有機溶剤業務従事者教育

有機溶剤特別教育の時間はどのくらい?少しでも時間をかけない方法は?

369人の方が、この記事を参考にしています。

有機溶剤とは、化学物質の一種で塗装や洗浄、印刷、接着など、幅広い業種で使用されています。揮発性が高く、蒸気となって作業者の呼吸を通して体内に吸収されやすく、また、油脂に溶ける性質もあります。有機溶剤のような有害な業務に労働者を従事させる場合は安全衛生教育を行うよう規定されています。

この記事では、有機溶剤特別教育にはどのくらいの時間がかかるのか、講習を受講できる団体を例にして、少しでも時間がかからない方法をご紹介します。

有機溶剤特別教育の受け方

有機溶剤特別教育は、企業外で受講する方法と、企業内で実施する方法、Web受講の3通りがあります。企業外で受講する場合には、お住まいの各都道府県に厚生労働省から登録の指定を受けた教習機関があると思います。その教習機関で、定期的に特別教育が実施されていますので、ホームページなどを参照し日程を確認してみましょう。

受講対象者が単独ではなく、多数いる場合には出張講習などを利用して、担当の講師に来てもらい企業内で受講する方法をオススメします。出張講習はすべての教習機関で実施できるわけではないので、あらかじめ確認しておくようにしましょう。また、出張講習の場合、通常の料金よりも高めの料金設定となっています。

受講する場所や時間に制約されず、自分の好きな時間に講義を受けたい方は、Web受講がオススメです。Web受講のメリットについては後ほど、詳しく説明致します。

申し込み方法は、各教習機関のホームページに掲載されていますがWeb申し込みや、書式をダウンロードしてFAX送信による申し込み、または郵送で送付する方法、窓口での直接申請の4通りがあります。教習機関により、FAXもしくは郵送のみで、Web申し込みを受け付けていない場合もあります。

支払い方法についても、各講習期間でそれぞれ異なります。例えば、クレジットカードによる支払いが可能な機関もあれば、あらかじめ指定されている金融機関の口座に振り込みで支払う場合もあります。

申し込み手順はホームページで確認すれば、それほど複雑なものではありません。手順が不明であれば教習機関のお問い合わせフォームからご確認ください。

有機溶剤特別教育にかかる時間は講習によって異なる

有機溶剤特別教育のカリキュラム、時間、受講料金は各教習機関によって異なります。
いくつかの団体を例として特徴を交えて紹介していきます。

一般団法人 茨城労働基準協会連合会

https://roukiren-ibaraki.or.jp/

・開催地:茨城労働基準協会連合会 中央安全衛生教育センター
・受講料:一人あたり5,236円(教材費・990円)
・カリキュラムと講習時間:講習時間は計4.5時間

有機溶剤による疾病及び健康管理 1時間
作業環境管理 2時間
保護具の使用方法 1時間
関係法令 0.5時間

こちらの教習機関は開催場所が茨城県のみとなっています。ホームページから申し込み期間と定員の残数を確認することができるので、残数があることを確認してから申し込むことが可能です。

申し込み方法は、受講申込書をダウンロードして必要事項を記載したらFAXにて送信します。受講料とテキスト代は指定銀行の口座への振り込みとなり、テキストは着払いでの受け取りとなるので注意しましょう。

株式会社 きらめき労働オフィス

http://www.kirameki-sr.jp/yukiyouzai

・開催地:全国各地
・受講料:一人あたり8,900円~9,500円(税抜き) ※受講者数により料金変動。
・カリキュラムと講習時間:講習時間は計4.5時間

有機溶剤による疾病及び健康管理 1時間
作業環境管理 2時間
保護具の使用方法 1時間
関係法令 0.5時間

こちらの教習機関は出張講習がメインとなります。その為、受講料金も受講者数により変動します。料金案内では12名からの料金表示となっていますが、12人未満でも受け付けてくれます。基本的に、個人的な受講を考えている方は別の教習機関を検討しましょう。
平日は予定が立てられないという企業でも、相談することにより土日でも講習を開催してもらえます。

