることが多いからと諦めずに基本的な知識からコツコツ覚えていきましょう。
  4. 実地試験では、実務に基づく施工体験についての記述が求められます。実務経験が少ないと書くネタが思いつかず、最初は戸惑ってしまうかもしれません。しかし、過去問題を何度も解いて模範解答を確認していくうちに、文章作成のポイントが分かってきます。
  5. 再度、全ての科目の過去問題に重点的に取り組んでみましょう。間違った箇所は、なぜ間違ったのか、意味を考えながら復習します。動画と過去問題を活用することで理解が深まり、正答率を上げることができます。
  6. 試験直前になったら模擬試験に挑戦しましょう。本試験と同じ気分で問題を解いていきます。
 

1ヶ月目

2ヶ月目

3ヶ月目

4ヶ月目

共通光学、施工管理
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
土木一般、専門土木
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
法規
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実地
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去問題
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
模擬問題
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  1. 共通工学は、測量、鉄筋組立図、機械、電気関係が出題されます。施工管理は、施工計画、工程管理、安全管理、品質管理などから出題されます。技術監理を行うにあたり、理数系や物理、化学に割く時間が必要ですが、動画講義では、暗記ではなくイメージ全体を掴めるようにします。後はテキストを利用して理解を深めます。
  2. 土木一般は、鉄筋、コンクリート、盛り土の施工、度量の変化率などの内容ですが、広範囲にわたる分野が出題されるため、動画講義で大筋を掴みましょう。専門土木は、鉄筋コンクリート、鋼材、溶接、高力ボルト、河川、ダム、砂防などの内容ですが、土木一般と同じく広範囲から出題されます。
  3. 労働基準法関連を中心に勉強します。暗記問題であることから、寝る前の1時間前後を活用してもいいですし、通勤時間を利用するなど上手く時間活用することをお勧めします。過去問題に取り組んで間違えた箇所をつぶしていくことで記憶を定着させることができます。
  4. 実地試験では、実務に基づく施工体験についての記述が出題されます。実務経験があまりない方の場合は書くネタが思いつかず、最初は戸惑ってしまうかもしれません。しかし、過去問題を何度も解いて模範解答を確認していくうちに、文章作成のポイントが分かってきます。
  5. 各科目の勉強が一通り網羅できたら、もう一度全科目の過去問題に重点的に取り組んでみましょう。何度も間違えるところはノートにメモをして、自分だけの復習ノートを作成すると便利です。
  6. 過去問題を覚えてきたら、模擬問題に取り組みましょう。本番の試験だと思って、集中して問題を解いてみましょう。
 

1ヶ月目

2ヶ月目

3ヶ月目

共通光学、施工管理
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
土木一般、専門土木
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
法規
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実地
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去問題
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
模擬問題
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  1. 指定学科を卒業されている人や理数系や物理、化学が得意な人は、特に苦手な箇所を中心に動画講義で確認しましょう。基礎的な内容でも、忘れている箇所がないか確認するようにしましょう。
  2. ランダムに出題されることから、一通り、全般にわたり理解する必要があります。土木一般は、15問中12問の選択解答ですが、専門土木は、34問中10問の選択解答です。好きな問題を選ぶことができる反面、広範囲の勉強準備をする必要があります。動画講義と過去問題を合わせて効率よく勉強したい項目です。
  3. 労働基準法、労働安全衛生法を中心にまんべんなく出題されることから、動画講義の後は、暗記の時間を多くします。得意分野から暗記していき苦手分野を記憶が定着するまで復習します。
  4. 既に土木関連の業務に携わっている方であれば、実務に基づく施工体験記述のネタには困らないでしょう。しかし、それを他の人に分かりやすく伝える文章力や、試験で点数を獲得できるポイントを押さえた文章を作成することが必要です。過去問題の模範解答をよく読み、得点が与えられるポイントを理解していきましょう。
  5. 各科目の勉強を一通り網羅したら、再度全科目の過去問題に重点的に取り組みましょう。解説を読んでも理解できないところがあれば、もう一度動画講義や参考書に戻って復習をしましょう。
  6. 本番の試験と同じ形式の模擬問題に挑戦しましょう。合格ラインを超えられるようになるまで繰り返して解くことで記憶が定着し、自信にも繋がります。

勉強に苦手意識がある方には動画教材がおすすめ

土木施工管理技士試験は、指定学科卒の方であれば、過去問や参考書を利用した勉強方法で合格できる可能性も十分あるでしょう。
しかし、指定学科以外の卒業で基礎知識がない場合、用語の意味を知るだけでもかなり大変なことから、独学では多くの時間と労力が必要です。

そこで、基礎知識がない方や勉強に苦手意識を持っている方には、通信講座や動画教材がお勧めです。
動画講義は、講師の解説を自分のペースで聞けるため理解を深められますし、視覚や聴覚から知識を取り入れられるため、記憶がしやすくなります。また、通信講座であればいつでもどこでも学習ができるため、仕事の合間に勉強時間を取らなければいけない方にもおすすめです。