第二種電気工事士講座

プロが教える技能試験対策について

対策
01

施工条件について

技能試験において欠陥が1つでもあるとその時点で失格となってしまいます。基本的なことなのだが施工条件をちゃんと確認しないで思い込みで作成してしまい不合格になることはよくあります。

電線の色、器具の位置、接続方法なども細かく指示されるので確実に条件通りに作ることが重要です。

対策
02

複線図について

図面の単線図より複線図を作成することについて、基本的にはよほど施工に慣れていない場合は複線図を作成したほうが確実です。

公表問題を十分吟味してどの問題がでても正しい複線図を素早く書けるように学習することが必要です。

第二種電気工事士 複線図 過去問

SAT講座より、実際に上記問題を作成している様子です。
このように候補問題について初めての方でもわかるようにポイントを解説しながら作成の手順を学ぶことができます。

過去問より、複線図の一例 電気技術者試験センターHPより

対策
03

施工について

器具への差し込みや心線の剥きの長さ、輪っか作りなど事前にしっかり練習しておかなければ本番で上手に作成するのは難しいでしょう。

第二種電気工事士 施工 過去問

SATの講座より ランプレセプタクルの接続方法について