第三種電気主任技術者

電験三種の科目別勉強方法&通信講座のおすすめポイント

1,515人の方が、この記事を参考にしています。

電験三種(第三種電気主任技術者試験)は、5万ボルト未満の電気工作物における、工事や維持、運用に関する保安監督ができる国家資格です。

電験三種は科目ごとに試験を行い、全科目に合格しなければ免状の取得資格が得られません。

くわえて、電験三種は合格率が例年10%程度と難易度がとても高い試験なので、科目ごとにしっかりと勉強することが大切です。

今回の記事では、電験三種の科目別の勉強法と、通信講座をおすすめする理由について解説します。

電験三種の試験内容と出題形式について

電験三種は、理論・電力・機械・法規の4科目において、各科目60点以上の点数を獲得することで合格できます。

マークシートに直接記入する五肢択一方式で解答し、出題形式は計算問題、穴埋め問題、正誤判定問題の3パターンあるのが特徴です。

具体的な試験内容と試験時間については、次の表を参考にしてください。

科目 試験内容 試験時間(※)
理論 電気理論、電子理論、電気計測および電子計測に関するもの 90分
電力 発電所及び変電所の設計及び運転、送電線路及び配電線路(屋内配線を含む)の設計及び運用並びに電気材料に関するもの 90分
機械 電気機器、パワーエレクトロニクス、電動機応用、照明、電熱、電気化学、電気加工、自動制御、メカトロニクス並びに電力システムに関する情報伝送及び処理に関するもの 90分
法規 電気法規(保安に関するものに限る)及び電気施設管理に関するもの 65分

