建築施工管理技士講座

プロが教える 一級 試験対策とテクニック

  1. 一級建築施工管理技士の試験スケジュール
  2. 合格率
  3. 難易度
  4. 試験でのテクニック

一級建築施工管理技士の試験スケジュール 一級建築施工管理技士の試験は、札幌・仙台・東京・新潟・名古屋・大阪・広島・高松・福岡・沖縄で年に1回行われます。

2021年は、下記のようなスケジュールで実施されます。

今後の新型コロナウイルス感染状況により、変更等となる可能性がありますので実施機関(建設業振興基金)からの情報をご確認ください。

2021年 一級建築施工管理技士の試験

試験日 一次検定:令和3年6月13日(日)
二次検定:令和3年10月17日(日)
試験地 札幌・仙台・東京・新潟・名古屋・大阪・広島・高松・福岡・沖縄
※会場確保の都合上、周辺都市で実施する場合があります。
申込受付期間 令和3年1月29日~2月12日
合格発表 一次検定:令和3年7月16日(金)
二次検定:令和4年1月28日(金)

受験までの流れ

受験の流れは次のようになります。

  1. 受験の申し込み
  2. 試験日程・試験地・試験会場の確認
  3. 試験を受ける
  4. 合格発表

一級建築施工管理技術検定試験の受験資格

一級施工管理技士の試験を受験するには、定められた学歴や実務経験年数を満たしている必要があります。

学歴 実務経験年数
大学・専門学校
(高度専門士を称する者)
指定学科:卒業後3年以上
指定学科以外:卒業後4年6ヵ月以上
短期大学・5年制高等専門学校
(専門士を称する者)
指定学科:卒業後5年以上
指定学科以外:卒業後7年6ヵ月以上
高等学校・専門学校
(専門課程修了者)
指定学科:卒業後10年以上
指定学科以外:卒業後11年6ヵ月以上
その他
(最終学歴問わず)
主任技術者や施工監督指導1年以上を含む、15年以上
二級建築士試験合格者 合格後5年以上
二級建築施工管理技術検定合格者 不要

学科の試験概要 ※令和2年度試験の内容です

受講料 10,800円
試験 午前の部:2時間30分/午後の部:2時間
解答形式 四肢択一式
合格基準 60%
試験時間および試験科目 6科目「建築学・共通・躯体施工・仕上施工・施工管理法・法規」
午前
 1. 建築学:【15問中12問解答(選択問題)】
 2. 共通:【5問中5問解答(必須問題)】
 3. 躯体施工:【13問中5問解答(選択問題)】
 4. 仕上施工:【12問中5問解答(選択問題)】
 5. 施工管理法:【5問中5問解答(必須問題)】
午後
 6. 施工管理法:【20問中20問解答(必須問題)】
 7. 法規:【12問中8問解答(選択問題)】

実地の試験概要 ※令和2年度試験の内容です

受講料 10,800円
試験 3時間
解答形式 全問記述形式
合格基準 正答率60%以上
試験科目 6科目「施工経験記述・安全管理・躯体施工・仕上施工・施工管理・法規」
 1. 施工経験記述:【1問中1問解答(必須問題)】
 2. 安全管理:【1問中1問解答(必須問題)】
 3. 躯体施工:【1問中1問解答(必須問題)】
 4. 仕上施工:【1問中1問解答(必須問題)】
 5. 施工管理:【1問中1問解答(必須問題)】
 6. 法規:【1問中1問解答(必須問題)】

合格率 過去3年の合格ラインは正解率60%以上、合格率は40%前後

一級建築施工管理技士の試験は当然ながら二級よりも格段に難しくなります。
その理由は出題範囲の広さです。

一級建築施工管理技士試験では、建築工事全般の幅広い知識が必要となり、自分が携わってきた工事以外の知識も身につける必要があります。

学科合格率平均データ

 

【円グラフ】ソースコードでご覧ください。上のdata-valueの値を変えてお使いください*小数点は使用不可です。この文は実際の画面では表示されません。

一級建築施工管理技術検定試験
学科の過去3年の合格率

39.6%
年度 総受験者数 合格者数 合格率
令和元年度 25,392 10,837 42.7%
2018年度 25,198 9,229 36.6%
2017年度 24,775 9,824 39.7%
2016年度 25,639 12,675 49.4%

実地合格率平均データ

 

【円グラフ】ソースコードでご覧ください。上のdata-valueの値を変えてお使いください*小数点は使用不可です。この文は実際の画面では表示されません。

一級建築施工管理技術検定試験
実地の過去3年の合格率

39.0%
年度 総受験者数 合格者数 合格率
令和元年度 15,876 7,378 46.5%
2018年度 15,145 5,619 37.1%
2017年度 16,505 5,537 33.5%
2016年度 19,045 8,687 45.6%

難易度 一級建築施工管理技士の難易度

二級建築施工管理技士と比べると、1級は出題範囲が広くなるため難易度ははるかに高くなります。
その理由は、出題範囲の広さで、建築工事全般の幅広い知識が必要とされます。
そのため、実務で関わってきた工事以外の知識も身につける必要があるため、新しい知識を学んでいく必要があります。

以下は、同じ施工管理技士と比較したものになります。
仕事内容が異なるので、一概に比較することは出来ませんが参考までにご確認ください。

一級土木施工管理技士より難易度は高い

一級建築施工技士のほうがやや難易度が高いとされています。
その理由は、出題範囲の広さです。

一級土木施工管理技士は実務の延長で理解できる問題も多いですが、一級建築施工管理技士の場合は、経験のない分野も出題されるため、多くの学習時間が必要になってきます。

一級建築士より難易度は低い

一級建築士のほうが圧倒的に難しいとされています。
また、一級建築士の資格を持っている場合、学科試験を免除することが出来ます。
つまり、一級建築士と比べると難易度は低いということがわかります。

試験でのテクニック 一級建築施工管理技士の試験で役立つ2つのテクニック

01

得意な所から手を付け、時間に余裕を持つ

まずは得意だと思う問題から解く。基本的なことですがこれは非常に重要です。
一級建築施工管理技士の試験の問題の順番は難易度順にはなっていません。
1問目から難しくひっかかるような問題が用意されていることがあります。

これは過去問になれることにより難しい問題かどうか、後回しにしたほうがよいか判断できるようになっておくことも重要です。

02

合格点を稼ぐ

合格ラインが60%ですので、36点となります。
つまり、大事なのはどこで36点取れるかということです。

得意分野でしっかり点数を稼げるかがポイントとなりますので、どの区分でそれぞれ何点とるか自分の中で決めておきましょう。