技術士

技術士の平均年収はいくら?さまざまな角度からみた目安と年収アップのコツ

6,734人の方が、この記事を参考にしています。

技術士は科学技術の分野で最高峰の資格で、高度な専門知識や応用能力を備えた技術者と認められます。しかし、技術士は認知度が低い資格ゆえに、有資格者の年収はどれくらいなのか、気になる方も多いでしょう。

今回は、さまざまな角度から見た技術士の平均年収の目安と、技術士として年収を上げる方法について解説します。

技術士の平均年収

厚生労働省の賃金構造基本統計調査(平成31年・令和元年)における、技術士の全国平均の年収は、以下のとおりです。

No. 性別 平均年齢 平均勤続年数 平均年収
1 男性 46.6歳 14.0年 632万3,400円
2 女性 39.8年 8.8年 542万8,600円

出典:厚生労働省 賃金構造基本統計調査
https://www.e-stat.go.jp/dbview?sid=0003084962

なお、平均年収は所定内給与額×12に、年間賞与その他特別給与額を足して算出しました。所定内給与額とは、家族手当や通勤手当を含んだ、毎月支給される賃金を指します。

技術士の平均年収【男女・経験年数別】

厚生労働省のデータをもとに、平成30年の男性、女性、経験年数別の年収(全国平均)を紹介します。

技術士の平均年収【男女・経験年数別】
性別 経験年数 平成30年
男性 経験年数計 416万7,600円
0年 290万400円
1~4年 347万2,800円
5~9年 368万400円
10~14年 411万4,800円
15年以上 472万800円
女性 経験年数 平成30年
経験年数計 324万9,600円 
0年 330万1,200円
1~4年 303万2,400円
5~9年 311万7,600円
10~14年 346万800円
15年以上 363万8,400円

出典:厚生労働省 賃金構造基本統計調査https://www.soumu.go.jp/main_content/000635993.pdf#page=47

上記の金額は、所定内給与額×12で算出したものです。賞与などは含まれていないため、実際の年収は勤務先によって開きがあります。

技術士の年収目安【企業規模別】

技術士の年収は、企業規模によっても差が出ます。ここでは、企業規模別の技術士の年収目安をチェックしましょう。

No. 従業員数 年収の目安
1 ~99人 531万5,100円
2 ~999人 578万5,200円
3 1,000人以上 628万5,200円

出典:資格Times
https://shikakutimes.jp/mechanic/1764

他の業界・業種と同じく、従業員数が増えるにつれ、年収が上がっていく傾向にあります。ただし、技術士は小さい企業でも高い年収を得ているケースもあるようです。

技術士の年収目安【地域別】

続いて、地域別の技術士の年収目安を紹介します。(2020年12月4日時点)

No. 地域 年収の目安
1 北海道・東北 502万円
2 関東 478万円
3 甲信越・北陸 469万円
4 東海 419万円
5 関西 447万円
6 四国 454万円
7 中国 370万円
8 九州・沖縄 411万円

出典:求人ボックス 給料ナビhttps://xn--pckua2a7gp15o89zb.com/%E6%8A%80%E8%A1%93%E5%A3%AB%E3%81%AE%E5%B9%B4%E5%8F%8E%E3%83%BB%E6%99%82%E7%B5%A6

地域別に技術士の年収を比較すると、意外にも北海道・東北が最も年収が高いという結果になりました。技術士は船舶・海洋、水産、森林、農業といった自然に関係する部門でも活躍しています。自然が豊かな地方で仕事の需要があるという点で、技術士を取得するメリットは大きいでしょう。

技術士が年収を上げる3つの方法

技術士の年収をあらゆる側面で見ていくと、全国平均とほぼ同じで、条件によってはやや低いということがわかります。しかし、技術士を取得すると働き方の幅が広がるため、さらに年収を上げることが可能です。そこで、技術士における年収アップの方法を3つ紹介します。

