建築施工管理技士講座

プロが教える 二級 試験対策とテクニック

  1. 二級建築施工管理技士の試験スケジュール
  2. 合格率
  3. 難易度
  4. 試験でのテクニック

二級建築施工管理技士の試験スケジュール 二級建築施工管理技士の試験は、札幌・青森・仙台・東京・新潟・金沢・名古屋・大阪・広島・高松・福岡・鹿児島・沖縄で学科試験が年2回、実地試験が年1回行われます。

二級建築施工管理技士の試験は前期と後期に分かれており、一次検定が年2回、二次検定が年1回行われます。

今後の新型コロナウイルス感染状況により、変更等となる可能性がありますので実施機関(建設業振興基金)からの情報をご確認ください。

2021年 二級建築施工管理技士の試験 前期(一次検定のみ)

試験日 令和3年6月13日
申込受付期間 令和3年1月29日~2月12日
試験地 札幌・仙台・東京・新潟・名古屋・大阪・広島・高松・福岡・沖縄
合格発表 令和3年7月6日

2021年 二級建築施工管理技士の試験 後期(一次検定のみ・二次検定のみ・一次&二次)

試験日 令和3年11月14日
試験地 札幌・青森・仙台・東京・新潟・金沢・名古屋・大阪・広島・高松・福岡・鹿児島・沖縄
※なお、学生(高校、5年制高等専門学校、短期大学、専門学校、大学など)を対象に、「学校申込」の手続きで、他の試験地(帯広・盛岡・秋田・長野・出雲・倉敷・高知・長崎)でも一次検定のみ受験の申込が可能。
申込受付期間 令和3年7月6日~7月20日
合格発表 一次検定のみ:令和4年1月21日
一次二次検定、二次検定のみ:令和4年1月28日

受験までの流れ

受験の流れは以下となります。

  1. 受験の申し込み
  2. 試験日程・試験地・試験会場の確認
  3. 試験を受ける
  4. 合格発表

二級建築施工管理技士の受験資格

建築施工管理技術検定を受験するには、定められた実務経験年数を満たしている必要があります。

学歴 実務経験年数
大学・専門学校
(高度専門士を称する者)
指定学科:卒業後1年以上
指定学科以外:卒業後1年6ヵ月以上
短期大学・5年制高等専門学校
(専門士を称する者)
指定学科:卒業後2年以上
指定学科以外:卒業後3年以上
高等学校・専門学校
(専門課程修了者)
指定学科:卒業後3年以上
指定学科以外:卒業後4年6ヵ月以上
その他
(最終学歴問わず)
8年以上

※上記の実務経験年数には、『指導監督的実務経験』を1年以上含むことが必要です。
(指導監督的実務経験とは、現場代理人、主任技術者、工事主任、設計監理者、施工監督などの立場で、部下・下請けに対して工事の技術面を総合的に指導監督した経験をいいます。)

学科の試験概要 ※令和2年度試験の内容です

受講料 5,400円
試験時間 2時間30分
解答形式 全問四肢択一式
出題数・解答数 出題数65問中40問を選択し、解答しなくてはならない
5科目「建築学等・共通・施工・施工管理法・法規」
 1. 建築学等:【14問中9問解答(選択問題)】
 2. 共通:【3問中3問解答(必須問題)】
 3. 施工:【15問中12問解答(選択問題)】
 4. 施工管理法:【10問中10問解答(必須問題)】
 5. 法規:【8問中6問解答(選択問題)】

実地の試験概要 ※令和2年度試験の内容です

受講料 5,400円
試験時間 2時間
解答形式 全問記述形式
出題数・解答数 出題数5問を全て解答しなくてはならない
6科目「施工経験記述・安全管理・躯体施工・仕上施工・施工管理・法規」
 1. 施工経験記述:【1問中1問解答(必須問題)】
 2. 施工管理:【1問中1問解答(必須問題)】
 3. 工程管理:【1問中1問解答(必須問題)】
 4. 法規:【1問中1問解答(必須問題)】
 5. 施工:【1問中1問解答(必須問題)】

合格率 過去3年の合格ラインは正解率60%以上、合格率は35%前後

二級建築施工管理技士の試験は、学科のみの合格率は約30%です。
その理由としては、講習会も豊富で対策がしやすいという点にあります。

しかし、実地試験は全問記述方式で回答しなくてはならないので、学科試験より何度が上がります。

学科合格率平均データ

 

【円グラフ】ソースコードでご覧ください。上のdata-valueの値を変えてお使いください*小数点は使用不可です。この文は実際の画面では表示されません。

二級建築施工管理技術検定試験
学科の過去3年の合格率

32.9%

※学科のみ(前期・後期)、学科&実地を合計したものになります。

年度 総受験者数 合格者数 合格率
令和元年度 46,393 14,222 29.6%
2018年度 43,468 11,643 28.7%
2017年度 41,065 16,120 40.4%
2016年度 31,466 16,331 51.9%

実地合格率平均データ

 

【円グラフ】ソースコードでご覧ください。上のdata-valueの値を変えてお使いください*小数点は使用不可です。この文は実際の画面では表示されません。

二級建築施工管理技術検定試験
実地の過去3年の合格率

27.0%

※学科のみ(前期・後期)、学科&実地を合計したものになります。

年度 総受験者数 合格者数 合格率
令和元年度 22,663 6,134 27.1%
2018年度 24,131 6,084 25.2%
2017年度 26,506 7,665 28.9%
2016年度 26,816 10,437 38.9%

難易度 二級建築施工管理技士の難易度

学科試験の合格率:30~35%
実地試験の合格率:25〜30%

受験者の約半分弱が合格していることから、他の国家資格と比較すると難易度はそこまで高くはありません。

しかし、現場での経験や試験までの学習等を怠ると当然合格することは出来ません。
しっかりと計画的に学習を続けていくことができれば合格できると考えられます。

試験でのテクニック 二級建築施工管理技士の試験で役立つ2つのテクニック

01

得意な所から手を付け、時間に余裕を持つ

まずは得意だと思う問題から解く。基本的なことですがこれは非常に重要です。
二級建築施工管理技士の試験の問題の順番は難易度順にはなっていません。
1問目から難しくひっかかるような問題が用意されていることがあります。

これは過去問になれることにより難しい問題かどうか、後回しにしたほうがよいか判断できるようになっておくことも重要です。

02

合格点を稼ぐ

合格ラインが60%ですので、36点となります。
つまり、大事なのはどこで36点取れるかということです。

得意分野でしっかり点数を稼げるかがポイントとなりますので、どの区分でそれぞれ何点とるか自分の中で決めておきましょう。