技術士

技術士【建設部門】の難易度と合格率は?

436人の方が、この記事を参考にしています。

技術士の建設部門は、技術士試験の中でも特に受験者の多い部門であり、建設部門の需要は高まっているといえます。

万全の状態で試験に挑み、合格するためにも、建設部門がどういった資格なのか、また試験内容はどういったものなのか、事前に情報を集めておきたいところです。

そこで今回の記事では、技術士建設部門の難易度と合格率について解説します。

技術士とは?

技術士は、科学技術分野における専門的な知識と高度な応用能力を有する、優れた技術者に与えられる国家資格です。

細かくみると機械部門や化学部門など21の分野に分かれており、受験者は取得する部門ごとに受験しなければいけません。

技術士【建設部門】とは?

技術士は、産業経済、社会生活の科学技術に関するほぼ全ての分野(21の技術部門)と携わりますが、この中の1つに「建設部門」があります。

建設部門は、技術士試験の中でも難易度の高い部類に位置付けされる部門です。

建設部門を取得することで建設コンサルタントや官公庁への就職、技術士としての独立など仕事の幅が大きく広がります。

では、技術士建設部門の試験はどのくらいの難易度なのでしょうか?
次のセクション以降では、建設部門の難易度と合格率について解説します。

技術士【建設部門】の難易度

技術士建設部門には、第一次試験と第二次試験の2つの試験があり、合格するうえで最大の難関となるのは、第二次試験の筆記試験です。

次項でも解説しますが、第一次試験の筆記試験はマークシート形式の択一式問題で出題されるため、合格率は比較的高い傾向です。

一方で、第二次試験の合格率は10%前後と非常に低くなります。
ただし、先述したとおり、最大の難関が筆記試験です。

第二次試験は、筆記試験と口頭試験の2つで構成されていますが、筆記試験の合格者のみが受験できる口頭試験の合格率は9割近くあります。

つまり、受験者のほとんどが第二次試験の筆記試験で苦戦しているのです。

建設部門の第二次試験では、次の選択科目(専門分野)が規定されています。

No 建設部門の選択科目(専門分野)
1 土質および基礎
2 鋼構造およびコンクリート
3 都市および地方計画
4 河川・砂防および海岸・海洋
5 湾岸および空港
6 電力土木
7 道路
8 鉄道
9 トンネル
10 施工計画・施工設備および生産
11  建設環境

上記が規定されている選択科目(専門分野)です。

専門分野の詳細は「日本技術士会」が第二次試験科目にて規定していますが、非常に広範囲にわたっていることからも難易度の高さがわかります。

建設部門の技術士は、これらの技術領域と知識を保有しなければいけないので、勉強する際には長期的かつ効率的な方法で実践しましょう。

技術士【建設部門】の合格率

技術士の試験では、第一次試験と第二次試験があります。
建設部門の過去5年間におけるそれぞれの合格率については、次のとおりです。

建設部門【第一次試験】
年度 受験者数(人) 合格者数(人) 合格率(%)
令和元年度(再試験) 1,690 942 55.7
令和元年度 4,924 2,344 47.6
平成30年度 7,814 2,653 34.0
平成29年度 7,904 3,885 49.2
平成28年度 7,414 3,194 43.1
平成27年度 7,261 2,984  41.1
建設部門【第二次試験】
年度 受験者数(人) 合格者数(人) 合格率(%)
令和元年度 13,546 1,278 9.4
平成30年度 14,175 886 6.3
平成29年度 14,248 1,817 12.8
平成28年度 13,648 1,786 13.1
平成27年度 13,635 1,623 11.9

上記が過去5年間における第一次試験と第二次試験の合格率です。

合格率をみてみると、第一次試験の合格率が40%を超えているのに対して、第二次試験の合格率が10%前後と大幅に減少していることがわかります。

先ほどのセクションでも解説しましたが、1万人以上いる受験者のほとんどが第二次試験の筆記試験で不合格となり、口頭試験を受験できません。

つまり、第二次試験の筆記試験が攻略のカギと言えるでしょう。

非常に難易度の高い試験ですが、過去問を中心に学習サイクルを確立して勉強することで合格する力は必ず身につきます。

第二次試験の筆記試験で規定されている選択科目(専門分野)を確認し、自分に合った方法で計画的かつ効率的な勉強方法を実践してください。

まとめ

今回の記事では、技術士の建設部門における難易度と合格率について、技術士の詳細と共に解説しました。

受験者の多い部門であり、難易度が高いのが特徴ですが、取得すると就職先や独立といった仕事の幅が広がり、キャリアアップを狙えます。

難易度や合格率について確認した後、効率よく試験対策を始めましょう。

SATのWeb講座なら、分かりやすい講義動画で、どこでも手軽に学習できます。

『このブログについてお気づきの点等ございましたらこちらにご連絡下さい』

『技術士【建設部門】の難易度と合格率は?』の記事について

取りたい資格・知りたいことをお選びください