※令和2年度における試験時間
参照:一般財団法人 電気技術者試験センター「第三種電気主任技術者の受験案内

上記が電験三種の試験内容と試験時間です。
機械と電力の試験範囲が非常に広いため、効率的な勉強法についての情報を集めておきましょう。

【科目別】電験三種の勉強方法

電験三種の試験は、理論・電力・機械・法規の4科目に分かれています。
各科目で重点的に勉強すべきポイントと、効率よく勉強する方法について見ていきましょう。

【理論】基礎を徹底して全ての土台となる知識を身に付ける

理論とは、電気によって起こる現象や性質、法則などを問う科目で、電磁気・電気回路・電子回路の3分野で構成されています。

理論の内容は4科目に通ずる基礎となるので、特に重点的に勉強しましょう。

直流回路や電磁力、オームの法則、ブリッジ回路、フレミングの法則など、中学・高校の数学や理科で習う内容を土台として解く問題が多く出題されます。

そのため、これらの内容を忘れてしまった方は、中学・高校の数学と理科を復習してから、理論に取り組むことがポイントです。

また、出題傾向は8割が計算問題、2割が穴埋め問題、正誤判定問題です。

公式を使えばすぐに解ける、という簡単な計算問題は出題されないので、過去問や問題集を使って演習を重ねましょう。

【電力】4分野の違いを理解して過去問を繰り返し解く

電力は、発電から電気が供給されるまでの仕組みに関する問題で、発電・変電・送配電・電気材料の4分野から出題されます。

電力会社などで発電や送電に従事している方は、比較的解きやすい問題です。
送配電の分野は5割ほど出題されるため、重点的に勉強して点数を稼ぎましょう。

ただし、理論の科目で登場した直流、交流、三相交流回路の知識が必要なので、こちらも合わせて対策してください。

計算問題は約4割と理論よりは少ない反面、6割が文章問題による正誤判定問題と穴埋め問題です。

文章問題を解くには膨大な知識を暗記しなければいけないため、計算問題を重点的に対策すると効率的に点数を稼げます。

また、電力は比較的出題傾向が似通っているので、過去問を繰り返し解くことが合格するために効果的な対策法です。

【機械】4機を攻略して得意な分野を増やす

機械で出題される問題は、電気を作る機械や電気を使う機器に関する問題です。
出題される問題の分野が非常に多いので、受験生にとって特に難しい科目と言われています。

電気を作る機械の分野では、変圧器・直流機・同期機・誘導機の仕組みの専門的な知識を問われる問題が多く出題されます。

この分野が問題の約7割を占めるため、4つの違いについて理解し、重点的に勉強することがポイントです。

計算問題は全体の半分ほど出題されますが、等価回路に書き換える知識と、理論の知識で解ける問題を中心に出題されます。

その半分は正誤判定と穴埋めの形式で出題されるので、機械も電力と同様に、過去問を繰り返し解きましょう。

また、照明や電気化学、電源と電気加熱の分野は、身近なものなので比較的解きやすい問題です。

問題の分野が非常に多い機械は、4機をマスターすること、得意な分野を増やしていくイメージで効率的に勉強しましょう。

【法規】暗記問題よりも計算問題を先にマスターする

法規で出題される問題は、電気事業法などを問う電気関係法規・電気設備の設置基準・電気設備管理の3分野です。

約4割は計算問題が出題され、正誤判定と穴埋めでは法律や基準の暗記が必要です。

計算問題は理論・電力・機械の知識が必要ですが、実際の問題は電力の計算問題と似ているので、まずは計算問題から着手すると効率的に勉強できます。

また、穴埋め問題では法律に基づいた「数値」も出題されるため、語句だけでなく、全ての内容を暗記しなければいけません。

暗記するためには、問題を繰り返し解かなければいけないため、先に計算問題をマスターしておきましょう。

電験三種の勉強は理論からスタートする

上記を踏まえたうえで電験三種はどの科目の勉強からスタートするのがよいのでしょうか?
結果からお話しすると、理論から始めるのがベストです。

理論で登場する計算問題は、その他3科目の計算問題を解くうえで必要な知識の基礎的部分です。
逆に言うと、理論の計算問題が解けなければ他の科目で登場する計算問題は解けません。

直・交流回路やベクトルを徹底して対策することで、電力や機械などで登場する計算問題を解ける力が身に付きます。

理論を勉強した後は、点数の稼ぎやすい法規と並行して電力と機械の勉強を進めてください。

電験三種は独学より通信講座をおすすめする理由

参考書や問題集を使って独学することも可能ですが、初めて電験三種に挑戦する方は、わからない問題で手が止まってしまうこともあるでしょう。

科目ごとに対策が必要な電験三種は、独学よりも通信講座で勉強するのがおすすめです。
そこで、独学よりも通信講座をおすすめする理由と、通信講座のメリットを紹介します。

カリキュラムに沿った動画とテキストで勉強できる

通信講座は動画で講座を視聴し、その内容に沿ったテキストで勉強する方法です。

動画とテキストはカリキュラムに基づいているので、そのとおりに勉強すればスケジュール管理が簡単に行えます。

また、通信講座では、教材が全て揃っていることもメリットの一つです。

講座はプロの講師によるわかりやすい解説と、テキストは重要なポイントを押さえているので、効率よく勉強するのに役立ちます。

一方、独学では数ある参考書や問題集から、わかりやすいものを探さなければいけません。
勉強計画やスケジュールも全て自分で管理するため、独学は挫折してしまう恐れがあります。

わからないときはサポートが受けられる

独学ではわからない問題を質問する環境がありません。
そのため、勉強に対するモチベーションが低下しやすいのが問題点です。

一方、通信講座は質問できるサポートが整っており、独学よりも安心して勉強に取り組むことが可能です。

質問をしたい場合、スマホで質問を撮影し、通信講座のシステム上にアップロードするという方法でも質問できます。(メール本文のみでも質問を受け付けています。)

文章で質問するのは難しいことが多く、説明するために時間を割くことも少なくありません。
その点、スマホの撮影は説明が不要なので、わからない問題を放置せず、早く理解できます。

質問できるという安心感は独学にはないメリットなので、仕事をしながら勉強する方に最適と言えるでしょう。

電験三種は科目別の対策&通信講座で勉強を

電験三種は4科目の合格が必要なうえに、合格率が10%前後と難易度が高い試験です。
電験三種に合格するためには、科目ごとにポイントを押さえた対策を取らなければいけません。

理論は4科目の基礎となる科目なので、最初に勉強すること、中学・高校の数学と理科の知識を強化することが重要なポイントです。

どの科目も計算問題が出題されますが、過去問や問題集を使って演習を積むことが効果的でしょう。

ただし、初めて電験三種を受験する場合、独学では難しいと感じる方は少なくありません。
そういった方は、わかりやすい解説を聞いて勉強できる、通信講座の利用をおすすめします。

SATのWeb講座なら、わかりやすい講義動画で、どこでも手軽に学習できます。

『このブログについてお気づきの点等ございましたらこちらにご連絡下さい』

『電験三種の科目別勉強方法&通信講座のおすすめポイント』の記事について

取りたい資格・知りたいことをお選びください