カテゴリー:建築物環境衛生管理技術者

建築物環境衛生管理技術者

杭基礎の種類や工法について~建築施工管理技士を目指している方へ~

一般建築業や特定建築業の許可基準において、営業所や現場には必ず“建築施工管理技士”を置かなければなりません。建築施工管理技士になるには建築に関係する幅広い知識が必要です。

そこで、今回は杭基礎の種類や工法、設計や注意点など詳しく説明します。建築施工管理技士を目指している人や杭基礎について知りたい人はぜひ参考にしてください。

  1. 杭基礎の種類
  2. 杭基礎の工法
  3. 杭基礎の設計や注意点
  4. まとめ

建築物環境衛生管理技術者

床維持剤(ワックス)の種類や効果とは?美観だけじゃないの?

ビルの床には床維持剤(ワックス)がかけられているところが多いです。
カーペットやじゅうたんが敷かれていないところは、だいたいワックスがかかっていると思ってよいでしょう。
今回はこのワックスの種類や効果についてご紹介します。
ワックスと床材が合っていなかったりかけるタイミングが遅すぎたりする場合は、床そのものがいたんでしまうこともあるでしょう。
建築物環境衛生管理技術者の資格取得を目指している方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 床維持剤(ワックス)の役割や効果とは?
  2. ワックスの種類とは?
  3. ワックスを塗るのには技術が必要?
  4. ワックスを塗布する手順とは?
  5. 環境衛生管理技術者の役割とは?
  6. おわりに

建築物環境衛生管理技術者

高湿度が人体に及ぼす影響とは?息苦しさや熱中症の危険性も…

高湿度な環境が人体に及ぼす影響や対策についてご存じでしょうか? 建築物環境衛生法では、適法湿度を40~70%と定めています。その数値を超える高湿度は、息苦しさや熱中症など、人体にさまざまな悪影響を及ぼすことが分かっているのです。
私たちが健康な状態で過ごすことができるように、どのような対策を考えるべきなのでしょうか。「高湿度な環境で体調不良を起こしたことがある」「高湿度が人体に及ぼす影響を知りたい」「どのように湿度対策をすればよいのか?」そんな不安や疑問を解決するために、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

  1. 高湿度になる原因
  2. 高湿度が人体に及ぼす影響
  3. 高湿度空間での湿度対策
  4. よくある質問
  5. まとめ

建築物環境衛生管理技術者

レジオネラ属菌の特徴や症状は? 予防対策について確認しよう!

私たちのまわりにはたくさんの菌がひそんでいます。体にいい影響をもたらす菌だけでなく、悪影響を受ける悪い菌まで種類はさまざまです。さまざまな種類の中から今回は、“レジオネラ属菌”について説明しましょう。レジオネラ属菌の特徴や種類、レジオネラ属菌による症状、予防対策など詳しく見ていきたいと思います。感染を防ぐには、私たちが菌のことを把握しなければなりません。

レジオネラ属菌をやっつける死滅温度・検査・基準についてもチェックしていきましょう。

  1. レジオネラ属菌の特徴・種類
  2. レジオネラ属菌による症状
  3. レジオネラ属菌の予防対策
  4. まとめ

カーテンウォールの特徴と種類 ~ビル管理技術者に必要な知識~

皆さんは「カーテンウォール」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。このカーテンウォールの知識は、建築物環境衛生管理技術者にも求められますよ。
この記事では、カーテンウォールの特徴や種類についてまとめました。

  1. カーテンウォールとは
  2. カーテンウォールの特徴
  3. カーテンウォールの種類
  4. カーテンウォールの工法
  5. まとめ

建築物環境衛生管理技術者

一酸化炭素中毒の症状や原因・予防法とは?未然に防ぐための基礎知識

石油ストーブやガスコンロ・給湯器などの不完全燃焼で起こる一酸化炭素中毒。一酸化炭素は色も臭いもないため、発生していても気づくことができません。最悪の場合、死に至ることもあるため、未然に予防することが大切です。

そこでこの記事では、一酸化炭素とは何なのか、一酸化炭素中毒の症状や原因、予防方法、応急処置などを詳しく説明します。意外と身近なところに一酸化炭素中毒の危険がひそんでいます。安全を確保するためにもある程度の「知識」が必要です。

  1. 一酸化炭素中毒とは?
  2. 一酸化炭素中毒の症状
  3. 一酸化炭素中毒の原因
  4. 一酸化炭素中毒の予防と応急処置
  5. 一酸化炭素中毒を事前に防ぐ方法は?
  6. 一酸化炭素中毒に関するよくある質問
  7. まとめ

建築物環境衛生管理技術者

耐火構造と防火構造、このふたつの違いとは?

建物の基準に、「耐火構造」や「防火構造」というものがあります。
その字面から、「火事になりにくい建物なのだ」ということは、想像がつくでしょう。
しかし、耐火と防火の違いは?と聞かれるとよく分からない、という方も多いと思います。
そこで、今回は耐火構造と防火構造の違いやそれぞれの特徴をご紹介しましょう。
このふたつは、似ているようで、ずいぶんと違うのです。
また、土地によっては建物の構造が定められている土地もあります。
興味がある方や建築物環境衛生管理技術者の方はぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. 耐火構造と防火構造の違いは?
  2. 耐火構造と防火構造のメリット・デメリットは?
  3. 防火地域と準防災地域とは?
  4. 建築物環境衛生管理技術者の防火に対する任務は?
  5. 耐火構造と防火構造に関するよくある質問
  6. おわりに

ファンコイルユニットの仕組みや特徴とは?エアコンとはどう違うの?

ビルに欠かせない設備といえば、空調です。
空調といえばエアコンをイメージする方が多いのですが、大規模なビルはファンコイルユニットを使用していることが一般的。
今回は、このファンコイルユニットの仕組みや特徴をご紹介します。
通常のエアコンと何が違うのでしょうか?また、メリット・デメリットもご紹介します。
建築物環境衛生管理技術者の方や、資格取得を目指している方はぜひこの記事を読んで、参考にしてみてください。

  1. ファンコイルユニットとは?
  2. ファンコイルユニットと一般的なエアコンの違いとは?
  3. ファンコイルユニットの構造や特徴は?
  4. ファンコイルユニットのメリット・デメリットとは?
  5. ファイルコルユニットの管理はどうすればいいの?
  6. おわりに

界面活性剤の洗浄作用とは?安心して界面活性剤を使用するための知識

「界面活性剤」は洗剤や化粧品、シャンプーなどさまざまな商品の中に入っています。ほとんどが私たちの生活に必要なものです。
しかし、界面活性剤は私たちに悪影響をおよぼすと言われています。
そこで、界面活性剤の洗浄メカニズムや洗浄作用、天然と合成界面活性剤の違い、注意点について詳しく説明しましょう。
界面活性剤の洗浄作用について知りたい人は、ぜひ参考にしてください。

  1. 界面活性剤の洗浄メカニズム・洗浄作用
  2. 天然・合成界面活性剤の違い
  3. 界面活性剤を使用する際の注意点
  4. まとめ

鉄骨構造で知っておきたいメリットとデメリット

住宅やマンションでよく利用する鉄骨構造は、どんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。建築物の管理者やアドバイザーは、その違いをしっかり知らなければいけません。適切なメンテナンスと管理が必要だからです。木造構造や鉄筋コンクリートとの違いや、耐震や耐火性も知るべきでしょう。そこで、鉄骨構造のメリットとデメリットを徹底分析してみました。

  1. 鉄骨構造の特徴
  2. 鉄骨構造のメリット・デメリット
  3. 建築構造の知識を生かそう