技術士試験対策講座

学習スケジュール

あなたに合わせた学習スケジュール 具体的な勉強スケジュール

技術士試験で合格に必要な時間は、人によって様々です。なぜなら、受験資格に実務経験が求められているためです。
これが、司法試験や税理士試験など法律系資格のように、合格まで何時間必要とはっきり言える資格との違いです。

例えば、大学院に修了して、専門的学識を十分に備えた経歴をもつ受験生は、300時間程度の対策時間で合格できるかもしれません。また、公務員で行政官庁が発行する白書や統計資料を見る機会が多い受験生も合格率が高くなる傾向があります。
ですから、次の具体的なスケジュールは、あくまでも目安とお考え下さい。

標準コース
最短コース
合格確実コース

1月

2月

3~4月

5~6月

7月

8~10月

11~12月

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  1. 技術士試験の傾向と対策について、テキストや講義で理解
  2. 業務経歴の棚卸し
  3. 業務経歴票の添削課題提出、受験申込書(業務経歴票)作成と提出
  4. 筆記対策の添削課題提出 過去問対策
  5. 中旬の試験に向けて最終確認 受験後に選択科目Ⅲの答案復元
  6. 口頭試験対策 技術士制度、技術者倫理に関する事項の学習
  7. 口頭試験

3月

4月

5~6月

7月

8~10月

11~12月

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  1. 講義を視聴しつつ、業務経歴の棚卸し
  2. 業務経歴票の添削課題提出、受験申込書(業務経歴票)作成と提出
  3. 筆記対策の添削課題提出
  4. 中旬の試験に向けて最終確認
  5. 業務経歴票の見直しと選択科目Ⅲの答案復元、口頭試験対策
  6. 口頭試験

9月~11月

12月

1~2月

3~4月

5月~6月

7月

8~10月

11~12月

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  1. 技術士試験の傾向と対策について、テキストや講義で理解。技術士制度、技術者倫理に関する事項の学習
  2. 業務経歴の棚卸し、業務経歴票の添削課題提出
  3. 過去問分析、筆記対策の添削改題提出
  4. 受験申込書(業務経歴票)作成と提出
  5. 筆記試験の答練の反復 (予想問題を作成し、模範解答を作る)
  6. 中旬の試験に向けて最終確認 受験後に選択科目Ⅲの答案復元
  7. 口頭試験対策
  8. 口頭試験