資格手当がもらえる会社に就職する

技術士の資格を持っていると、会社によっては資格手当がつくケースもあり、資格手当の相場は2万円ほどとされています。また、会社に勤めながら技術士を取得すると、合格のお祝い金を出す企業も少なくありません。

技術コンサルタントになる

技術士を取得すると、多くの分野で「技術コンサルタント」として働けます。より責任のある仕事に携われるため、上昇志向の方にこそ、技術士の資格はおすすめです。

また、企業が技術コンサルタントを雇うと、顧客からの信頼度が上がり、新たな仕事を獲得するチャンスが生まれます。特に、建設部門では公共工事の評価が上がり、入札で有利になるという点で、技術士は重要な人材です。

また、技術士を「技術アドバイザー」として登録・派遣する企業も増えており、技術士の知識や技術力は、多くの企業で必要とされています。

企業から求められる人材として、さらなる年収アップや地位の向上も期待できるでしょう。

ほかの国家資格を取得する

技術士を取得すると、国家試験で一部の科目が免除になる優遇制度が受けられます。優遇の対象となる国家資格は、弁理士、労働安全コンサルタント、消防設備士、廃棄物処理施設技術管理者など多岐にわたります。

技術士の資格を足がかりにして、ほかの国家資格を取得し、さらなるキャリアアップを目指すことも可能です。同じ部門でさらなる知識を身につけることで、仕事の幅がより広がるでしょう。

ただし、優遇制度にはさまざまな条件があるため、あらかじめ詳細を確認するようにしましょう。

技術士の年収は年齢や地域でやや異なる

技術士の平均年収は、男性632万3,400円、女性542万8,600円で、経験年数や企業規模、地域によってやや差が生じるという結果でした。

これから技術士を目指す方は、資格手当やお祝い金が出る企業を選ぶのも選択肢の一つです。すでに資格を取得している場合は、技術コンサルタントとして働くことができます。ほかの国家資格を取得し、さらなる年収アップも可能です。
技術士が持つ技術力や能力は、今後も多くの企業から求められるでしょう。

SATのWeb講座なら、分かりやすい講義動画で、どこでも手軽に学習できます。

受講生9万人が利用した、SAT動画教材を無料体験してみませんか?

技術士に効率よく合格するためには「重要な部分のみを効率よく勉強する事」が必要です。

そのためには「良い教材」を選ぶ必要があるのですが、

  • どの教材が良いのか分からない
  • 買ってみて失敗するのが嫌だ
  • 他と比較してみないと分からない
  • そもそも探すのが面倒だ

とお考えではないでしょうか?

溢れかえる教材の中からあれもこれも試すわけにはいきませんし、時間がない中勉強もしなければいけません。

もしまだ「良い教材」に出会っていなければ、一度「SAT動画教材の無料体験」をお試しください。

SAT教材は「合格」のみに特化した教材。
とにかく無駄を省きました。

電験三種取得の3つのメリットと勉強方法

学習が継続できる仕組み。

合格に必要な学習を全て管理できます。
今どこまで進んでいて、あと何をしなければいけないのかが一目瞭然です。

電験三種取得の3つのメリットと勉強方法

過去問題で実力試し!

SATの学習サイトでは過去のテスト問題をいつでもテスト形式で受ける事が出来ます。
苦手を克服して効率よく合格を目指しましょう。

電験三種取得の3つのメリットと勉強方法

パソコン・スマホでいつでも学習

「机に向かって勉強」はなかなか根気が必要です。
SAT動画教材ですと、スマホやPCで好きな時に好きだけ学習する事が出来ます。

受けたい資格を選んでください。

名前を入力してください

メールアドレスを入力してください

半角英数字のパスワードを設定してください。

個人情報の取り扱いを一読の上お進みください。

『このブログについてお気づきの点等ございましたらこちらにご連絡下さい』

『技術士の平均年収はいくら?さまざまな角度からみた目安と年収アップのコツ』の記事について

取りたい資格・知りたいことをお選びください