技術士試験対策講座

学習を始める前に

勉強を始める前に 超難関資格だからこそ徹底的に基礎を押さえる。

技術士試験の二次試験の合格率は10%前後。数ある国家資格のなかでも高くありません。
建設部門、上下水道部門、機械部門など21部門があり、その合格率も部門によっては、6%台に留まります。これは、法律系資格で難関資格のひとつである社会保険労務士試験の合格率とほぼ同じです。

しかし、技術士試験の合格率は、他の資格よりも、数字以上に厳しいものです。
なぜなら受験資格の要件が、基本的には、一次試験合格者で、実務経験を4年以上の者を対象としているためです。
つまり、二次試験の受験者そのものが、いくつかのハードルクリアしてきた実力者たちというわけです。ですから、この要件ひとつをとっても、同じ合格率10%でも、他の資格の10%とは難易度が異なるのです。

技術士試験は、医師、弁護士、弁理士、公認会計士と並ぶ超難関資格の一つと言われています。
しかし、たとえ超難関資格であっても、試験対策の方法を間違わずに、十分な訓練をすれば、確実に合格圏内に入ることができます。正しく試験対策をするためには、正しい指導を受けることが必須です。

正しい試験対策とは、確かな基礎に基づいた対策です。
そして、正しい指導とは、どのような出題にも対応できるように、徹底的に基礎を押さえた指導です。
技術士試験では、「基礎をきわめる」。それ以上でもそれ以下でもありません。

「良い指導者選び、良い教材選び」 これは、勉強を始める前に、十分に時間をかけて行ないましょう。

必要な勉強時間 間違った方法では合格に何年もかかってしまう

技術士試験の「二次試験」の合格に必要な勉強時間は、人によって様々です。
日常業務が技術士試験で問われる内容に近く、さらに大学院卒で論文を書きなれている受験生は、300時時間程度で合格圏内に入ることができるでしょう。そうではない受験生は、500時間も1000時間も対策が必要になることでしょう。
もっとも、実務経験や一次試験に要する時間も含めたら、日本でもっとも勉強時間が必要な資格の一つと言えるでしょう。

間違った方法では合格に何年もかかってしまいます。
重要なのは、最短距離で合格をつかみ取ることです。優れた講座を選び、効率よく技術士試験の勘所を押さえて、試験当日に力を発揮できるようにしましょう。

SATの技術士二次試験対策講座の内容