管工事施工管理技士講座

よくあるご質問

よくあるご質問

管工事施工管理技士とはどんな資格ですか?

管工事施工管理技士とは、水道管・ガス管・空調などの配管工事において、施工管理・品質管理・工程管理などを行なえる資格です。「施工管理技士」の資格区分の1つであり、1級と2級があります。取得すれば、管工事を行う工事現場において「主任技術者」及び「監理技術者」の専任を受けられます。

管工事施工管理技士になるメリットは何ですか?

管工事は、一般住宅から大規模な商業施設まで幅広い建築物で行われる工事です。管工事施工管理技士は、管工事において監督業務を行なえる資格のため、需要は高いです。出世しやすくなることはもちろんのこと、条件の良い職場に転職したい場合にも強力な武器になるでしょう。

管工事施工管理技士の合格率はどれくらいですか?

管工事施工管理技士の合格率は2021年の1級が約73%、2級が約46%です。これだけ見ると1級の合格率はとても高く見えます。しかし、管工事施工管理技士の試験は一次と二次があり2021年の1級一次試験の合格率は24%とかなり低めでした。したがって、一次試験を突破できた方が優秀であったとも考えられます。

管工事施工管理技士の難易度はどれくらいですか?

管工事施工管理技士の難易度は、合格率から考えると「普通~やや易しめ」といえます。合格率は、30~50%とほかの施工管理技士の資格区分に比べても高めです。ただし、一夜漬けの勉強で合格できるほど甘くはありません。

管工事施工管理技士の受験資格は何が必要ですか?

管工事施工管理技士の受験資格は、一定の実務経験です。実務経験の期間は資格区分や学歴によって異なります。最も短いのは大学の指定学科を卒業した場合、最も長いのは特筆すべき学歴を持たない場合です。1級の場合は2級を取得しているかどうかでも変わってきます。

管工事施工管理技士の年収はいくらくらいですか?

管工事施工管理技士の平均年収は平均年収は400万円〜600万円です。ただし、この数値はあくまでも平均であり、年齢や勤務年数によって変わります。管工事施工管理技士は、工事現場でさまざまな管理を行うのが仕事です。ですから、監理経験が豊富な人ほど給与が高い傾向です。

管工事施工管理技士の試験日程はいつですか?

管工事施工管理技士の試験は、一次試験と二次試験があります。1級は一次試験が毎年9月、二次試験が12月です。2級の場合は一次試験が年に二回ありますが、1回目は6月、2回目は二次試験と同日の11月です。なお、試験地は全ての都道府県で行われるわけではありませんのでご注意ください。

管工事施工管理技士の1級と2級はどのような違いがありますか?

1級は「主任技術者」及び「監理技術者」の両方の専任を受けることができます。2級は主任技術者のみです。したがって、1級のほうが大規模な工事現場の監督業務を行なえます。

管工事施工管理技士は独学で資格取得が可能でしょうか?

管工事施工管理技士は、独学でも合格は可能です。ただし、受験者の90%程度が仕事をしながら受験します。そのため、仕事と勉強の両立する方法を確立することが重要です。毎日勉強する習慣もつけましょう。

管工事施工管理技士はいきなり1級を受験できますか?

いきなり1級を受験することは可能です。大学の指定学科を卒業した場合などは、いきなり1級を受験したほうがメリットは大きいでしょう。なお、大学の指定学科を卒業していない場合は、2級を取得してから1級を受験したほうが近道な事例もあります。