きらめき労働オフィスには、社会保険労務士等の専門家も在籍しています。その為、労働災害防止、メンタルヘルス・ハラスメント対策など職場の安全衛生管理についても深いアドバイスを聞くことが可能です。

合同会社 森中労働衛生コンサルタント事務所

http://www.roudoueisei.co.jp/yuuki.html

・開催地:全国各地
・受講料:10名以下→1回あたり ¥61,930円
 11名以上→1人あたり ¥6,193円
 ※受講者数により料金変動。
・カリキュラムと講習時間:講習時間は計4.5時間

有機溶剤による疾病及び健康管理 1時間
作業環境管理 2時間
保護具の使用方法 1時間
関係法令 0.5時間

カリキュラムのスケジュールは9:00~15:00の1日での予定となっています。こちらの教習機関も出張講習をメインとしており、申し込み企業の要望により土日開催も可能となっています。受講料金はテキスト代及び税込みで一人あたり約6,000円となっているのでとてもリーズナブルです。

申し込みは原則FAXでの申請となっており、開催日程の空き状況確認は、FAX、メール、電話のいずれかによる方法で確認できます。あらかじめ、開催日程を確認してから申し込むという手段になります。

一般財団法人 中小建設業特別教育協会

https://www.tokubetu.or.jp/gaiyo.html

・開催地:全国各地
・受講料:一人あたり9,500円(テキスト代、消費税込み)
・カリキュラムと講習時間:講習時間は計6.0時間

有作業環境管理 1.5時間
作業管理 1時間
健康管理 1.5時間
災害事例及び関係法令 2時間

こちらの協会は、東京会場もありますが全国各地対応の出張講習もあるので、遠方に住んでいる方でも気軽に受講することが可能です。

申し込みはFAXもしくは専用フォームからの申し込みとなっており、申し込み後に受講料を指定された銀行口座へ支払うという手順となります。

ホームページでは無料WEB教材という項目があり、社内の安全教育で使えるポスターや教材が無料で公開されています。

上記でご紹介した団体は一部ですので、他にも調べると受講できる団体はあります。自分が住んでいる地域、受講可能な日程、受講費用などをあらかじめ把握した上で受講するようにしましょう。

有機溶剤特別教育の時間短縮にはWeb講座がおすすめ

有機溶剤特別教育を受講できる教習機関をいくつかご紹介しましたが、早く受けたいなど、場所を選びたくないという方であれば、Web講座をオススメします。

パソコンやスマホ、タブレットで視聴可能なので、ご自宅や外出時など場所を問わず好きなところで学習を進めることができます。場所や時間に制約されないので、せっかくの土日休みを特別教育の講習で予定を埋めてしまうということもありません。

通勤時間に視聴してもいいし、お昼休みでも、帰宅後でも自分の空いている時間をいつでも活用できます。

出張講習などと違い、4.5時間~6時間といったまとまった時間を取る必要もありません。自分の好きなペースで学べるので、集中力が続かない人でも安心です。

料金面から見ても、SATの通信講座では8,000円(税抜き)とかなり安いです。自由に講座を受けられてサポートも充実していてこの値段ですので、受講するメリットは大きいのではないでしょうか。

さらに、受講料金の振り込みでクレジットカード、Amazon Payが利用可能となっている為、分割払いも可能ですし、支払い後すぐに受講することができます。

SATの通信講座は以下のリンクから申込みすることができます。
SAT

まとめ

有機溶剤特別教育が受講できる団体と少しでも時間をかけない方法について紹介してきました。それぞれ教習機関により、時間、料金、開催地など違ってきます。どうしても出張講習となるとみんなと同じ時間で特別教育を学ぶ必要があります。

ですが、WEB講座であれば、講習会場まで行く時間も不要ですし、自分の好きな時間に受講できます。

少しでも時間をかけずに有機溶剤特別教育を受講したいという方は、WEB講座も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

SATのWeb講座なら、分かりやすい講義動画で、どこでも手軽に学習できます。

『このブログについてお気づきの点等ございましたらこちらにご連絡下さい』

『有機溶剤特別教育の時間はどのくらい?少しでも時間をかけない方法は?』の記事について

取りたい資格・知りたいことをお選びください