第三種電気主任技術者講座

電験三種とは?この資格と将来性について

将来性があり社会ニーズも高い 電験三種は独占業務で価値のある資格

正式名称を「第三種電気主任技術者試験」といいます。

第三種から第一種に分類されている国家資格で、発電所や変電所、工場やビルの受電設備や配線など、電気設備工事・保守・運用に関する保安監督の仕事を行うための資格です。

電験三種は、独占的な業務であり、電気設備の運用には電気主任技術者が管理監督するように法律で義務づけられています。
また、電気業界のみならず、建設やビル管理業界など求められる場面が多いため、社会的ニーズが高く、将来的にも価値のある資格です。

大掛かりな施設から電灯の交換まで! 電気主任技術者の仕事内容

電気主任技術者は電気のスペシャリストなので、電気に関する様々なことを業務とします。

仕事
01

電気設備の点検と保安

また、施設により年次点検の義務があり停電作業を行います。
停電に関する開閉器・遮断機の操作も主任技術者の役割となります。

またそれに伴い接地抵抗測定・絶縁抵抗測定・各種継電器関係の動作確認なども行い今後の更新計画の資料を作成も行います。

仕事
02

電気設備の更新計画

電気設備は異常が発生してからの修繕以外にも予防保全という考え方があります。

設備は経年劣化していくので耐用年数と経済性を考え以上が発生する前に更新していくことにより停電や火災のリスクを最小限にしながらお客様の利益にもつながる重要な仕事です。

このような計画に主体的に携わるのも電気主任技術者の大切な役目です。

仕事
03

電気設備の修理

電気設備に異常があった場合、修理を行います。簡易的なもの以外は基本的には施工業者を手配し、主任技術者により作業を指示することになります。

主任技術者は施工に際し計画・図面作成・各種遮断器操作・施工立ち合い・遮断機操作・機能確認など幅広い業務となります。また施工完了後は報告書を作成し管理者に提出及び報告をします。

電気がなければ仕事にならないような施設がほとんどなので、24時間体制で待機します。

仕事
04

電気工事の監督

大規模な工場など、電気設備が複雑な場所では電気主任技術者が監督を務める場合が多いです。施工業者は施設全体を把握しているわけではないので主任技術者による統括的な管理が求められます。

また・設計・施工・管理・保安と業務をわけることにより質の高い設備とすることができます。

もし、事故が起こった場合電気主任技術者の責任が問われることもあるので、作業完了後は正常に稼働しているかをチェックする必要もあります。

仕事
05

他の電気に関わることを依頼されることがある

蛍光灯の交換や、スイッチの故障等、小さいことでも依頼されることがあります。 ビルの電気に関わる全般管理を任されることも少なくありません。

景気に左右されにくい安定した仕事 平均年収は400万円~550万円前後。そして幅広い年齢まで仕事がある。

最も多いのが、400~450万円となります。
ビルメンテナンスや電気施設の保守管理等、電験三種を活かした仕事は幅広く存在しており、年収にばらつきがあります。

また、働いている年齢層も20〜70代まで幅広いです。中には80代の主任技術者も少なくありません。

一度施設の保安として携わると施設の規模にもよりますが引継ぎがとても大変なため継続勤務がほとんどです。
つまり景気に左右されず安定した仕事ともいえます。

年収を上げるには以下の3つを行う事

    1. 実務経験を積む事(年次点検の計画・実施の経験が勉強になる)
    2. 資格を取ること(電験一種・電験二種)
    3. 転職すること

を行う必要があります。

独占資格でもあり実質的にその施設の電気系をすべて把握できるのは主任技術者だけなので企業にとって必要な人材となりやすく、長年勤めればその分収入も期待できる場合が多いです。

電気主任技術者は電気施設には必ず必要 非常に強い需要に支えられています。そのため関連業界への就職・転職に強い

大きなビルや施設、工場などの高圧受電設備の保守・管理には電気主任技術者の選任が法的に義務付けられており、電気主任技術者に選任されるには電験合格者である”電気主任技術者”であることが条件です。

つまり、電気施設を保有する事業者からすると、電気主任技術者の確保は必須で、当然需要は高く、人材確保のための求人を行っています。

また、この業界は高齢でも転職が容易なのも特徴です。一度主任技術者が必要な建物を建てれば取り壊すまでは必ず必要とされる上に建物もそうですが太陽光・風力発電設備など増加傾向にあるのでこの傾向は続くと思われます。

ゆくゆくはフリーランスにもなれます 独立するには、3つの条件を満たす必要がある

電気保安業務を行う個人事業者を“電気管理技術者”といいます。
この“電気管理技術者”になるには、以下の条件を満たしている必要があります。

  1. 第三種電気主任技術者としての実務経験年数5年以上
  2. 外部委託先として指名してくれる顧客
  3. 経済産業省の”保安管理業務外部委託承認”

外部委託先としての顧客が見つかれば、承認を得るための”保安管理業務外部委託承認” を申請することができます。

承認が得られれば、”電気管理技術者”として独立できます。

承認を受けるには非常に厳しい審査を受ける必要がある。しかし、キッチリ実務を行っていれば問題ありません。

実務経験を含めた資格要件を確認するための口頭試問が行われ、保安監督部の担当官からの実務に関する質問に答えることになります。

この審査は非常に厳しく、承認を得るために2~3回口頭試問を受けるなど指導されることになります。
もちろん、実務経歴書に記述したとおりにキッチリ実務をやっている人は、質問に答えることは難しくはありません。

この独立し個人事業者として働く主任技術者は大変多く定年後に無理のない範囲で仕事をし、趣味と両立したりさまざまな働き方も可能になります。

2つのケースを紹介 第三種電気主任技術者の1日の仕事の流れ

CASE1工場の電気設備の保守・メンテナンス、その他付随業務

7:50 出勤
8:00 朝礼・作業内容の確認
8:30 電気設備の点検・保守
12:00 休憩・昼食
13:00 電気使用量のチェック
16:00 新しい装置の設計会議
17:30 業務終了・次の日の準備
18:00 退社

CASE2設備の点検・保守

8:40 出勤
9:00 3人チームで現場へ出発
9:30 作業開始
11:00 負荷試験の点検・実施
13:30 休憩
14:30 次の現場へ移動
15:00 発電機の負荷試験・メンテナンス
17:00 帰社後、作業報告書の作成
18:30 業務終了・次の日の準備
18:50 退社

自ら現場へ行き、メンテナンスや点検作業を行うことが多いです。
1日の作業が終わった後、作業報告書の作成や会議を行うなどのデスクワークも発生することがあります。