第三種電気主任技術者

電験三種は求人で有利?どんな求人があるの?

3,263人の方が、この記事を参考にしています。

「電験三種」は、「第三種電気主任技術者」という電気の資格です。合格率が非常に低いことでも知られています。それだけに、電験三種の資格を保有していると求人の幅は大幅に広がります。電験三種合格者は求人でも有利なのかどうか、なぜ電験三種合格者が求人で有利なのか、知りたいと思いませんか?

今回は電験三種と求人についてご紹介していきます。

電験三種はなぜ求人で人気なの?

そもそも、電験三種を持っていることが、なぜ求人で人気となるのでしょうか?これは非常に答えがシンプルです。この資格を持つ方がいないと、仕事を進められない業務があるためです。

例えば、一定以上の規模の電気工事を行う際には電気事業法という法律に基づいて必ず「第三種電気主任技術者(電験三種合格者)」を現場に配置することが義務付けられています。

また、一定規模以上の工場や大型の商業施設、ビル、鉄道などにおいては、電験三種資格保有者を選任しなければならないと法律で定められています。

電験三種合格者を配置しない工事や、ビルに電験三種資格保有者を設置していないと法令違反になることが、人気の理由となっています。

資格を持っていれば就職有利!というキーワードやフレーズはよく聞きますが、実際には資格を持っていてもそこまで求人に有利かどうか…というものも中には確かに存在します。

しかし、電験三種はそもそも根本から違います。
「この資格がないと事業者は法令違反になるので、電験三種合格者は求人で人気」と聞くと、納得ですね。

電験三種は狭き門!

ところで、記事の冒頭でもお伝えしたとおり、電験三種合格は非常に狭き門です。

合格率が9%台になる年もあるなど、試験の問題が難しく、また合格者も年間4,000人程度です。

さらに、電験三種の資格は随時受験可能というものではありません。毎年1回、試験が全国で行われるのみです。

つまり、大学受験と同様に年に1度しか受験のチャンスがありません。仮に電験三種を受験したとして、試験に合格できないと、翌年までその資格の取得は不可能となります。

ここが「社会の需要に対して電験三種資格保有者の数が少なく、年に1度の試験ということが電験三種資格保有者にプレミアがついている」理由です。

なんとなく、電験三種が求人で有利な理由がわかってきた気がしませんか?

Q.電験三種の合格は難しいの?

A.非常に難しいです。

先ほどもご紹介した通り電験三種は合格率が極めて低く、狭き門です。また、この狭き門をさらに狭めているのが「電験三種の受験は4科目を3年以内に合格しなければならない」という条件です。

それぞれの科目をバランスよく学習し、知識を蓄えておかねばなりません。

そのため、独学で電験三種の合格を目指すとなるとかなり厳しいものがあるでしょう。特に参考書オンリーで学習を進めようとすると、電気に関するしっかりした知識がない限り合格は難しいかもしれません。

電験三種合格で広がる求人の可能性

電験三種合格で、さまざまな業界への転職の可能性がアップします。それは、電験三種の資格保有者を求める業界が非常に多いためです。

ここでは電験三種合格によって、求人の可能性がアップする業界をいくつか紹介します。

電験三種合格者ならビルメン業界がおすすめ

ビルメンとも呼ばれる「ビルメンテナンス」業界では、電験三種合格者が「お払い箱」になることはまずないと言ってよいでしょう。
「ビル」という構造物を考えたとき、そのほとんどは「電気工作物のかたまり」といってよいのではないでしょうか?

電気の通っていないビルや高層建築物は、一般的にはありえません。

つまり、ビルのメンテナンスは定期的に行わなければならず、またビルが日本から消えるということもまず考えられないため、定期的なメンテナンスや保守業務において電験三種資格合格者は必要不可欠な存在です。

今後も高度経済成長期に建設されたビルのメンテナンスが必須となるため、求人の増加が期待されます。

電気の保安に関する業界

電気の保安に関連する業界において、電験三種の資格保有者の求人が切れることはまずありません。

なぜなら、電験合格者は本来、現場において電気主任技術者として活躍することが見込まれているものの、その専門的な知識から、現場でエンジニアとして活用したいという業界も多いからです。

つまり、法律上からの電気主任技術者の選任をするという目的の他にも、資格保有者は活躍の場が用意されています。

若い業界からも求人多数!新エネルギー関連業界

電験三種合格者は、新エネルギーに関連する「若い業界」からも注目が集まっています。

太陽光発電や再生可能エネルギー利用など、さまざまなエネルギーを電力に変換するという試みが国をあげて推進されている中、電力業界に新たな風を吹き込むような企業が増加しています。

