【絶対合格】無線の資格を取ろう!無線技士の資格取得に必要なすべて

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

無線の技術は、身に付けると就職・転職に有利です。今、手に職を付けたい人の間では無線技士など無線に関する資格取得に注目が集まっています。しかし、無線の資格にもさまざまな種類があるため、どんな種類を取得するといいのかよくわからない人も多いことでしょう。そこで、今回は無線に関する資格を詳しくご紹介するだけでなく、効率よく勉強する方法も伝授します。

  1. 無線の基礎知識を学ぼう
  2. 無線の資格について理解しよう
  3. 無線の資格取得について詳しく解説
  4. 無線の資格取得のための勉強法を紹介
  5. 無線の資格に関するよくある質問をチェック!

無線の技術を必要としている職場は、想像以上にたくさんあります。資格取得者は、転職や再就職にも有利になることは確実です。無線の資格取得を考えている人は、記事をよく読むことで合格に必要なコツやポイントを身に付けることができます。資格試験に合格するためにも、ぜひともじっくり読んでみてください。


1.無線の基礎知識を学ぼう

まずは、無線についての基礎知識を学びましょう。基本を学ぶことで、資格取得へのモチベーションを高めることができますよ。

1-1.無線とは

無線とは、ケーブルを使わずに通信をする技術のことを言います。無線の通信手段は、光や赤外線です。無線で通信することを、ワイヤレス通信と表現することもあります。私たちの生活には無線の技術を利用した製品が多く、もはや無線なしでは生活に支障が出るほどに身近なものとなっているのです。

1-2.無線に関係する仕事には何がある?

無線に関係する仕事には、主に以下のようなものがあります。

  • テレビ局やラジオ局の運用や無線設備操作
  • 航空管制塔や港湾事務所での無線操作
  • 電気通信事業会社での無線操作
  • タクシー会社での無線操作

このほかにも、無線を扱う職種はたくさんあります。無線の資格は、無線設備操作を行うために必要な国家資格ですから需要が高いのです。

1-3.趣味としての無線の魅力

個人の趣味として、無線通信を楽しむ人もいます。個人的な無線通信は、無線従事者資格を取得し免許を得ることと、アマチュア業務を行う無線局の開局と申請を行うことの両方が必要です。アマチュア無線は、世界各国・面識が無い人と通信のやりとりができる点が大きな魅力と言えます。金銭で利益を得ることが目的ではないため、純粋な趣味として楽しむことができるのもメリットです。