第三種電気主任技術者

電験三種に合格するために!おすすめ参考書を徹底比較!

55,800人の方が、この記事を参考にしています。

電験三種に確実に合格するために必要な参考書や勉強方法を解説します。自分に合ったものを選んで着実に勉強すれば合格することも可能なので、ぜひ最後まで読んで勉強に取り組んでください。

1.電験三種の参考書を選ぶポイント

参考書はかなりの数が販売されているものの、すべての参考書が自分に合うわけではありません。

今回は自分に合った参考書を見つけ、効率よく学習するために、参考書の選び方を解説していきます。

1-1.基本を固めることに重点をおく

電験三種は公式や法則に沿った計算が試験に出題されるため、基礎を固めることが非常に重要です。

ただし、ここでいう基礎とは本質を理解することであって、公式の丸暗記ではありません。

電験三種資格は試験問題が科目ごとに分かれているものの、基本となる考え方は共通しています。そのため参考書を選ぶ場合は、基本を固められる内容であるかどうかを基準にして選ぶことをおすすめします。

1-2.難しい参考書が役に立つとは限らない

難解な問題を解けた場合、自分の学習のレベルが上がったと思ってしまいがちです。

しかし、内容が難しい参考書が合格に役立つとは限らず、試験で得点を取れない可能性もあります。

そのため、自分の知識レベルに合わせた学習を行うことに加えて、何度も反復できる内容の参考書を選択しましょう。

1-3.解説や説明がわかりやすいものを選択する

解説や説明がわかりやすい参考書であれば、学習を行う際にその内容をイメージして記憶することが可能です。

電験三種は、何度も反復して学習を行うことが前提であるため、問題の解説や説明がわかりやすい参考書は自分の記憶を定着させるのにも役立ちます。

2.電験三種のおすすめの参考書

ここからはおすすめの参考書を紹介していきます。
ですがその前に、電験三種の資格試験は【理論・機械・電力・法規】の4科目から構成されていおり、この4科目すべてに合格することで、晴れて電験三種資格試験合格となることを知っておいてください。

2-1.みんなが欲しかった!シリーズ

■みんなが欲しかった!シリーズ


【理論・機械・電力・法規】の4科目がすべてそろっており、わかりやすく解説されています。フルカラーで図解が多い点も魅力でしょう。

初めて電験三種の勉強を始める際におすすめの参考書です。デメリットは基本事項の記載が中心であることで、応用は別の参考書で学ぶ必要があります。

2-2.ニューこれだけシリーズ

■ニューこれだけシリーズ

こちらも4科目すべてそろっています。マンガ、イラストでの説明が多く、わかりやすいという点ではみんなが欲しかった!シリーズと同様です。

2-3.スイスイわかるシリーズ

■スイスイわかるシリーズ

こちらのシリーズも4科目すべてそろっています。内容としては先の2つに比べてやや難しめです。しかし初学者でもスイスイわかるよう丁寧に解説されています。とはいえ完全初学者には先の2つのほうがおすすめです。

2-4.完全マスターシリーズ

■完全マスターシリーズ


完全マスターシリーズも4科目すべてそろっています。完全マスターというだけあって、これをマスターすれば合格基準点に到達することも容易でしょう。ただし少々レベルが高いので、最初から完全マスターシリーズに手を出すのはあまり得策ではありません。

2-5.誰でもわかる電験参考書シリーズ

■誰でもわかる電験参考書シリーズ

誰でもわかるというだけあって、解説がとてもわかりやすいです。デメリットは、電子書籍以外で販売していないことでしょう。そのため電子書籍派の方にのみおすすめできるシリーズです。

3.電験三種に合格するための参考書の使い方

ここからは、効率よく参考書を使用して学習するためのポイントを紹介していきます。

3-1.理論・機械・電力・法規と順番を考慮して学習する

先ほどお伝えしたように、電験三種には【理論・機械・電力・法規】の4科目があります。この4科目のうち、理論から学習を始めることで、電験三種に必要な内容をうまく網羅することができます。

理論で覚えた知識を前提に他の科目の問題が出題されるため、理論はすべての科目の基礎になるといえます。そのため、理論から機械、電力、法規と学習していくことが望ましいといえます。

3-2.計算問題に苦手意識がある場合は復習から始める

電験三種の学習を行う場合、中学・高校レベルの数学や理科の知識量によって、理解度が変わってきます。

そのため、計算や合理的な考え方に苦手意識がある人は中学・高校の数学と理科の復習から始めてみましょう。

3-3.ポイントを押さえたら早めに実践問題に取り掛かる

参考書を徹底的に使い込むよりも、早めに実践問題に取り掛かるのがおすすめです。

そのほうが試験問題の傾向をつかむことができ、押さえるべき要点がわかるからです。参考書はあくまでも問題を解くためにあるものです。過去問を繰り返し解くなどして、問題の傾向を把握し慣れることに注力しましょう。

4.参考書を使って電験三種資格の学習を進めるのに向いている人・向いていない人

参考書を使っての学習は、向いている人と向いていない人に分かれます。

4−1.参考書が向いている人

参考書を使っての学習は、自分の知識レベルを正確に把握したうえで計画的に学習していく必要があります。

もし計画が崩れた場合でも、自分で軌道修正できる人や計画を最後までやり抜く意志の強い人であれば、参考書を使っての学習が向いているといえるでしょう。

4−2.参考書が向いていない人

反対に、計画を立てられない人や計画が崩れた場合立て直すことができない人は、参考書を使った学習には向いていないかもしれません。

しかし参考書が使えなくても、専門学校に通ったり、Eラーニングなどの通信講座を受けたりと様々な学習手段があるため、別の方法からアプローチしてみることも可能です。

まとめ

電験三種はシリーズものの参考書が複数発売されています。どれを選択しても、しっかり取り組めば知識となって身につきますが、最初からハードルの高いシリーズを選択すると挫折する可能性があります。

なるべく簡単なシリーズから入って、物足りない場合は、より難易度の高いシリーズに移るのがおすすめです。特に初学者は挫折しない工夫が大切ですね。
SATのWeb講座なら、分かりやすい講義動画で、どこでも手軽に学習できます。

『このブログについてお気づきの点等ございましたらこちらにご連絡下さい』

『電験三種に合格するために!おすすめ参考書を徹底比較!』の記事について

取りたい資格・知りたいことをお選びください