衛生管理者講座

試験内容と制度について

衛生管理者の試験スケジュール 全国7箇所で毎月複数回実施されています。

受講資格は無く、どなたでも受講していただけます。
2019年は、下記のようなスケジュールで実施されます。

2019年 衛生管理者 受講スケジュール

試験日 毎月 1~4回 地域により異なる
受講料 第一種・二種ともに6,800円
試験時間 第一種・二種共に13:30~16:30の3時間
受講資格 基本的に高校卒業をされていて、事業者から証明書を発行していただければ受験できます。

試験会場について

北海道安全衛生技術センター 〒061-1407 北海道恵庭市黄金北3-13
東北安全衛生技術センター 〒989-2427 宮城県岩沼市里の杜1-1-15
関東安全衛生技術センター 〒290-0011 千葉県市原市能満2089
中部安全衛生技術センター 〒477-0032 愛知県東海市加木屋町丑寅海戸51-5
近畿安全衛生技術センター 〒675-0007 兵庫県加古川市神野町西之山字迎野
中国四国安全衛生技術センター 〒721-0955 広島県福山市新涯町2-29-36
九州安全衛生技術センター 〒839-0809 福岡県久留米市東合川5-9-3

特に、関東センター、中部センター、近畿センターは月に3~4回実施されています。

北海道センターと九州センターは逆につきに1回程度実施と少ない回数です。
いずれの試験会場もアクセスがあまりよくない場所にありますので、1回で合格できないと負担が多くなります。

より詳しい試験概要はこちらをご覧ください : 安全衛生技術試験協会HP

試験科目と合格率・対策 毎年難化傾向があります。受験日までにしっかりと問題対策を行いましょう。

1第一種

労働衛生 有害業務10問+有害業務以外のもの7問
関係法令 有害業務10問+有害業務以外のもの7問
労働生理 10問

2第二種

労働衛生 有害業務以外のもの10問
関係法令 有害業務以外のもの10問
労働生理 10問

合格ライン

「科目ごとの得点が40%以上で、かつ、その合計が60%以上であること」

1第一種

関係法令(有害業務) 10問中4問以上の正解が必要
関係法令(有害業務以外) 7問中3問以上の正解が必要
労働衛生(有害業務) 10問中4問以上の正解が必要
労働衛生(有害業務以外) 7問中3問以上の正解が必要
労働生理 10問中4問以上の正解が必要
以上のすべてを満たし合計が60%以上である必要があります。

2第二種

関係法令(有害業務以外) 10問中4問以上の正解が必要
労働衛生(有害業務以外) 10問中4問以上の正解が必要
労働生理 10問中4問以上の正解が必要
以上のすべてを満たし合計が60%以上である必要があります。