公害防止管理者

公害防止管理者試験の勉強時間はどれくらい?効率的な勉強方法と要注意科目

789人の方が、この記事を参考にしています。

公害防止管理者は国家資格の一つで、取得難易度が比較的高いといわれています。公害防止管理者試験をこれから挑戦する場合、勉強時間がどの程度必要なのか、どう勉強すればよいのかなど気になることは多いでしょう。
そこで今回は、公害防止管理者の合格に必要な勉強時間の目安、効率的な勉強方法、注意が必要な科目について解説します。

公害防止管理者試験の勉強時間の目安

公害防止管理者資格の取得には、一般的に100~150時間程度の勉強が必要だといわれています。平日に1時間、休日に3時間の勉強時間を仮定すると、約2ヵ月~3ヵ月かかる計算です。

ただし、受験する区分に関する専門知識や化学の知識がない場合、150~250時間ほど必要になる場合もあります。化学の知識は高校レベルでも対応できるため、しっかり勉強すれば合格のチャンスはあるでしょう。

「一発で合格したい」など、より合格率を高めたい場合、200時間を目安に勉強するのも一つの考え方です。

公害防止管理者試験の効率的な勉強方法

公害防止管理者試験は、各科目の試験範囲が広い反面、問題数が少ないという特徴があります。試験範囲を全て勉強すると多くの時間が必要になるため、勉強を効率化するのがおすすめです。
そこで、公害防止管理者試験を効率的に勉強するにあたり、知っておくべきことを紹介します。

公害防止管理者の勉強に「電話帳」は必要?

電話帳とは、公害防止管理者試験のバイブルとされる、『新・公害防止の技術と法規』という問題集のことです。見た目の分厚さから、通称「電話帳」と呼ばれています。

電話帳には、公害防止の実務的な知識が網羅されており、公害の実務で大いに役立ちます。しかし、情報量の多さから、合格に必要な要点を押さえる効率的な勉強には適していません。そのため、実際には電話帳を使わず、過去問と市販のテキストだけで合格する方も多くいます。

ただし、基本的な内容を理解するときは、電話帳を読み込むのが効果的です。過去問やテキストでわからない問題があった場合など、必要に応じて用意するとよいでしょう。

公害防止管理者をテキストで独学する方法

独学で勉強する際は、無料配布される過去問とテキストが必須です。公害防止管理者試験は基本的に過去問と出題傾向が似ているため、過去5年分の過去問をくり返し解き、テキストを辞書代わりに使うことで受験対策になります。また、インターネットで問題の解説を検索する方法も有効です。

試験内容は暗記系が中心のため、復習を重点的、かつ毎日することがポイントです。ただし、丸暗記では忘れるリスクがあるため、関連付けて暗記することを意識しましょう。

独学での合格を目指すなら、通信講座がおすすめ

通信講座の大きなメリットは、テキストに加えて動画を使って勉強できることです。文字だけで勉強するのと比べ、視覚と聴覚を使うため理解度が高くなります。

また、通信講座のテキストは試験に出る要点をわかりやすく押さえているので、広い出題範囲を効率的に勉強できます。市販のテキストで勉強する場合、「どこから手をつけるか」という悩みはつきものですが、通信講座ではカリキュラムが組まれているため、安心して目の前の課題に集中できるでしょう。

また、公害防止管理者は業務上で取得するケースが一般的で、多くの場合仕事と勉強を両立させる必要があります。カリキュラムがある通信講座は、限られた勉強時間を最大限に活用できる点も魅力です。

【公害防止管理者の勉強】注意すべき試験科目

公害防止管理者試験は過去問と傾向が似ているため、多くの問題は暗記で対応可能です。しかし、過去問と暗記だけでは対策が不十分な科目も一部あります。

公害総論・水質概論の時事問題

全試験区分で共通の公害総論と、水質関係の水質概論では最新の時事問題が出題されます。時事問題は古いテキストに掲載されていないので、最新版を購入することがポイントです。加えて、環境省のホームページにある環境白書をチェックし、最新情報を収集するとよいでしょう。

大気関係・水質関係の計算問題

大気関係の「大気特論、ばいじん・粉じん特論、大規模大気特論」、水質関係の「汚水処理特論」では計算問題が出題されます。

大気特論は「燃焼計算」が合格のカギとされていますが、計算方法を覚えれば比較的簡単に回答可能です。他の科目も公式を使って計算するため、公式を暗記し、演習を重ねれば十分対策できるでしょう。

また、汚水処理特論も公式で計算しますが、汚水処理の方法や分析などボリュームが多いため、勉強時間を多めに割くことをおすすめします。

公害防止管理者合格には、100時間以上の勉強時間が必要

公害防止管理者の国家試験に合格するには、最低でも100時間以上、基礎学力によっては200時間程度の勉強が必要です。公害防止管理者試験は出題範囲が広く、問題数が少ないため、ポイントを押さえた効率的な勉強方法がカギとなります。
電話帳は絶対に必要とはいえませんが、基礎的な知識を学びたいときは活用するとよいでしょう。

勉強と仕事を両立させるという点では、動画を活用した効率的な勉強ができる通信講座が大いに役立ちます。注意が必要な計算問題もしっかり対策できるため、苦手科目の克服にもつながるでしょう。
最短で公害防止管理者資格を習得したい方は、通信講座を上手に活用してみてください。

SATのWeb講座なら、分かりやすい講義動画で、どこでも手軽に学習できます。

『このブログについてお気づきの点等ございましたらこちらにご連絡下さい』

『公害防止管理者試験の勉強時間はどれくらい?効率的な勉強方法と要注意科目』の記事について

取りたい資格・知りたいことをお選びください