また、こういったまったく新しい分野に参入する企業は、とにかく資格やきちんとした知識を保有している人員を採用しようとする傾向があります。

このため、本来の目的である電気主任技術者の選任という部分のみならず、新しいアイデアや柔軟な発想で業務にあたることができるエンジニアとして電験三種合格者を採用するという動きもあります。

特にビルメンテナンスや電気保安業界については、同じ電験三種合格者でも若手よりベテランのほうが重宝されるケースも否定できません。

しかし、新しい技術や新しい発想を求める業界では経験がほぼないような新しい電験三種合格者を中心に求めているケースもあります。

電験三種の資格を活かせる求人例

電験三種の資格を活かせる求人は、数多くあります。その中から、代表的な求人をピックアップしてみました。
【A社の場合】
地域 : 全国各地
仕事内容 : ビルのボイラーやエレベータ―、空調などの設備点検
応募条件 : 未経験者歓迎
給料 : 月給210,000円~320,000円
手当 : 資格手当10,000円(電験三種の場合)
モデル年収 : 38歳(電気主任職)・550万円

【B社の場合】
地域 : 東京、神奈川、千葉、埼玉のいずれか
仕事内容 : オフィスビル、商業施設、物流施設などの設備管理
応募条件 : 不問。未経験者歓迎
給料 : 月給216,000円以上
手当 : 資格手当20,000円(電験三種の場合)
モデル年収 : 入社5年・403万円(電工二種、ビル管、電験三種資格保有。残業10時間)

【C社の場合】
地域 : 全国
仕事内容 : 高圧受変電設備の保守・点検
応募条件 : 電験三種必須・実務経験5年以上
給料 : 月給238,000円~318,000円(別途、保安従事者確認35,000円を支給)
手当 : 資格手当20,000円(電験三種の場合)
モデル年収 : 入社1年・380万円/入社6年・500万円(別途、賞与の支給あり)

このように電験三種をお持ちの方は、入社後の年収は300万円台となる場合も多くなっています。一方で、経験を積むことで、400~600万円程度の年収が期待できます。上記にあげた求人では資格手当が毎月1~2万円支給されることも、年収を上げる要因となっています。

未経験でも就職できる?

電験三種の資格を活かして就職を目指す場合、経験者と未経験者では経験者のほうが有利となる場合が多くあります。一方で、電験三種の有資格者は不足していますから、未経験の方でも就職するチャンスは十分にあります。なかには未経験であるにもかかわらず、「経験者募集中」の求人に応募し内定するケースもありますから、あきらめてはいけません。
このため、「未経験歓迎」の有無にかかわらず、気になる求人に応募するとよいでしょう。求人はハローワークよりも、転職サイトや人材紹介サイトで探すと希望に近づけます。

SATの第三種電気主任技術者講座という選択肢

電験三種・第三種電気主任技術者は求人に強いということが今回の記事でおわかりいただけたのではないでしょうか。
では、ゼロスタートの状態から電験三種に合格するためには、どんな方法が効率的でしょうか?
独学、専門学校、動画教材、その他通信教育などさまざまな方法がありますが、合格者実績の高い手段を選ぶとよいでしょう。

電験三種試験は、年に1度しかそのチャンスがやってきません。

学習をスタートして1年間という時間をかけ、合格することができなければ、また1年待たなければならないのです。

ならば、最短距離で実際に合格者が続出している教材を利用するのが最も効率的といってよいでしょう。

もちろん、専門学校に通って通学しながら電験三種の試験対策をするというのも1つの方法です。しかし、その場合数十万円単位でコストもかかりますし、時間的な制約も生まれてしまいます。

そこで紹介させていただきたいのが、受講者31,000名を突破しているSATの第三種電気主任技術者合格講座です。

こちらの講座はモチベーション管理から、効率的な学習まで無駄なく一気に学習が進みます。

将来のキャリアアップにつなげるためにも、まずは無料サンプルを受け取り、電験三種の世界に足を踏み入れてみませんか?

まとめ

電験三種は、さまざまな業界から求められる資格です。合格すると応募できる求人の幅が広がり、資格を活かして就職できることはメリットの1つです。また、月々の収入がアップする企業が多いことも、うれしいポイントにあげられます。

一方で電験三種は、合格が難しいという特徴もあります。このため、独学での学習はすすめられません。SATでは無駄なく学習を進める通信講座を用意していますから、積極的に活用し合格を勝ち取りましょう。

『このブログについてお気づきの点等ございましたらこちらにご連絡下さい』

『電験三種は求人で有利?どんな求人があるの?』の記事について

取りたい資格・知りたいことをお選びください